Office 2013 (KB3039762) は 2015 年 7 月 14 日更新

この資料では、2015 年 7 月 14 日にリリースされた Microsoft Office 2013 用の更新プログラム KB3039762 について説明します。この更新プログラムは、 にも適用されます。この更新プログラムには、必要条件があります。

ダウンロード センターの更新プログラムは Office 2013 の Microsoft インストーラー (.msi) ベースのエディションに適用されることに注意してください。それは、Microsoft Office 365 ホームなど、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正

次の問題が修正されます。

SharePoint リストのデータにアクセスするには特定のネットワーク構成で Microsoft Excel 2013 で Web クエリ ファイル (.iqy) を使用して、次のエラー メッセージが表示されます。

この時点でサーバーに接続できません。データへの変更を保存することはできません。

この問題は、Access データベースにも発生します。この更新プログラムをインストールした後は、レジストリ キーを作成し、0 以外の値を設定する従来の認証動作を有効にできます。これを行うは、次のレジストリ情報に記載された手順を実行ことができます。

マイクロソフト内部サポート情報

BUG #: 3495411 (Office15)

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。Office Home and Student 2013 RT. には、ダウンロード センターから更新プログラムをインストールできません。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、次を参照してください 。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

レジストリ情報

Important
このセクションの手順の実行には注意が必要です。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。前に変更する、問題が発生する場合に。

  1. すべての Microsoft Office アプリケーションを終了します。

  2. レジストリ エディターを起動します。

    • Windows 8 または Windows 8.1 では、右上隅にマウスを移動 [検索] をクリックして、[検索] テキスト ボックスにregeditと入力、検索結果には、 regedit.exe ] をクリックします。

    • Windows 7 で [スタート] ボタン、検索プログラムおよびファイルのテキスト ボックスにregeditと入力、検索結果には、 regedit.exe ] をクリックします。

  3. 見つけてし、次のレジストリ エントリを選択します。

    • 32 ビット Windows で 32 ビットの Office または 64 ビット Windows で Office を 64 ビット。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\List

    • 64 ビット Windows で 32 ビットの Office。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\15.0\List

  4. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。

  5. EnableLegacyListAuthを入力し、Enter キーを押します。

  6. 詳細ペインでは、 EnableLegacyListAuthを右クリックし、し、[変更] をクリックします。

  7. [値データ] ボックスで、 1と入力し、[ OK] をクリックします。

  8. レジストリ エディターを終了します。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールされているが必要です。

詳細

[Office のインストールがクイック実行または MSI ベースかどうかを判断する方法。

  1. Office 2013 アプリケーション (Microsoft Word 2013 など) を起動します。

  2. [ファイル] メニューの [アカウント] をクリックします。

  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新プログラムのオプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×