Office 2010 更新プログラムの説明: 2011 年9月13日

はじめに

Microsoft は、Microsoft Office 2010 の更新プログラムをリリースしました。 この更新プログラムでは、Microsoft Office 2010 にインストールされている更新プログラムのインストールエラーが削減されます。

解決方法

この更新プログラムで修正される問題

Microsoft Update を使用して Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (SP1) をインストールすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

コード 78F Windows Update で不明なエラーが発生しました。

Microsoft ダウンロードセンターから SP1 パッケージをダウンロードしてインストールすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

このパッケージのインストールに失敗しました。

インストール中に生成される none_msplog Officesuitewwsp1 ファイルには、次のようなエラーメッセージが含まれています。

エラー1935。 コンポーネント <GUID> のアセンブリコンポーネントのインストール中にエラーが発生しました。 HRESULT: 0x80131047

この更新プログラムは、コントロールパネルの [プログラムの追加と削除] 項目から製品の再インストール中に報告されるエラーメッセージを修正します。 エラーメッセージが表示されるように、SP1 をインストールする必要はありません。 この問題は、Windows インストーラーによって、既に存在しなくなったドライブまたは読み取り可能なメディアが含まれていないリムーバブルメディアデバイスへの参照が検出された場合に発生する可能性があります。 たとえば、Windows インストーラーで空の DVD または CD ドライブへの参照が検出された場合に、この問題が発生する可能性があります。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

この問題を解決するには、Office 2010 SP1 をインストールする前に、次の更新プログラムをダウンロードしてインストールします。 この更新プログラムの単体パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログの web サイトにアクセスしてください。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 再起動の情報 この更新プログラムのインストール後、コンピューターを再起動する必要はありません。

回避策

Office 2010 SP1 をインストールする前に、読み取り可能な DVD または CD を光学式ドライブに挿入するか、USB ドライブに接続します。

詳細情報

Office 2010 Service Pack 1 (SP1) のインストール中に、いくつかの原因でエラー1935またはエラー78F が発生することがあります。 通常、この問題は、一時的なストレージデバイスを使用して Office 2010 をインストールした場合に発生します。Office 2010 のサポートの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×