マイクロソフトは、Microsoft Office for Mac 2011 14.5.6 更新プログラムをリリースしました。この資料に記載されているアプリケーションの向上に加え、サブスクリプション サービスとして Office for Mac 2011 が現在使用可能です。サブスクリプションの詳細については、を参照してください。この更新プログラムには、前提条件があります。

更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムには、Mac OS X 許可されての互換性を向上させるために以下の修正プログラムが用意されています。

  • Microsoft Outlook for Mac 2011 でアカウントの同期操作中にハングアップする状況が修正されています。この問題は、 に記載されています。

ダウンロードして更新プログラムをインストールします。

更新プログラムの入手方法

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download してください。リリース日: 2015 年 10 月 7 日

マイクロソフトのダウンロード方法の詳細についてはファイルのサポートは、を参照してください。

更新されたファイル

この更新プログラムで追加または変更されたファイルの全リストを参照するには、更新プログラムのインストーラーをダブルクリックし、[ファイル] メニューの [ファイルを表示] をクリックします。

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

14.5.6 の更新プログラムの Office for Mac 2011 をインストールする前に、14.1.0 またはそれ以降のバージョンがコンピューターにインストールされている Office for Mac 2011 があることを確認します。コンピューターが Mac OS X 10.5.8 またはそれ以降のバージョンの Mac OS X オペレーティング システムを実行していることを確認してください。

コンピューターがこの必要条件を満たしていることを確認するにはアップル メニューの [この Mac についてをクリックします。

Office for Mac 2011 14.1.0 がコンピューターにインストールされているのを確認するには、これらの手順に従います。

  1. [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。

  2. Microsoft Office 2011 フォルダーを開き、任意の Office アプリケーションを起動します。(たとえば、Microsoft Word を起動) します。

  3. アプリケーション] メニューの [ <アプリケーション>] をクリックします。

  4. <アプリケーション> の保存] ダイアログ ボックスに表示されるバージョン番号に注意してください。14.1.0またはそれ以降のバージョン番号があります。

再起動の必要性

この更新プログラムを使用して、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムを削除します。

このセキュリティ更新プログラムをアンインストールすることはできません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムには、が置き換えられます。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×