概要

この資料では、Team Foundation Server (TFS) 2010 Service Pack 1 (SP1) に関する情報について説明します。TFS 2010 SP1 の最大の要素は、当社の Visual Studio の Team Foundation Server 2010 とプロジェクトのサーバーの統合機能パックを有効にするために必要なコア製品の変更点のセットです。このコンポーネントには、正式なプロジェクト管理と開発チーム間で、ポートフォリオ管理の共同作業ができるようにします。詳細については、次の web サイトを参照してください。

Visual Studio Team Foundation Server 2010 とプロジェクトのサーバーの統合機能パックさらに、この資料では、Team Foundation Server 2010 sp1 では固定し、新しいテクノロジの機能強化は、問題を紹介します。

詳細情報

Team Foundation Server 2010 の SP1 を入手する方法

Team Foundation Server 2010 の SP1 を入手するには、次のマイクロソフト web サイトにアクセスしてください。

Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010 サービス パック 1

この Service Pack の内容

Visual Studio 2010 SP1 には Microsoft .NET Framework 4 に対する更新プログラムが含まれます。 更新プログラムの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

2468871 Microsoft .NET Framework 4 用の更新プログラム

サポートされている言語とオペレーティング システム

サポートされている言語

Team Foundation Server 2010 SP1 は、次のバージョンの更新プログラムを提供します。

  • 英語

  • 簡体字中国語

  • 繁体字中国語

  • フランス語

  • ドイツ語

  • イタリア語

  • 日本語版

  • 韓国語

  • ロシア語

  • スペイン語

  • ポルトガル語 (ブラジル)

サポートされているオペレーティング システム

  • Service Pack 1 に、Windows Server 2008 R2 (x64)

  • サービス パック 1 で Windows 7 (x86 と x64)

  • Windows 7 の (x86 および x64)

  • Service Pack 2 のすべてのエディションの Windows Server 2008 (x86 と x64)

  • Service Pack 2 のスタート エディションを除くすべてのエディションの Windows Vista (x86 と x64)

  • Windows Server 2003 R2 (x86 と x64) のすべてのエディション

  • Service Pack 2 のすべてのエディションの Windows Server 2003 (x86 と x64)

  • Windows XP Service Pack 2 (SP2) またはそれ以降のバージョンの Windows XP

  • スタート エディションを除く Service Pack 3 のすべてのエディションの Windows XP (x86)

インストールの要件

  • サポートされている Team Foundation Server 2010 製品のいずれかのライセンスされたコピーは、セットアップ先のコンピューターにインストールしなければなりません。

  • 1,024 MB 以上の RAM、コンピューターがあることをお勧めします。

インストールのトラブルシューティング方法

TFS 2010 SP1 を正しくインストールすることを防止するいくつかの問題が発生する可能性があります。問題を解決するには、マイクロソフト サポート技術情報を表示するのには次の資料番号をクリックします。

Team Foundation Server 2010 の SP1 およびそれ以降の更新のインストールに関する問題のトラブルシューティングを行う方法を2516423

Team Foundation Server 2010 SP1 のサポート

正式なサポートは、マイクロソフトのサポート web サイトを使用できます。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.comコミュニティで非公式のサポートは、Microsoft Developer Network (MSDN) フォーラムを使用できます。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://social.msdn.microsoft.com/Forums/en-US/categories

新機能および Team Foundation Server 2010 の SP1 で修正された問題

管理者、ops システム、およびセットアップ

新しいテクノロジーの向上:

  • そのままにした場合停止状態でパッチを適用した後にサービス ホストを開始する、オプション、tfsconfig が更新または再適用を追加します。

修正された問題:

  • @@SERVERNAME が NULL の場合、Visual Studio 2008 からのアップグレードが失敗します。

  • 更新プログラムが正しくインストールされていない構成データベースがミラーリングされている場合。

  • コレクションのいずれかが使用できない場合、更新プログラムのインストールが失敗します。

ビルドの自動化

修正された問題:

