Office 2010 の修正プログラム パッケージ (Mso の x-none.msp、単語の x-none.msp): 2010 年 10 月 26 日

概要

この資料は、2010 年 10 月 26 日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office 2010年の問題について説明します。

この資料では、修正プログラム パッケージに関する以下の項目について説明します。

  • 修正プログラム パッケージで修正される問題。

  • 修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件

  • 修正プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があるかどうか。

  • 修正プログラム パッケージは、他の修正プログラム パッケージによって置き換えられるかどうか。

  • レジストリを変更をする必要があるかどうか。

  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル。


はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 特定 Excel OLE オブジェクトでは、Microsoft Excel 2010 をロードすることはできません。Excel OLE オブジェクトが Excel 2010 より前のバージョンの Excel で保存した場合、この問題が発生します。

  • 通常、OLE の埋め込みを有効化しようとするときに、この問題が発生します。さらに、汎用のエラー メッセージが表示されます。

  • Office 2010 では、Windows 7 または Windows Vista 環境で特定の証明書をサポートしていません。具体的には、これらのサポートされていない証明書は、サード ・ パーティ製の暗号化サービス プロバイダー (CSP) が格納されている秘密キーを使用します。したがって、暗号化 API (CAPI) を使用して、Office 2010 ドキュメントに署名できません。

  • 次のような状況を考えます。

    • ネットワーク共有に配置されている Microsoft Word 2010 のドキュメントにアクセスします。

    • コンピューターはスタンバイ モードになります。

    • 作業を再開し、スタンバイ状態から移動するとします。

    この場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    Word は、ネットワークを確立できません接続からシステムを再開した後は、このドキュメントにサスペンド モード。変更を保存する別のファイルに文書を保存します。

    さらに、保存し、ネットワーク上の場所がある場合、ネットワーク共有に文書を更新することはできません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×