概要

この更新プログラムは、Microsoft Windows、Microsoft Office、Skype for Business、Silverlight、Microsoft Lync、および Microsoft .NET Framework の脆弱性を解決します。ユーザーが特別に細工された Web サイトにアクセスしたり、特別に細工されたドキュメントを開いたりすると、この脆弱性により、リモートでコードが実行される可能性があります。この更新プログラムは、Windows フォント ライブラリが埋め込みフォントを処理する方法を修正することにより、この脆弱性を解決します。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-120 を参照してください。

詳細

重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム2919355をインストールしておくことをお勧めします。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報


以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。

  • 3189040 MS16-120: Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 の .NET Framework 4.6 のセキュリティ更新プログラムについて2016 年 10 月 11 日2016 年 10 月 11 日

  • 3189039 MS16-120: Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 の .NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188730 MS16-120:: Windows 7 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラムについて2016 年 10 月 11 日

  • 3188731 MS16-120: Windows Server 2012 用の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて2016 年 10 月 11 日

  • 3188732 MS16-120: Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて2016 年 10 月 11 日

  • 3188726 MS16-120: Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 用の .NET Framework 3.0 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて2016 年 10 月 11 日

  • 3188735 MS16-120: Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 用の .NET Framework 3.0 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて2016 年 10 月 11 日

  • 3189052 MS16-120: Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 の .NET Framework 4.6 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3189051 MS16-120: Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 の .NET Framework 4.5.2 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188740 MS16-120: Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188741 MS16-120: Windows Server 2012 用の .NET Framework 3.5 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188743 MS16-120: Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 3.5 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3193713 MS16-120: Silverlight 用のセキュリティ更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188744 MS16-120: Windows Vista および Windows Server 2008 用の .NET Framework 3.0 Service Pack 2、4.5.2、4.6 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3118301 MS16-120: 2007 Microsoft Office スイート セキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3118317 MS16-120: Office 2010 セキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3118394 MS16-120: Word Viewer セキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3118327 MS16-120: Skype for Business 2016 のセキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3118348 MS16-120: Lync 2013 (Skype for Business) セキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188397 MS16-120: Lync 2010 セキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188399 MS16-120: Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188400 MS16-120: Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3189647 MS16-120: Live Meeting Console 用のセキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3189648 MS16-120: Outlook 用 OCS 会議アドインについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3188736 MS16-120: Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 の .NET Framework 3.0 Service Pack 2、4.5.2、4.6 のセキュリティと品質ロールアップについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3191203 MS16-120 および MS16-123: カーネル モード ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて: 2016 年 10 月 11 日

  • 3192392 2016 年 10 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティ専用品質更新プログラム

  • 3185331 2016 年 10 月 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用のセキュリティの月例品質ロールアップ

  • 3192393 2016 年 10 月 Windows Server 2012 用のセキュリティ専用品質更新プログラム

  • 3185332 2016 年 10 月 Windows Server 2012 用のセキュリティの月例品質ロールアップ

  • 3192391 2016 年 10 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティ専用品質更新プログラム

  • 3185330 2016 年 10 月 Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用のセキュリティの月例品質ロールアップ

  • 3192440 Windows 10 用の累積的な更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

  • 3194798 Windows 10 Version 1607 および Windows Server 2016 用の累積的な更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

  • 3192441 Windows 10 Version 1511 用の累積的な更新プログラム: 2016 年 10 月 11 日

Windows Vista (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Vista:
Windows6.0-KB3191203-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows Vista (x64 ベース):
Windows6.0-KB3191203-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft Windows については、マイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

対象外

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル][セキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3191203 を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows Server 2008 (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Server 2008:
Windows6.0-KB3191203-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2008 (x64 ベース):
Windows6.0-KB3191203-x64.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2008 (Itanium ベース):
Windows6.0-KB3191203-ia64.msu

インストール スイッチ

Microsoft Windows については、マイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。

更新ログ ファイル

対象外

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル][セキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3191203 を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows 7 (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 7:
Windows6.1-KB3192391-x86.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 7:
Windows6.1-KB3185330-x86.msu
月例ロールアップ

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3192391-x64.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3185330-x64.msu
月例ロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192391 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3185330 を参照してください。

レジストリ キーの確認

注 この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows Server 2008 R2 (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3192391-x64.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3185330-x64.msu
月例ロールアップ

サポートされているすべての Itanium ベース エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3192391-ia64.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべての Itanium ベース エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3185330-ia64.msu
月例ロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192391 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3185330 を参照してください。

レジストリ キーの確認

注 この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows 8.1 (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 8.1:
Windows8.1-KB3192392-x86.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 8.1:
Windows8.1-KB3185331-x86.msu
月例ロールアップ

サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3192392-x64.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3185331-x64.msu
月例ロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル][システムとセキュリティ][Windows Update] の順にクリックします。[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192392 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3185331 を参照してください。

レジストリ キーの確認

注 この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3192393-x64.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3185332-x64.msu
月例ロールアップ

