この資料が適用される製品を表示する。

概要

この更新プログラムは、Microsoft .NET Framework の脆弱性を解決します。.NET Framework には、暗号化メカニズムによって保護する必要がある保管中の情報に攻撃者がアクセスできる可能性があるセキュリティ上の脆弱性が存在します。この更新プログラムは、Framework がキーを処理する方法を修正することにより、データを保護します。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-155 を参照してください。

重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム2919355をインストールしておくことをお勧めします。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。セキュリティ更新プログラムを自動的に取得する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセスします。

WSUS サーバーで、次の手順を実行します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[Microsoft Windows Server Update Services 3.0] をクリックします。

  2. [ComputerName]を展開し、[操作]をクリックします。

  3. [更新のインポート] をクリックします。

  4. WSUS によってブラウザ ウィンドウが表示され、ActiveX コントロールのインストールが求められることがあります。続行するには、ActiveX コントロールをインストールする必要があります。

  5. ActiveX コントロールをインストールすると、Microsoft Update カタログの画面が表示されます。[検索] ボックスに「3205378」と入力し、[検索] をクリックします。

  6. 実際の環境のオペレーティング システム、言語、プロセッサと合う.NET Framework パッケージを選択します。[追加] をクリックしてバスケットに追加します。

  7. 必要なパッケージをすべて選択したら、[バスケットの表示] をクリックします。

  8. [インポート] をクリックして、WSUS サーバーにパッケージをインポートします。

  9. パッケージがインポートされたら [閉じる] をクリックして、WSUS に戻ります。


これで、WSUS 経由で更新プログラムをインストールすることができます。

更新プログラムの展開方法に関する情報この更新プログラムの展開に関する情報については、マイクロソフト サポート技術情報 3205640 を参照してください。

更新プログラムのアンインストール情報注: セキュリティ更新プログラムのアンインストールはお勧めしません。

この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

更新プログラムに伴う再起動に関する情報更新対象のファイルがロックされたり使用されていない限り、この更新プログラムを適用した後にシステムを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル ハッシュ

Windows8.1-KB3205378-arm.msu

BD7F40CCED1A0DE8A29BF689F4CF69D017D86E41

0E92BB0C323EC7BB613ACA7241814B3C31597D18B460817A2BBACF78CE4B2F53

Windows8.1-KB3205378-x64.msu

30390C422203C74BDB41CC16FA796F2B643AE1F1

7847B2BC25F6127EEE64B7E588EE68715D9C37411F2C5AA5F5146B6C98752E7C

Windows8.1-KB3205378-x86.msu

5480B94DA2521D3B8E88B23B47992B03138FDAB1

2086EF75D54CA5C04903D7D46B91B47B8D555FA22CC21CD10ECDC4DEEC38E270

ファイル属性

この更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

サポートされているすべてのバージョンのシステム (x86 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

msvcr120_clr0400.dll

12.0.52512.0

987,848

10-Aug-2016

05:03

サポートされているすべてのバージョンのシステム (x64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

system.data.dll

4.6.1636.0

3,389,616

30-Nov-2016

06:49

サポートされているすべてのバージョンのシステム (ARM ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

msvcr120_clr0400.dll

12.0.52242.36242

634,336

10-Aug-2016

05:03


更新プログラムのインストールのヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション: セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート


適用対象この資料は、以下を対象としています。

  • Microsoft .NET Framework 4.6.2 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows 8.1

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×