革命 R は、最適化されたインテル MKL Blas ライブラリと Lapack の既定では CRAN に-r オプションとともに使用よりも別のバージョンに付属しています。CRAN R と出荷のほとんどの計算を R これらは既定値よりも高速で行うことができます。ただし、これはすべての計算の場合ではありません。同様に、いくつかサード パーティ製の R のパッケージは、MKL Blas ライブラリと互換性のあるできないがあります。これらの場合、CRAN R. に付属する既定のライブラリに戻すにはすることがあります。

革命 R エンタープライズ 7.1 のこのスワップを実行する方法の例を次に示します。革命 R と同梱されている CRAN R ライブラリする必要がありますと R の同じレベルに由来する注記バージョン 7.1 では、R 3.0.2 以降です。

Windows:

  1. 'Rblas.dll.RevoR' に 'Rblas.dll' と 'C:\Revolution\R-Enterprise-7.1\R-3.0.2\bin\x64' のフォルダーに 'Rlapack.dll.RevoR' に' Rlapack.dll' の名前を変更します。

  2. CRAN-r 3.0.2 以降のインストールの < R_HOME > \lib ディレクトリから Rblas.dll と Rlapack.dll を C:\Revolution\R-Enterprise-7.1\R-3.0.2\bin\x64 にコピーします。

  3. 革命 R エンタープライズでは、変更を有効にするを再起動します。

Linux。

  1. LibRblas.so と/usr/lib64/Revo-7.1/R-3.0.2/lib64/R/lib で libRlapack.so の名前を変更します。

    # mv /usr/lib64/Revo-7.1/R-3.0.2/lib64/R/lib/libRblas.so /usr/lib64/Revo-7.1/R-3.0.2/lib64/R/lib/libRblas.so.RevoR# mv /usr/lib64/Revo-7.1/R-3.0.2/lib64/R/lib/libRlapack.so /usr/lib64/Revo-7.1/R-3.0.2/lib64/R/lib/libRlapack.so.RevoR

  2. < R_HOME > からの libRblas.so と libRlapack.so のコピー/lib の/usr/lib64/Revo-7.1/R-3.0.2/lib64/R/lib に、CRAN-r 3.0.2 のディレクトリです。

  3. 革命 R エンタープライズでは、変更を有効にするを再起動します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×