  • コント ローラーが停止した場合は、ビルドのドロップを削除できませんでした。

  • "関連付けられた変更セット] の一覧で最初の変更セットには、2 回が発生する可能性があります。

  • 古代の変更セットは、ビルドに関連付けられます。

  • メモリ リークが発生し、パフォーマンス、負荷の高い TFS 2010 のビルド サービスを削除します。

  • ワトソン博士のエラーは、system.argumentnullexception 例外と buildnotification.exe プロセスで発生します。

  • 0xC000001D 例外と tfsbuildservicehost.exe プロセス上にワトソン博士のエラーが発生します。

  • すべて - すべてのテストの結果にからを削除するとビルドの保持の既定の設定を変更します。

  • ゲート チェックイン ビルドの手動でキューには、何かを構築する」ドロップ ダウン リストが断続的に無効になります。

  • アプリケーション層でビルド定義のキャッシュが破損する複数の定義のマップまたはワークスペースのテンプレートで同じパスをクロークするとします。

  • ゲート チェックインを取り消すと、元に戻す操作は、ディスクから削除をアンシェルブを追加します。これは、ワークスペースを作成乱雑にならないことが互換性に影響することを確認をしてください。

  • 意図せず、奇数のフォーカス、スクロール ホイールとの対話のため、プロジェクトのビルドの品質評価を変更できます。

  • TFS 2010 のビルド ログ ビューアーを使用してパフォーマンスの問題が発生しました。

コア サービス

修正された問題:

  • QueryActiveRequests は、関連付けられているスレッドが含まれていない要求を示しています。

  • QueryActiveRequests は、停止する場合があります、応答しなくなったし、返ることはありません。

  • サーバーのプラグインのアーキテクチャは、例外がスローされたときにプラグインを無効にします。

  • コア サービスは、サーバーから結果を受信したときに、トランスポート レベルのエラーが発生します。

  • SqlException 例外および、「Msxmlsql.dll の読み込みに失敗しました"メッセージにワトソン博士エラーが発生します。

  • 文字だけが異なる 2 つのパスがある場合、セキュリティ サービスがクラッシュするトルコ語データベースの"I"します。

  • カスタム インスタンスのグループがコレクション グループのメンバーである場合、アタッチ操作が失敗します。

  • ワトソン博士のエラーは、システムでの例外と tfsjobagent.exe プロセスで発生します。データです。SQLCLIENT。SQL です。

  • 完了までに時間がかかる実行中のジョブがある場合は、構成サービスのホストを停止できません。

  • ApplicationServiceHost.BeginRequest を呼び出すプロセスは、メソッドに渡された要求のコンテキストが破棄されるまで停止するサービス ホストをできない場合があります。

  • オフラインのコレクションをデタッチすることはできません。

Office 統合

修正された問題:

  • 単一の作業項目をエクスポートする場合は、作業項目の ID と電子メール メッセージの [件名] 行にタイトルを追加します。

  • 非 TFS のプロジェクト計画では、サイド バイ サイドのビューに [タスク配分状況]ビューの作業時間を変更して、バインドされたプロジェクト計画を開くときにエラー TF80070 が表示されます。

  • Excel のツリーで、並べ替えを元に戻すことはできませんし、[並べ替えとフィルター処理をオフします。この例では、予期しない結果には、ブックを発行しようとする場合があります。

  • 切断されたクライアントには、ブック内のすべてのテーブルのエラー メッセージ「サーバーを利用できません」が表示されます。

  • のみ 1 つの構成での WIのリストが含まれるツリー クエリに変換すると、エラー TF208021 が発生します。

  • {23A20EA8-2DF0-40a6-A1FA-8143EDB7B172} の CLSID のインスタンスを作成するとき、アクセス違反が発生します。

  • ガント チャート] ビューにフィルターが設定されている場合、作業項目上位にすることがない正しくチーム プランナービューの更新をプロジェクト計画に作業項目が読み込まれるとします。

  • サマリー タスクにリソースを追加するも、すべての割り当て単位数は 0% にリセットされません。

  • 「同じキーを持つ項目は既に追加されて"のエラー、Microsoft Project からの TFS 作業項目のリンクを発行しようとするときに発生します。

レポート

修正された問題:

  • TFSOlapProcessComponent のクラスの ICancelable の実装は、サーバーを呼び出す必要です。CancelCommand() だけでなく Disconnect(false)。

