概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 脆弱性の詳細については、「ADV170020 | Microsoft Office の多層防御機能の更新プログラム」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft Office Web Apps Server 2013 Service Pack 1 がインストールされている必要があります。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムには、次のセキュリティ以外の問題についての機能追加と修正が含まれています。

  • Office Web Apps Server 2013 がインストールされている場合、 オンプレミス バージョンの Microsoft Word Online と Microsoft PowerPoint Online で、グラフの軸またはデータ ラベルの小数の値が切り捨てられます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×