インターネット接続の問題がある場合は、TCP/IP をリセットしようとすることができます。この資料では、TCP/IP をリセットするのには 2 つの方法について説明します。TCP/IP をリセットする、進んで「ここでは簡単に直る」のセクションにします。TCP/IP を手動でリセットする場合は、自分で自分で解決する」のセクションに移動します。

TCP/IP が自動的にリセットします。

自動的に TCP/IP をリセットするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。

Windows 8.1 は、Windows 8 は、Windows RT、Windows 7、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012 では、Windows Server 2008 R2

Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2008 または Windows Server 2003

注:

  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Easy Fix ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

 

 

M はanually TCP/IP をリセット

手動で TCP/IP をリセットするには、次の手順を実行します。
 

  1. [ Start ] 画面で、 CMDをと入力します。検索結果では、コマンド プロンプトを右クリックし、し、[管理者として実行] を選択します。

  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。 netsh int ip reset c:\resetlog.txt

  3. ログ ファイルのディレクトリ パスを指定しない場合は、次のコマンドを実行します。 netsh int ip reset

  4. コンピューターを再起動します。

  1. コマンド プロンプトを開くには、開始] を選択し、検索プログラムおよびファイルボックスにcmdと入力し、します。

  2. [プログラム]、[CMD.exe] アイコンを右クリックし、[管理者として実行します。

  3. ユーザー アカウント制御] ボックスが表示されたら、 [はい]を選択します。

  4. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。 netsh int ip reset c:\resetlog.txt

  5. ログ ファイルのディレクトリ パスを指定しない場合は、次のコマンドを実行します。 netsh int ip reset resetlog.txt

  6. コンピューターを再起動します。

  1. コマンド プロンプトを開くには、[開始] を選択します >を実行します。[名前] ボックスで、次のコマンドを入力し、し、Enter キーを押します。 netsh int ip reset c:\resetlog.txt

  2. ログ ファイルのディレクトリ パスを指定しない場合は、次のコマンドを実行します。 netsh int ip reset resetlog.txt

  3. コンピューターを再起動します。

 

[リセット] コマンドを実行すると、TCP/IP で使用されるは、次のレジストリ キーが上書きされます。

SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters 
SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DHCP\Parameters

削除して、TCP/IP を再インストールすると同じ効果があります。手動コマンドを正常に実行するには、 netshのアクションを記録するログ ファイルの名前を指定する必要があります。(このログ ファイルと呼ばれるに前述の「手動の手順で"resetlog.txt」。)

 

注: 手順を実行する管理者としてコンピューターにログオンする必要があります。

詳細

問題は解決しましたか?問題が解決したかどうかを確認してください。場合は、この資料で終了しましたが。問題が修正されていない場合はサポートにお問い合わせすることができます。

IP リセット コマンドとnetshが生成するログ ファイルのサンプルの発行を次に示します。実際のログ ファイルは、コンピューターの構成によって異なる場合があります。TCP/IP レジストリ キーが元の構成から変更されていない、ときに可能性がありますいないファイルに記録されるイベント。reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dhcp\Parameters\Options\15\RegLocation
old REG_MULTI_SZ =
SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\?\DhcpDomain
SYSTEM\CurrentControlSet\Services\TcpIp\Parameters\DhcpDomain

added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\Interfaces\Tcpip_{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\NetbiosOptions
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\Interfaces\Tcpip_{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\NetbiosOptions
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\Interfaces\Tcpip_{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\NameServerList
old REG_MULTI_SZ =
10.1.1.2

deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netbt\Parameters\EnableLmhosts
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\AddressType
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\DefaultGatewayMetric
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\DisableDynamicUpdate
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\DontAddDefaultGateway
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\EnableDhcp
old REG_DWORD = 0

added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\NameServer
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\RawIpAllowedProtocols
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\TcpAllowedPorts
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{2DDD011E-B1B6-4886-87AC-B4E72693D10C}\UdpAllowedPorts
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\DisableDynamicUpdate
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\EnableDhcp
old REG_DWORD = 0

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAddress
old REG_MULTI_SZ =
12.12.12.12

deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAutoconfigurationAddress
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAutoconfigurationMask
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\IpAutoconfigurationSeed
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\RawIpAllowedProtocols
old REG_MULTI_SZ =
0

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\SubnetMask
old REG_MULTI_SZ =
255.255.255.0

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\TcpAllowedPorts
old REG_MULTI_SZ =
0

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{5B3675C3-6EB9-4936-B991-04DA31024C4E}\UdpAllowedPorts
old REG_MULTI_SZ =
0

added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\AddressType
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\DefaultGatewayMetric
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\DisableDynamicUpdate
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\DontAddDefaultGateway
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\EnableDhcp
old REG_DWORD = 0

added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\NameServer
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\RawIpAllowedProtocols
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\TcpAllowedPorts
added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BAA9D128-54BB-43F6-8922-313D537BE03E}\UdpAllowedPorts
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\DefaultGateway
old REG_MULTI_SZ =
10.1.1.2


reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\DefaultGatewayMetric
old REG_MULTI_SZ =
0


added SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\DisableDynamicUpdate
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\EnableDhcp
old REG_DWORD = 0

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAddress
old REG_MULTI_SZ =
10.1.1.1


deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAutoconfigurationAddress
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAutoconfigurationMask
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\IpAutoconfigurationSeed
reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\NameServer
old REG_SZ = 10.1.1.2,10.1.1.3

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\RawIpAllowedProtocols
old REG_MULTI_SZ =
0

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\SubnetMask
old REG_MULTI_SZ =
255.255.255.0


reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\TcpAllowedPorts
old REG_MULTI_SZ =
0

reset SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces\{BD2859BA-B26A-4E2B-A3FE-3D246F90A81A}\UdpAllowedPorts
old REG_MULTI_SZ =
0

deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\DontAddDefaultGatewayDefault
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\EnableIcmpRedirect
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\EnableSecurityFilters
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\SearchList
deleted SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\UseDomainNameDevolution
<completed> Note In Windows Server 2003 Service Pack 1, you can use the netsh winsock reset command to repair Winsock.

詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。

Windows XP の TCP/IP 接続のトラブルシューティングを行う方法を314067

811259方法を特定し、Windows Server 2003、Windows XP および Windows Vista で Winsock2 の破損からのリカバリ

Windows XP の314053 TCP/IP および NBT の構成パラメーター

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×