Outlook 2010 (KB3114996)、2016 年 4 月 5 日更新

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

この資料では、2016 年 4 月 5 日にリリースされましたが、Microsoft Outlook 2010 用の更新プログラム KB3114996 について説明します。この更新プログラムには、必要条件があります。

既知の問題

この更新プログラムをインストールした後に Microsoft Outlook を起動しようとすると次のエラーが発生する可能性があります。

Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。


この問題を解決するには、次のいずれかの操作を行います。

  • オプション 1:更新 KB3139923 がインストールされているシステムでは、確認も KB3072630 がインストールされている更新プログラムです。

  • オプション 2:KB3139923 をアンインストールします。

機能強化と修正

次の問題が修正されます。

  • RPC_S_SERVER_TOO_BUSY 応答を受信すると、Exchange Server から後、HTTP トランスポート プロトコルが有効になっている上、MAPI には、Outlook 2010 は、サーバーにすぐに再接続するのではなくバックオフ時間後要求を再送すべきです。

  • Outlook 2010 では、HTTP トランスポート プロトコル経由で、MAPI 経由の電子メールの添付ファイルをダウンロードするといくつかのシナリオで添付ファイルが壊れている可能性があります。この問題は、オンライン モードでは、マルチコア ・ プロセッサーのシステムと Outlook 2010 で発生します。

  • デリゲートは、Outlook 2010 では、会議出席依頼を開き、いくつか、承諾仮承諾辞退などのボタンの応答が表示されていません。


更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、 を参照してください 。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×