Outlook 2013 修正プログラム パッケージ (Outlook-x-none.msp、Outlookintl-<Language-Code>.msp) について (2013 年 10 月 16 日)

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

この資料では、Microsoft Outlook 2013 修正プログラム パッケージ (2013 年 10 月 16 日) で解決される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Outlook 2013 で予定表プレビューをドッキングしたときに、会議が [Today] ビューにのみ表示されます。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3354049 (Office15)

  • 次のような状況で問題が発生します。

    • Outlook 2013 でフォーム領域を閲覧ウィンドウに関連付けるプラグインをインストールします。

    • インラインの返信を開きます。

    • 別のフォルダーに切り替えます。

    この場合、電子メール メッセージの 2 つのフォーム領域が表示されます。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3355041 (Office15)

  • Outlook 2013 の [受信トレイ] フォルダーで電子メール メッセージを開封済みまたは未読としてマークすると、[フォルダー] ウィンドウで [受信トレイ] フォルダーの位置が変更されます。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3364543 (Office15)

  • フェデレーション ユーザー以外のユーザーで、アカウントのパスワードが期限切れになってから 10 日以内だと仮定します。ユーザーが Outlook 2013 にログオンしたときに、パスワードの期限切れ通知が表示されません。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3367074 (Office15)

  • Outlook 2013 と SharePoint Server を同期すると、プライマリ URL の代わりに代替 URL が使用されます。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3368219 (Office15)

  • タッチ デバイス上の Outlook 2013 でタッチ モードを有効にすると仮定します。マウス ポインターを予定表アイテムの上に移動してアイテムに関する情報を表示しようとしたときに情報が表示されません。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3130327 (Office15)

  • Outlook 2013 で Outlook Object Model (OOM) を使用して、インライン返信である電子メール メッセージに添付ファイルを追加しようとすると、電子メール メッセージの本文が、元の電子メール メッセージのテキストに戻ります。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3370669 (Office15)

  • Outlook 2013 で PR_SENT_REPRESENTING_NAME プロパティがないために会議出席依頼の差出人フィールドが空白になっていると仮定します。会議出席依頼を更新しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    操作を完了できませんでした。誤ったパラメーター値があります。

    Microsoft Internal Support Information

    BUG #: 3366187 (Office15)

詳細

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧を参照、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

注: 「ダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。

必要条件

この修正プログラム パッケージをインストールするには、Outlook 2013 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムのインストール後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

ファイルの情報

この修正プログラム パッケージには、製品を最新ビルドに完全に更新するために必要なすべてのファイルが含まれているとは限りません。この修正プログラム パッケージには、この資料に記載されている問題を解決するために必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージ (グローバル版) のインストールには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。以下の表では、各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×