  • Prc_Dimension_DimFile_AddUpdate SQL 例外の処理中に Microsoft SQL Server がデッドロックします。

  • オブジェクトに重複するキー行を挿入できません ' dbo。DimFile' 'DimFile_FileBK' の一意なインデックスを持ちます。

  • 報告を無効にすると、ジョブは削除されません。これは、結果、レポートに表示されるデータが不正確になります。

  • WIT ウェアハウス アダプターは、[順序の変更] と同じ値を持つ WorkItemsAre と WorkItemsLatest のテーブルに依存しています。この例では、ウェアハウスの処理が失敗した場合、および次のエラーが発生します。

    プライマリ ドメインと信頼されるドメイン間の信頼関係に失敗しました。

チーム Web アクセス

修正された問題:

  • Web アクセスの UI は、リンクをロックするのには反応しません。

  • 3.5 の Firefox ブラウザーを使用するとき、[ログの表示] コマンドはコンテンツを表示できません。

  • Web パーツをビルドするビルドのクエリより多くのデータ必要があります。ビルドの多くが処理されると、パフォーマンス上の問題この可能性があります。

  • ローカライズされた web アクセス サイトは、ヘルプ コンテンツの ENU MSDN のページを指しています。

バージョン管理

新しい technology の機能強化。

  • 指定された項目のマージ対象のクエリを実行するのには QueryMergesExtended のサポートを追加します。

  • さくらが選択し、削除済みアイテムのベースレス マージする変更を追加します。

  • 取得し、再マップコマンドの比較は大文字小文字を区別する変更を追加します。

修正された問題:

  • 分岐マッピングでは、不適切なマッピングを取得します。

  • 確認し、アクセス制御リストのアクションを削除するのにブロッキングの問題が発生します。

  • 冗長コンテンツを削除するのには、製品の変更点が追加されます。

  • マージ、アンシェルブの不適切なクエリ プランと名前の変更のマージの問題が解決します。

  • クエリ プランの修正プログラムのチェックをし、差し込み印刷の無限ループの修正プログラムが対応します。

  • 重複している名前が異なるスコープ システムでラベルを同期するには、予期しない結果が生成されます。

  • ソリューションを開くと、サーバー エクスプ ローラーで [データベース] ノードが完全に展開され、データベース ダイアグラムに追加するメッセージが表示されたら。

  • 親の名前を変更したファイルを比較することは動作しません。

  • 同じ名前がある場合は、別の分岐から 1 つの分岐を判断できません。

  • 親を名前を変更して別のワークスペースにチェックインするときのチェックで、ファイルのロックは孤立します。

  • InvalidOperationException 例外メッセージ ポンプのコールバックでは、PendingChangesFileList から表示されます。これが原因で Visual Studio の複数の競合を解決しようとするとクラッシュします。

  • その TFS 2010 は、Team Foundation Server 2005 または Team Foundation Server 2008 との相互作用が存在する場合に GetOperations を処理するたびに、自動プロキシは LDAP を接続します。

  • Team Foundation Server 2005 または Team Foundation Server 2008 からのアップグレードは、シェルブ セットおよびワークスペースの Ace を追加します。これは、正しくないユーザーが動作を維持します。

  • トルコ語の文字で問題が発生する"」で大規模なチェックをします。

  • 候補の削除は、フォルダー名の変更のマージを実行するときに失われます。

  • 名前の変更とファイルの削除をマージしようとすると、結果には、バージョン管理データベースの不整合が発生します。

  • マージは、マージした後、場合によっては競合したりしないと同じ方向に破棄します。

  • エラーが表示される"System.IO.IOException: 転送接続からデータを読み取ることができません: 接続が閉じられました。"ソースをダウンロードしようとするとします。

作業項目トラッキング

修正された問題:

  • 旧バージョンとの互換性のある正確なエラー メッセージがありませんでした。

  • HTML サーバーには、引用符を使用するハイパーリンクを含むスタック トレースが切り捨てられます。

  • オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていない場合は、TFS の作業項目フォームにエラーが発生しました。

