概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、ユーザーが特別な細工のある Office ファイルを開くと、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性の詳細については、 をご覧ください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の がインストールされている必要があります。

影響を受ける Microsoft Office ソフトウェアのすべてのバージョンの一覧については、マイクロソフト サポート技術情報 をご覧ください。

機能追加および修正

この更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題についての機能追加と修正が含まれています。

  • システムでメモリが不足している場合にレンダリングが動作しなくなる理由を究明するのに役立つテレメトリを追加します。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3515897 (Office15)

  • Excel 2013 で大きな表の列フィルターを除去するのに長い時間がかかります。この問題は、ナレーターが有効になっている Windows 8 および Windows 8.1、または Windows 10 タッチ対応デバイスで発生します。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3513664 (Office15)

  • Excel アドインへのリンクを含むブックを OneDrive for Business フォルダーに保存すると、Excel アドインへのリンクが破損します。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3514074 (Office15)

  • Excel 2013 で PivotTable フィルターを変更すると、次のエラー メッセージが (誤って) 表示されます。

    ユーザーによって操作が取り消されました

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3514322 (Office15)

  • Excel 2013 で VBA を使用してネットワークの場所からアドインを開いて閉じると、アドインが削除されます。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3515814 (Office15)

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、この「」記事の「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」セクションを参照してください。

方法 2: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。


詳細

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、サポート技術情報の記事 を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×