Microsoft Dynamics CRM 2015年の 1.0 を更新します。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

CRM の 1 つの修正プログラムのテンプレート

BUG #: 180854 (コンテンツ管理)

はじめに

Microsoft Dynamics CRM Online の使用可能なは、1.0 を更新します。アップデート 1.0 は、設置型サーバーのインストールに使用可能ではありません。ただし、Microsoft Office Outlook と Microsoft Dynamics CRM 2015 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM 2015 の上に更新プログラム 1.0 をインストールすることをお勧めします。1.0 の更新プログラムを実行されている場合は、それらのコンポーネントが Microsoft Dynamics CRM 2015 の以前のバージョンを実行している CRM 組織に接続できます。

この資料では、更新プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる変更について説明します。

この更新プログラムでは、Microsoft Dynamics CRM の 2015 年までサポートされているすべての言語で使用できます。

このリリースでのすべての新機能を表示するには、次の Microsoft Dynamics CRM の顧客中心の web サイトを参照してください。

次のリリースを準備します。

Microsoft Dynamics CRM のリリース ノート


CRM 2015 の更新 1.0 で利用可能なプレビュー機能は、個別の対象となる使用の条件を補足します


詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

更新プログラム パッケージ

ビルド番号

ファイル名 (32 ビット版)

ファイル名 (64 ビット版)

Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2015

7.1.0000.1074

CRM2015-Client-KB3056327-ENU-LangID-i386.exe

CRM2015-Client-KB3056327-ENU-LangID-amd64.exe

2015 E-mail Router の Microsoft Dynamics CRM

7.1.0000.1074

CRM2015-Router-KB3056327-LangID-i386.exe

CRM2015-Router-KB3056327-LangID-amd64.exe

Microsoft Dynamics CRM 2015年の言語パック

7.1.0000.1074

CRM2015-Mui-KB3056327-LangID-i386.exe

CRM2015-Mui-KB3056327-LangID-amd64.exe

更新プログラムの情報

Microsoft Dynamics CRM 2015 更新 1.0 では使用できます。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Download 3056327 パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows の更新プログラムのインストール自動的に Microsoft Dynamics CRM 2015 の 1.0 の更新プログラムをインストールするのにには、Windows Update を使用します。この更新プログラムは Windows Update 経由で 2015年の第 2 四半期に利用可能になります。

推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を構成することができます。この設定が重要でない問題に対処し、コンピューティング エクスペリエンスを向上させることです。オプションの更新プログラムはダウンロードまたはこの設定を使用するときに自動的にインストールできません。

Windows の更新プログラムをインストールするための設定に関する詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

自動更新のオンとオフを有効にします。

Windows のインストールまたは更新プログラムに関する通知を受け取る方法を変更します。
Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2015 の 1.0 の更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 開始] をクリックし、更新、検索の開始] ボックスに入力します。

  2. 結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。

  3. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。

  4. 表示される場合こと、重要なは、更新が利用可能かを確認するように求める、重要な更新チェックをオンの状態のボックスを更新したメッセージは、インストール、および、[ OK] をクリックします。

  5. 更新プログラムの詳細についてをクリックします。

  6. 更新プログラムをインストール] をクリックします。

  7. 読み取りし、ライセンス条項に同意 (更新には、この操作が必要です) の場合、[完了] をクリックします。管理者のパスワードを入力するプロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。場合はこれを行うメッセージが表示されたら、条項に同意することを確認します。

Microsoft Dynamics CRM 2015 の 1.0 の更新プログラムで解決される問題このリリースには、 Microsoft Dynamics CRM 2015 の 0.1 を更新するに含まれるすべての修正プログラムが含まれています。

2015 の Microsoft Dynamics CRM には、更新プログラムを手動で構成する必要がありますが含まれているは、1.0 を更新します。製品の更新プログラムを受信するで選択する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2015 または Microsoft Dynamics CRM Online での製品の更新プログラムをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet のトピックを参照してください。

製品の更新プログラムをインストールします。この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

作成者:aaronric; matbrown
- Deni ライター: v です。
Tech Reviewer: aaronricmatbrown
エディター: v ・ jonwoo、v jesits

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×