マイクロソフトはセキュリティ情報 MS10-051 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法:

ホーム ユーザーの場合、無料サポートが提供されています。米国およびカナダのユーザーは電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、以下のマイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/common/international.aspx?rdpath=4北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから、無条件の無償電子メール サポートまたは無条件の個人チャット サポートもご利用ください。

http://support.microsoft.com/oas/default.aspx?&prid=7552 企業ユーザーの場合、セキュリティ更新プログラムに対するサポートは、通常のサポート窓口を通じて提供されます。

はじめに

このセキュリティ更新プログラムに関する詳細情報

既知の問題およびこのセキュリティ更新プログラムの関連情報

このセキュリティ更新プログラムで次の問題が解決されます。

  • Microsoft XML Core Services 3.0 (MSXML 3.0) には、ActiveX オブジェクト "Msxml2.XMLHTTP.3.0"の HTTP 応答の処理時にメモリが破損するという問題があります。破損が発生するアドレスは一定ではありません。アドレスはコンピューターのメモリの初期値に依存するため、攻撃者が制御することは不可能です。すべての Windows バージョンの MSXML 3.0 が影響を受けます。

詳細

セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、セキュリティ情報 MS10-051 の「ファイル情報」セクションをご覧ください。

ファイル情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×