概要

この資料では、2014 年 4 月 8 日付の Microsoft Office 2013 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 拡張 MAPI を使用して Exchange 2013 に接続するアプリケーションを実行すると Exchange Server の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用して、パーソナライズされたサーバーの名前 (たとえば、 < guid > @contoso.com) を使用して Exchange 2013 メールボックスに接続する長い時間がかかります。

  • 部屋を提供できない会議室の検索は、リスト、会議室、または次の条件のいずれかで時間帯の候補します。

    • 内部 EWS の有効な URL と有効ですがアクセスできない外部 EWS URL を持つように構成されている Exchange サーバーに接続しています。

    • HTTP プロトコル経由で RPC を使用して Exchange サーバーに接続しています。


  • Outlook 2013 で予定表ビュー内の会議の開催者の名前を非表示にすることはできます。

  • Excel で電子メールの添付ファイルとしてブックを送信することを想定しています。電子メール メッセージが表示されたときに、Outlook 2013 で電子メール メッセージを保存します。Excel に戻るには、Excel がクラッシュします。

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラム パッケージをインストールするには、Office 2013 のインストールが必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムをインストールした後にコンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

Important
このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。前に変更する、復元用のレジストリをバックアップする問題が発生する場合に。

修正プログラム パッケージをインストールした後、次の手順を実行 Outlook 2013 で予定表ビュー内の会議の開催者の名前を非表示にするのには。

  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに regedit と入力して、 [OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Options\Calendar\

  3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。

  4. DoNotShowMeetingOrganizerOnCalendarを入力し、Enter キーを押します。

  5. 詳細ペインでは、 DoNotShowMeetingOrganizerOnCalendarを右クリックし、し、[変更] をクリックします。

  6. [値データ] ボックスで、0 以外の値を入力し、し、[ OK] をクリックします。

  7. レジストリ エディターを終了します。

ファイル情報

この修正プログラム パッケージには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラム パッケージには、この資料に記載されている問題を解決するのには必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×