MSExchangerepl.exe と MSExchangeDagMgmt.exe のイベント ID 4999 クラッシュするには、Exchange Server 2013年環境

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

Microsoft Exchange Server 2013 環境で作業中のデータベースのコピーが含まれているデータベース可用性グループ (DAG) のノードを再起動すると、DAG ノードは他の正常なコピーは無効です。一方で、MSExchangeRepl.exe と MSExchangeDagMgmt.exe のイベント ID 4999 記録アプリケーション ログに複数回再起動したノードが完全に再起動するまでです。中、Windows クライアントを切断する場合があります。

次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。


原因

この問題は、リモート プロシージャ コールに"メモリ不足"問題のために発生します。

解決策

この問題を解決するには、Exchange Server 2013 またはそれ以降ののをインストールします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用されるについて説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×