メイン コンテンツへスキップ
サポート
Microsoft アカウントでサインイン
サインインまたはアカウントを作成してください。
こんにちは、
別のアカウントを選択してください。
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

Microsoft が提供するコンテンツ  

対象製品:

  • Microsoft Identity Manager 2016

  • Microsoft Identity Manager 2016 SP2

情報

定期的に、発行元証明機関 (CA) の交換またはアップグレードが必要になる場合があります。 多くの場合、これは Forefront Identity Manager 2010 R2 (FIM 2010 R2) または Microsoft Identity Manager 2016 (MIM 2016/ MIM 2016 SP1) から MIM 2016 SP2 へのアップグレード/移行と共に行われます。 これを行う一般的な方法は、新しいサーバー/VM を立ち上げて CA をホストし、CA データベースを新しいサーバーに移動し、その新しいアップグレードされた CA の使用を開始することです。 新しいサーバー/VM の名前が元の CA サーバーと同じ名前でない場合、プロファイル テンプレートの証明書テンプレート情報は、元の CA 名を参照しているため、破損しています。

MIM CM ソリューションで使用される証明機関をアップグレードする場合は、新しい/アップグレードされた証明機関と証明機関名自体をホストするサーバーと同じサーバー/コンピューター名を維持することが重要です。   別の CA サーバー名または CA 名を使用すると、MIM CM ソリューションが破損します。

  • 別のサーバー名を持つサーバーに CA を復元する方法を学習できる複数のドキュメント リンクと投稿がありますが、これを行うと MIM CM ソリューションが破損します。

  • 同じ CA 名の維持は簡単です。これは、指示に従って CA を新しいサーバーに復元するときに行われます。

サーバー名が変更された場合、次のエラーが発生する可能性があります。

  • 試行されたすべてのプロファイル テンプレート ワークフローでは、RPC エラー、CA が見つからないエラー、または CA が使用停止エラーになります。

  • 元の CA に発行された証明書は、MIM CM によって取り消されません。 ポータルでは自動的に失敗しているように見えますが、CA が使用停止であることを示す例外が MIM CM イベント ログにスローされます。

次の (ただし、これらだけでなく) エラー メッセージがログに記録される可能性があります。

  • CA の指定された名前またはサーバー名が無効です。

  • 証明機関<CA-Name>は使用停止としてマークされているため、接続できません。

ソリューション

CA が新しい CA サーバー名を持つサーバーに移行され、clmutil.exe -listCa コマンドで返される追加の CA サーバーが表示される場合は、次の手順を実行してください。

  1. CA を更新して、CA サーバー名を元の名前に変更します。

  2. CA サーバーのアップグレードの直前に、MIM CM データベースをバックアップされたバージョンに復元します。  

関連情報  

リリース履歴のMicrosoft Identity Manager  

MIM Certificate Manager Windows アプリケーションをデプロイする |Microsoft Learn

証明機関を別のサーバーに移動する方法 - Windows Server |Microsoft Learn

ヘルプを表示

その他のオプションが必要ですか?

サブスクリプションの特典の参照、トレーニング コースの閲覧、デバイスのセキュリティ保護方法などについて説明します。

コミュニティは、質問をしたり質問の答えを得たり、フィードバックを提供したり、豊富な知識を持つ専門家の意見を聞いたりするのに役立ちます。

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?
[送信] を押すと、Microsoft の製品とサービスの改善にフィードバックが使用されます。 IT 管理者はこのデータを収集できます。 プライバシーに関する声明。

フィードバックをいただき、ありがとうございます。

×