Office 2010 の修正プログラム パッケージ (mso x none.msp): 2011 年 2 月 22 日

概要

この資料では、2011 年 2 月 22 日は日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office 2010年の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Microsoft Excel 2010 で 1 つまたは複数の TreeView コントロールを含むブックを開くと、TreeView コントロールを読み込むことができません。さらに、赤色の X が代わりに表示されるツリー ビューを制御します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 28395 (OfficeQFE)

  • Office 2010 では、XAdES-x または XAdES X_L 署名を作成します。ただし、署名は、参照の署名の検証コントロールによって無効です。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 28864 (OfficeQFE)

  • 次のような状況を考えます。

    • Office 2010 と Office Communicator 2007 R2、または Lync 2010 のプレゼンス情報の統合があります。

    • プレゼンス情報が正しく動作している、Office 2010 アプリケーションを開くとします。

    • スリープまたは休止状態にコンピューターを配置するとします。

    • コンピューターを再開します。


    このシナリオでは、プレゼンス情報が正しく動作しない、Office 2010 プログラムを再起動するまで。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 29110 (OfficeQFE)

  • Excel 2010 では、自動バックアップ機能が有効になっているときに、自動リビジョン情報を保存せず、自動保存されたドキュメントを保存することはできません。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×