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3192392-x64.msu
セキュリティ専用

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3185331-x64.msu
月例ロールアップ

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル][システムとセキュリティ][Windows Update] の順にクリックします。[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192393 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3185332 を参照してください。

レジストリ キーの確認

注 この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows RT 8.1 (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

展開

3192392 更新プログラムは、Windows Update を介してのみ入手できます。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

コントロール パネルシステムとセキュリティ Windows Updateの順にクリックします。[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192392 を参照してください。

Windows 10 (.NET を除く)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10:
Windows10.0-KB3192440-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (x64 ベース):
Windows10.0-KB3192440-x64.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 Version 1511:
Windows10.0-KB3192441-x86.msu

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1511:
Windows10.0-KB3192441-x64.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 Version 1607:
Windows10.0-KB3194798-x86.msu

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1607:
Windows10.0-KB3194798-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft Windows については、マイクロソフト サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192440 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3192441 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3194798 を参照してください。

レジストリ キーの確認

これらの更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows Vista (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Vista で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (セキュリティ専用リリース) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3188726-x86.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189039-x86.msi

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189040-x86.msi

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3188726-x86.msu

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189039-x86.msi

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189040-x86.msi

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188726_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188726_*.html

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3189039_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189039_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6:
KB3189040_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189040_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188726 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189039 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189040 を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]\KB3189039
”ThisVersionInstalled” = “Y”

Microsoft .NET Framework 4.6:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\ KB3189040
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (セキュリティ専用リリース) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0:
Windows6.0-KB3188726-x86.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189039-x86.msi

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189040-x86.msi

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0:
Windows6.0-KB3188726-x86.msu

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189039-x86.msi

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189040-x86.msi

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188726_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188726_*.html

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3189039_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189039_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6:
KB3189040_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189040_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188726 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189039 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189040 を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]\KB3189039
”ThisVersionInstalled” = “Y”

Microsoft .NET Framework 4.6:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\ KB3189040
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows 7 Service Pack 1 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 Service Pack 1 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (セキュリティ専用リリース) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3188730-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 Service Pack 1 (x64 ベース) にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3188730-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

対象外。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188730 を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Windows Server 2008 R2 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (セキュリティ専用リリース) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3188730-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

対象外

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188730 を参照してください。

レジストリ キーの確認

For Microsoft .NET Framework 3.5.1:
この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Windows 8.1 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (セキュリティ専用リリース) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows 8.1 for 32-bit Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1- KB3188732-x86.msu

Windows 8.1 for x64-based Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3188732-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [更新履歴の表示] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188732 を参照してください。

レジストリ キーの確認

これらの更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (セキュリティ専用リリース) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8-RT-KB3188731-x64.msu

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3188732-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [更新履歴の表示] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188731 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3188732 を参照してください。

レジストリ キーの確認

これらの更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows 10 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows 10 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (セキュリティ専用リリース) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192440-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (x64 ベース) にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192440-x64.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 Version 1511 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192441-x86.msu

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1511 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192441-x64.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 Version 1607 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3194798-x86.msu

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1607 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3194798-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192440 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3192441 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3194798 を参照してください。

レジストリ キーの確認

これらの更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows Vista (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Vista で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (月例のロールアップ) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3188735-x86.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189051-x86.msi

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189052-x86.msi

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3188735-x86.msu

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189051-x86.msi

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Vista にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189052-x86.msi

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188735_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188735_*.html

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3189051_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189051_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6:
KB3189052_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189052_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188735 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189051 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189052 を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]\KB3189051
”ThisVersionInstalled” = “Y”

Microsoft .NET Framework 4.6:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\ KB3189052
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (月例のロールアップ) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0:
Windows6.0-KB3188735-x86.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189051-x86.msi

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189052-x86.msi

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0:
Windows6.0-KB3188735-x86.msu

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3189051-x86.msi

サポートされているすべての 64 ビット版の Windows Server 2008 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3189052-x86.msi

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188735_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3188735_*.html

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3189051_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189051_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6:
KB3189052_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]-MSP0.txt
KB3189052_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188735 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189051 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3189052 を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework [.NET 対象バージョン]\KB3189051
”ThisVersionInstalled” = “Y”

Microsoft .NET Framework 4.6:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\ KB3189052
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows 7 Service Pack 1 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 Service Pack 1 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (月例のロールアップ) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3188740-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 Service Pack 1 (x64 ベース) にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3188740-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

対象外。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188740 を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Windows Server 2008 R2 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (月例のロールアップ) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3188740-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

対象外

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188740 を参照してください。

レジストリ キーの確認

For Microsoft .NET Framework 3.5.1:
この更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。この更新プログラムを検出するには、WMI を使用してください。

Windows 8.1 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (月例のロールアップ) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows 8.1 for 32-bit Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3188743-x86.msu

Windows 8.1 for x64-based Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3188743-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [更新履歴の表示] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188743 を参照してください。

レジストリ キーの確認

これらの更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (月例のロールアップ) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8-RT-KB3188741-x64.msu

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3188743-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

