コンテンツ アイデア要求 55207

概要

この資料では、Microsoft Dynamics NAV 2017 の累積的な更新をインストールする方法について説明します。累積的な更新をインストールした後にすべてのオブジェクトを再コンパイルする必要があります。

累積的な更新は、すべての修正プログラムと Microsoft Dynamics NAV 2017 用にリリースされた規制の機能を含むファイルの累積的なセットです。

累積的な更新には、次のフォルダーに区切られたファイルが含まれています。

  • アプリケーション

  • DVD

累積的な更新ファイルをインストールする方法

アプリケーション

アプリケーション フォルダーには、次のファイルが含まれています。

  • AccumulatedChangeLog <Locale>。 <なしの構築> .txt。

  • チェンジログ <Locale>。 <なしの構築> .txt。

  • CUObjects。 <ロケール>。< ビルド番号 >.fob

  • オブジェクト。 < ロケール >。オブジェクト。 < ロケール >。< ビルド番号 >.txt

アプリケーション ファイルをインストールするには、次の手順を実行します。

  • 変更されていないデータベースの場合:

    1. CUObjects をインポートします。> < のロケールです。< ビルド番号 >未修正の Microsoft Dynamics NAV 2017 データベースにファイルを .fob。

    2. 累積的な更新プログラムのオブジェクトと、データベース内の既存のオブジェクトを交換してください。

    詳細についてを参照してくださいする方法: オブジェクトをインポートします

  • 変更したデータベースまたはローカルのデータベースをローカルの累積的なアップデートはリリースされません。

    1. CUObjects をインポートします。> < のロケールです。< ビルド番号 >変更したデータベースにインポート ワークシートのウィンドウにファイルを .fob。

      詳細については、インポートのワークシートを参照してください。

    2. 変更されていないデータベース内のオブジェクトを交換してください。

    3. CUObjects を使用します。> < のロケールです。< ビルド番号 >.txt のファイルを比較し、累積的な更新をマージするは、変更されたデータベース内のオブジェクトを持つオブジェクトです。

    または、についてを使用することがあります。> < のロケールです。< ビルド番号 >の .txt ファイル、データベース内のオブジェクトを手動で変更を適用します。

  • 累積的な更新でテーブルに新しいフィールドがあるし、データベース内で同じテーブルが変更されてを使用して、

  • または

  • 新しいフィールドをインポートする

  • ] ウィンドウでのオプションです。詳細については、

  • を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×