概要

この資料では、2011 年 8 月 30 日の日付は、Microsoft Office 2010年の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

この資料では、修正プログラム パッケージに関する以下の項目について説明します。

  • 修正プログラム パッケージで修正される問題。

  • 修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件

  • 修正プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があるかどうか。

  • 修正プログラム パッケージは、他の修正プログラム パッケージによって置き換えられるかどうか。

  • レジストリを変更をする必要があるかどうか。

  • この修正プログラム パッケージに含まれるファイル。


はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • ListView コントロール 6.0 の Microsoft を Microsoft PowerPoint 2010 プレゼンテーションに追加することを想定しています。プレゼンテーションのときは、モードでは、コントロールが赤い X として表示されるリスト ビューを編集します。ただし、ListView コントロールが表示されます正しくプレゼンテーションがスライド ショー モード。

  • 次のような状況を考えます。

    • Office365 環境には、メールボックスが移行されます。

    • メールボックスを移行する前に Microsoft Exchange アドレスから送信された電子メール メッセージを開くとします。

    • 送信者の連絡先カードを表示するとします。


    このシナリオでは、送信者の表示名として表示されますが無効な x500 アドレスです。

解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムをインストールするには Microsoft Office 2010年または Microsoft Office 2010 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

Office 2010 SP1 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2510690 ] ボックスの一覧のすべての Office 2010 SP1 パッケージ

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するに必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージの英語バージョンは、修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

x86

ダウンロード情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Office2010-kb2553034-fullfile-x86-glb.exe

14.0.6109.5000

10,061,192

16-Aug-2011

14:47

x86



Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mso-x-none.msp

該当なし

9,618,432

16-Aug-2011

1:24

該当なし



修正プログラムをインストールした後、ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に記載されているこの修正プログラムのグローバル バージョンがあります。

Mso-x-none.msp 情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mso.dll

14.0.6108.5000

18,788,224

21-Jul-2011

13:27

該当なし


x64

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Office2010-kb2553034-fullfile-x64-glb.exe

14.0.6109.5000

20,478,304

16-Aug-2011

12:03

x86


ダウンロード情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mso-x-none.msp

該当なし

19,954,688

16-Aug-2011

1:52

該当なし



Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報


修正プログラムをインストールした後、ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に記載されているこの修正プログラムのグローバル バージョンがあります。

Mso-x-none.msp 情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

プラットフォーム

Mso.dll

14.0.6108.5000

18,788,224

21-Jul-2011

13:27

該当なし

Mso.dll

14.0.6108.5000

25,418,624

21-Jul-2011

14:38

該当なし



関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。

824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×