アンインストール情報

[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [更新履歴の表示] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3188741 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3188743 を参照してください。

レジストリ キーの確認

これらの更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Windows 10 (.NET Framework インストール)参照表

サポートされているすべてのバージョンの Windows 10 で実行されている .NET Framework インストールのセキュリティ更新プログラム (月例のロールアップ) の情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192440-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (x64 ベース) にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192440-x64.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 Version 1511 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192441-x86.msu

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1511 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3192441-x64.msu

サポートされているすべての 32 ビット版の Windows 10 Version 1607 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3194798-x86.msu

サポートされているすべての x64 ベース エディションの Windows 10 Version 1607 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows10.0-KB3194798-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework については、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

アンインストール情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル][システムとセキュリティ] の順にクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラム一覧から選択してください。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3192440 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3192441 を参照してください。
マイクロソフト サポート技術情報 3194798 を参照してください。

レジストリ キーの確認

これらの更新プログラムは、そのインストールを検証するためのレジストリ キーを追加しません。

Microsoft Word Viewer (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Microsoft Word Viewer:
office2003-kb3118394-fullfile-enu.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3118394を参照してください。

レジストリ キーの確認

対象外

Microsoft Office 2007 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Office 2007:
ogl2007-KB3118301-fullfile-x86-glb.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3118301 を参照してください。

レジストリ キーの確認

対象外

Microsoft Office 2010 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Office 2010 (32 ビット版):
ogl2010-KB3118317-fullfile-x86-glb.exe

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Office 2010 (64 ビット版):
ogl2010-KB3118317-fullfile-x64-glb.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3118317 を参照してください。

レジストリ キーの確認

対象外

Microsoft Live Meeting 2007、Microsoft Lync 2010、Microsoft Lync 2010 Attendee、Microsoft Lync 2013 (Skype for Business)、および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Microsoft Live Meeting 2007 コンソール (3189647):
LMSetup.exe

Microsoft Lync 2010 (32 ビット版) の場合 (3188397):
lync.msp

Microsoft Lync 2010 (64 ビット版) の場合 (3188397):
lync.msp

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) の場合 (3188399):
AttendeeUser.msp

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) の場合 (3188400):
AttendeeAdmin.msp

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (32 ビット版) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (32 ビット版):
lync2013-KB3118348-fullfile-x86-glb.exe

サポートされているすべてのエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (64 ビット版) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (64 ビット版):
lync2013-KB3118348-fullfile-x64-glb.exe

サポートされているすべての 32 ビット版の Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016
lync2016-KB3118327-fullfile-x86-glb.exe

サポートされているすべての 64 ビット版の Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016
lync2016-KB3118327-fullfile-x64-glb.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 912203 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。

ファイル情報

Microsoft Live Meeting 2007 コンソール:
マイクロソフト サポート技術情報 xxxxxx を参照してください。

すべてのサポートされるエディションの Microsoft Lync 2010:
マイクロソフト サポート技術情報 xxxxxx を参照してください。

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
マイクロソフト サポート技術情報 xxxxxx を参照してください。

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
マイクロソフト サポート技術情報 xxxxxx を参照してください。

Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
マイクロソフト サポート技術情報 3118348 を参照してください。

Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
マイクロソフト サポート技術情報 3118327 を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft Live Meeting 2007 コンソール:
対象外

Microsoft Lync 2010 (32 ビット版):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4498

Microsoft Lync 2010 (64 ビット版):
HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4498

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4498

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\94E53390F8C13794999249B19E6CFE33\InstallProperties\DisplayVersion = 4.0.7577.4498

Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
対象外

Skype for Business 2016 および Skype for Business Basic 2016:
対象外

Silverlight 5 for Mac (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Mac にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
Silverlight.dmg

Mac にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer.dmg

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。

アンインストール情報

Finder を開き、システム ドライブを選択して Internet Plug-ins - Library フォルダーに移動し、Silverlight.Plugin ファイルを削除します(この更新プログラムは、Silverlight プラグインを削除してから削除する必要があります)。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 2932677 を参照してください。

インストールの確認

このセキュリティ情報の「更新プログラムに関する FAQ」セクションの「自分のシステムに現在インストールされている Microsoft Silverlight のバージョンおよびビルドを確認する方法を教えてください」という質問を参照してください。

Silverlight 5 for Windows (サポートされているすべてのリリース)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての 32 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
silverlight.exe

サポートされているすべての 32 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer.exe

サポートされているすべての 64 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
silverlight_x64.exe

サポートされているすべての 64 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer_x64.exe

インストール スイッチ

Silverlight Enterprise Deployment Guide (英語情報) を参照してください

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。

アンインストール情報

コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。(この更新プログラムは、Silverlight を削除してから削除する必要があります)。

ファイル情報

マイクロソフト サポート技術情報 3193713 を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft Silverlight 5 の 32 ビット版のインストール:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1.50901.0"

Microsoft Silverlight 5 の 64 ビット版のインストール:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1.50901.0"
および
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1.50901.0"


更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション: TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×