パーソナライズされたオファーと割引とは何ですか?

Microsoft Office アプリや機能を使用すると、Microsoft アプリの更新バージョンや Office の新機能、Microsoft 製品の割引などを試す機会を提供する通知、メール、その他のメッセージが Microsoft から届く場合があります。 これらのオファーは、お客様に関連する場合とそうでない場合があります。また、これらのオファーを表示するために同意を提示する必要はありません。 ただし、お客様の許可を得て Office アプリと機能を使用して、これらのオファーのパーソナライズされたバージョンと割引を表示する方法について、 Microsoft はデータを収集できます。

Microsoft では、オファーや割引をパーソナライズするために、どのようなデータを使用していますか?

Microsoft 製品のパーソナライズされたオファーと割引のデータを収集する許可を Microsoft に付与した場合、収集されるデータは Office アプリと機能の使用方法によって異なります。 たとえば、PowerPoint のテンプレート、Word のエディター機能、または Microsoft 365のクリエイティブ コンテンツを使用している場合、Microsoft は、それらのアプリとその機能を使用する頻度と、それらを使用する際に行った選択に関する情報を収集する場合があります。 オファーと割引のパーソナライズに使用するデータには、Office アプリと機能の使用方法に関する情報のみが含まれます—このデータには、ファイルの内容は含まれません。 Microsoft は、お客様のデータを他の企業に販売することはありません。 Microsoft が個人データを処理する方法と目的の詳細については、「microsoft プライバシーに関する声明」を参照してください。

注: 

  • パーソナライズされたオファーには、ファイルのコンテンツは使用されませんが、Office には、デザインに関する推奨事項、編集候補、データ分析情報、および同様の機能を提供するためにコンテンツを使用する、その他の機能があります。 詳細については、「Office のコネクテッド エクスペリエンス」を参照してください。

  • オファーをパーソナライズしないことを選択した場合、Microsoft は、このパーソナライズを提供するために使用されるデータを収集しませんが、このデータに基づいていない一部のオファーが表示され、関連性が低い可能性があります。

パーソナライズされたオファーと割引のいくつかの事例は何ですか?

表示される可能性があるさまざまな種類のパーソナライズされたオファーと割引の例を次に示します:

  • Office 2016 をお持ちで、PowerPoint テンプレートを使用して視覚的に魅力的なプレゼンテーションを作成したい場合は、パーソナライズされたオファーを受け取って、無料のMicrosoft 365 試用版を開始したり、割引されたサブスクリプションにサインアップしたりして、プレミアム テンプレートの利点を活用し、 Microsoft 365 でのみ独占的に使用できます。

  • 有効期限が切れる Microsoft 365 サブスクリプションがあり、Word の Editor 機能 を頻繁に使用して高品質のコンテンツを作成する場合は、サブスクリプションを更新して割引を受け、エディターから引き続き価値を得るためのオファーを確認するに違いなく、これは Microsoft 365 のプレミアム オファリングです。

  • 試用版の Microsoft 365 を使用していて、Microsoft 365 サブスクリプションを持つ独占的なオファリングである プレミアム クリエイティブ コンテンツを使用している場合は、割引された Microsoft 365 サブスクリプションにサインアップするよう促すオファーが表示される場合があり、そのことによりプレミアム クリエイティブ コンテンツを引き続き受け取ることができます。

パーソナライズされたオファーと割引はどこに表示されますか?

オファーと割引をパーソナライズする場合は、Office で通知として受け取るか、設定に応じてメールで受け取る場合があります。 Microsoft アカウント プロファイル ページで、オファー、割引、その他の宣伝的コミュニケーションを受け取る所望の方法の設定を変更できます。

パーソナライズされたオファーと割引の設定はどこで確認でき、有効または無効にできますか?

Office アプリを使用している場合は、[ファイル > アカウント] に移動し、[アカウントのプライバシー] で [設定の管理] を選択することで、Microsoft 製品のパーソナライズされたオファーと割引を制御する設定を変更できます。 この設定は、[Officeプライバシー設定] ページにも表示されます。この設定は、Microsoft アカウントで使用するOffice製品に適用されます。

パーソナライズされたオファーと割引を表示しない選択をした場合はどうなりますか?

オファーをパーソナライズしないことを選択した場合、Microsoft は Office のアプリと機能の使用方法に関するデータを収集しませんが、このデータに基づいていなくても、関連性が低い可能性のある一部のオファーが引き続き表示される場合があります。 気が変わった場合は、後でいつでもオファーをパーソナライズできます。 プライバシー設定を表示する方法については、の[Account Privacy Settings ページの Windows タブ]を参照してください。

また、既に利用可能な製品や機能を試用するためのレコメンドが引き続き表示される場合があり、設定によっては、Microsoft の他の場所からパーソナライズされたオファーを受け取る場合もあります。 これらの設定は、Office の個人用オファーの設定とは異なります。 Office のレコメンデーションの詳細については、「Officeにおける、製品内レコメンデーション」を参照してください。

この設定の影響を受ける Office アプリとサービスは何ですか?

  • この設定は、Windows で実行されている購入済みのコンシューマー向けバージョンの Office アプリにのみ適用されます。

  • この設定は、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Visio、Access、Publisher、Project の Office アプリバージョン 2112 以降に適用されます。

  • 18 歳未満の場合—またはお客様の居住地の法律に応じた他の年齢未満の場合、このデータは収集されません—この設定は使用できない可能性があります。 詳細については、「 子供、少年少女、そして家族のプライバシー」を参照してください。。

注: この設定は OneNote for Windows 10 には適用されません。この設定は、Windows 10 のすべてのエディションにプレインストールされており、Microsoft Storeで無料で ダウンロードすることもできます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×