Microsoft Dynamics CRM 4.0 から Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードした後、すべてのグリッドとフォームの [ISV] タブがリボンに表示されます。

現象

Microsoft Dynamics CRM 4.0 から Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードした後、すべてのグリッドとフォームで [ISV] タブがリボンに表示されます。

原因

この動作が発生するのは、システムがアップグレードされたときに ISV 構成ファイルがリボンに移行されるためです。 このファイルには、次の XML 構造があります。

<TabDisplayRules> <TabDisplayRule TabCommand="Mscrm.Isv.Global">  <PageRule Address="*" /> </TabDisplayRule ></TabDisplayRules >

解決方法

この動作は仕様です。 お客様のシステム要件を満たすために、カスタマイズした xml ファイルの Ribbonの Xml 部分を更新することができます。

詳細情報

リボンをカスタマイズする方法と、Ribbonの Xml 部分を操作する方法については、「Microsoft Dynamics CRM 2011 ソフトウェア開発キット (SDK)」を参照してください。  Microsoft Dynamics CRM 2011 SDK をダウンロードするには、次の Microsoft web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?FamilyID=420f0f05-c226-4194-b7e1-f23ceaa83b69 Microsoft Dynamics CRM 2011 SDK の詳細については、次の Microsoft 開発者ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb219489.aspx

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×