  • フィールドのレポートの種類を変更するときは、最大で 7 分の作業項目の操作をブロックできます。

  • WorkItem.aspx は、他の長いテキスト フィールドよりも異なる方法で既定の [説明] フィールドを扱います。

  • チーム プロジェクトの作成では、グローバル ワークフローの問題のための擬似場所 (PLOC) が失敗します。

  • バイパス規則の属性は、バッチ更新では動作しません。

  • 文字列フィールドには、新しい行とタブ文字を受け取らなければなりません。

  • System.History フィールドは、クエリの結果ビューには表示されません。

  • 作業項目オブジェクト モデル (OM) を読み込むことができません。

  • 使用率が WitAdmin ExportGlobalWorkflow コマンドのフラグを正しく識別します。

  • TFS SP1 サーバーに対しては、リリース バージョンのクライアントでは、WitAdmin コマンドを実行できません。

  • WitAdmin deletefield メソッドでエラーが発生"TF237159: 無効な列がクエリに含まれています」。

  • ぱーそなる currentuser からでは、SyncNameChanges フィールドをフィールドがマークされて、このフィールドが True に設定するときは動作しません。

  • アップグレード後、このフィールドが True に設定するときに、syncnamechanges フィールドにマークされているフィールドで使用できる値に、WIT のインポートもブロックされます。

  • 最後のサービスの操作の前に存在していたフィールドを削除する場合は、ワークフロー ルールをバイパスすると解除されます。

  • [タイトル] フィールドにインデックスが存在しています。

  • Visual Studio 2005 または Visual Studio 2008 クライアントを使用する場合、チーム エクスプ ローラーの [レポート] ノードに赤い"X"が発生します。

  • 作業項目の種類の定義は、プロジェクト レベルのグループを参照している場合、プロセス テンプレートはアップロードされません。

以前の問題

これらは、TFS の SP1 に含まれている以前の問題です。

TFS ビルド

修正された問題:

  • Visual Studio 2008年"スマート デバイス プロジェクトでは、2008 MSTEST ではなく 2010 MSTEST を取得します。

  • 使用不可のビルド エージェントは 1 時間後に停止するのではなく無限に ping 応答します。

  • ビルド レポートには、重複する変更セットが一覧表示されます。

  • 失敗したテストがある場合は、Visual Studio 2008 のソリューションのテスト結果は公開されていません。

  • コント ローラーがダウンした場合は、ビルドのドロップを削除できません。

  • Team Foundation Server 2008 に接続すると、ビルド定義を右クリックすると、ショートカット メニューの [ファイルの場所を開くプロセスが淡色表示されていることを参照してください。

バージョン管理

修正された問題:

  • TFS 2008 で作成されたラベルでは、TFS 2010 に移行した後のアイテムは含まれません。

  • ラベルからの分岐は TFS 2010 では削除されました。

  • フォルダーを変換すると、分岐フォルダー階層のルート フォルダーにサブフォルダーを持つし、名前を変更するフォルダーとそのサブフォルダー、Visual Studio がクラッシュします。

  • DownloadUrl が依存しているときの名前を変更する、null の偽のエラーをシェルブすると、レポートをアンシェルブして、子アイテムの名前が重複します。

  • QueryPendingChanges、およびクエリを実行するように計画が正しくないクエリがある場合は、保留中の変更をすべてのユーザーのパフォーマンスは低下可能性があります。

  • マージまたは破棄する双方向の不要な「空の」結合の原因で将来マージしようとします。

  • 差し込み印刷の問題では、ターゲットとソースの名前の変更がある場合に生成する競合が発生します。

  • ファイルのエンコーディングの自動検出機能は非常に積極的な可能性が不適切なエンコードの不一致がある場合のマージ中にあります。

作業項目トラッキング

: 問題の修正。

  • 削除されたフィールドへの参照が含まれている作業項目クエリには、赤い"X"が、作業項目] ノードに表示される可能性があります。

チーム Web アクセス

修正された問題:

  • 選択した項目をリンクし、他のダイアログ ボックスでは開きませんページ正常に Firefox のブラウザーです。

  • 添付ファイルを追加することは、クロムのブラウザーでは機能しません。

  • [クエリの選択ボックスの一覧は、クロムのブラウザーでの作業項目の選択] ダイアログ ボックスでは動作しません。

  • クロムのブラウザーで、ビルド レポートのページで、ビルドの保持または削除オプションを使用しようとすると、例外が発生した: 予期しないコールバック対応」です。

  • ピッカーのクエリ Web パーツ正しく表示されないリスト項目または行のサファリ、クロム、およびその他のブラウザーなどの WebKit ベースのブラウザー内でリスト表示 (Div のオーバーフロー)。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×