Microsoft.NET Framework 4 ランタイムの更新プログラム用の更新プログラム 4.0.1

概要

Microsoft.NET Framework 4 のプラットフォームの更新プログラムがあります。この更新プログラムには、高度な顧客からの要請に基づくし、いくつかの.NET Framework の重要なシナリオに基づく新しい Windows ワークフロー Foundation 4 (WF4) 機能が含まれています。

このプラットフォームの更新プログラムでは、.NET Framework 4 のランタイムのファイルのみを更新します。この更新プログラムの詳細については、「関連情報」セクションを参照してください。

詳細

この更新プログラムを導入するための機能

Windows ワークフロー Foundation 4 ステート マシンのアクティビティ

ステート マシンは、モデルのイベント駆動システムを業界全体で使用されているランタイムのよく知られているモデルです。

このプラットフォームのアップデートを使用して Windows ワークフロー Foundation 3 (WF3) ステート マシンから発生するビジネス ・ プロセスを簡略化された API とデザインを使用してステート マシン モデルにモデルを使用できます。

この更新プログラムには、WF4 のステート マシンの次の新機能が含まれています。

  • 状態のエントリと終了時のアクション

  • 遷移アクションを持つ条件とデフォルトの遷移

  • ステート マシンのスコープの変数

  • サポートの管理機能の強化

このプラットフォームの更新プログラムには、ワークフロー デザイナーの次の機能も導入されています。

  • 自動接続します。

  • 自動挿入

  • 集計の状態と遷移のビューの構成とナビゲーションを支援します。

ワークフローの状態マシンを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Workflow4 状態マシンの MSDN ドキュメント
Workflow4 のステート マシンのサンプル

SQL Azure の SQL WF4 インスタンス ストア (SWIS)

このプラットフォームのアップデートを使用してワークフロー 4 顧客とは、SQL Azure の SQL ワークフロー インスタンス ストアを使用できます。SQL Azure では、この更新プログラムは、次を変更します。

  • 既存のスキーマのインストール Sqlworkflowinstancestoreschema.sql のスクリプトは、サポートされていないallow_page_locksキーワードを使用します。によってサポートされていないキーワードでは、SQL ワークフロー インスタンス ストアのインストールが失敗したは、SQL Azure と組み合わせて使用するのには、SQL ワークフロー インスタンス ストアをインストールしようとするとき。この更新プログラムは、更新されたスクリプトを使用して、いくつかの条件で、キーワードを削除します。

  • SQL ワークフロー インスタンス ストアの再試行メカニズムは、SQL Azure ではカスタマイズされていません。したがって、コンピューターでは、定期的にネットワーク障害が発生した場合、または接続が失われた場合、いくつか潜在的な信頼性の問題が発生します。この問題を処理するためには、この更新プログラムには、次の機能が含まれています。

    • MaxConnectionRetriesの新しいパブリック プロパティの動作と構成要素は、 SqlWorkflowInstanceStoreクラスで公開されます。ユーザーは、ネットワークの特性に基づいている SQL 接続の再接続の試行の最大数を構成できます。既定値では、1 秒間隔で 3 回の再試行を一般的な SQL Server 環境の.NET Framework 4 との整合性を維持するためにします。構成または SQL Azure の 15 を超える値にコードで値を設定することをお勧めします。

    • エラー コードの次の新しいセットは、SQL ワークフロー インスタンス ストア内の再試行ロジックに追加されます。これらのエラー コードは、SQL Azure のシナリオに固有です。

      エラー コード

      エラー メッセージ

      40197

      サービス要求を処理中にエラーが発生しました。もう一度やり直してください。

      40501

      サービスは、現在使用中です。10 秒後に、要求を再試行します。

      10053

      サーバーから結果を受信するときに、トランスポート レベルのエラーが発生しました。確立された接続は、ホスト コンピューターのソフトウェアによって中止されました。

      40613

      サーバーのサーバー名でデータベースのデータベース名は、現在利用可能ではありません。後で接続を再試行してください。問題が解決しない場合は、カスタマー ・ サポートにお問い合わせくださいし、トレースのセッション IDセッション トレース IDを伝えます。

      20

      接続しようとする SQL Server のインスタンスでは、暗号化をサポートしていません。

WF4 の補正を使用するユーザー定義のワークフローのホストを有効にします。

このプラットフォームの更新プログラムには、WF4 の補正動作をモデルに新しいアクティビティが導入されています。長時間実行処理を行うためには、これらの活動は、保存し、必要に応じて永続ストレージから状態を再読み込みするプライマリWorkflowServiceHostホストから使用できるCompensationExtensionの拡張機能に依存します。報酬を必要とする新しいワークフロー ホストを導入することに興味を持っているお客様がこの機能を使用できます。新しいCompensationExtension型は、この更新プログラムを適用した後に公開されます。

Microsoft Visual Studio 2010 のサポート

この更新プログラムに新しい機能のいずれかを使用して Visual Studio 2010 Service Pack 1 (SP1) でアプリケーションを開発するためにも次の更新プログラムをインストールする必要。

2495593は、Microsoft.NET Framework 4 の Visual Studio 2010 SP1 の更新プログラムをデザイン時の 4.0.1 を更新します。この更新プログラムを適用した後は、IntelliSense とコンパイルこのランタイムの更新プログラムに新しい機能をサポートしているは、参照アセンブリを提供する、マルチ ターゲット パックを入手できます。この更新プログラムは、 StateMachineワークフロー デザイナーを使用して、 StateMachineワークフローをサポートするデザイン時にも提供します。

ダウンロード情報

更新は、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード可能です。
Download 更新プログラム パッケージのダウンロード
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この更新プログラムをインストールするには、次のソフトウェアをインストールが必要です。

  • Windows インストーラー 3.1 またはそれ以降のバージョンです。
    Windows インストーラーの最新版を入手するのには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

    ダウンロード Windows インストーラー 4.5 再頒布可能

  • Microsoft.NET Framework 4 または Microsoft.NET Framework 4 のクライアントのプロファイル

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×