概要

この記事では、会議の開催者が会議の詳細を変更したり、既存の会議出席依頼の出席者を追加または削除したりしたときの、Outlook for Mac の動作の変更について説明します。

詳細情報

ビルド16.23.1 以降、Outlook for Mac の新しい予定表の共有機能が導入されました。 この新機能は、EWS プロトコルの代わりに REST プロトコルを利用します。 この機能は、Microsoft 365 サブスクライバー専用です。 この機能の利点は、次のとおりです。Outlook for Mac では、REST との予定表共有パフォーマンスが改善されます

会議の開催者は、会議の詳細を変更したり、出席者を追加したり、削除したりできます。 新しい REST 同期モデルでは、Outlook for Mac クライアントが会議の更新情報の送信に対する確認を求めないように動作が変更されます。 REST 予定表同期を行う前に、出席者が追加または削除された場合、会議の開催者は、次のダイアログにより、更新情報をすべての出席者または変更された出席者のみに送信するかどうかを確認するように求められます。

参加者を追加または削除しました。

新しい REST 同期を使用すると、更新情報は変更された出席者 (追加/削除) にのみ送信されます。 会議の日時、件名、本文など会議の詳細を変更すると、更新情報がすべての出席者に送信されます。

その他のリソース

エキスパートのアイコン (脳、歯車)

エキスパートに質問する

エキスパートとつながり、最新の Outlook のニュースおよびベスト プラクティスについて議論し、ブログを参照します。

Outlook 技術コミュニティ

コミュニティのアイコン

コミュニティでサポートを得る

サポート担当者、MVP、エンジニア、および Outlook ユーザーに質問し、解決策を見つけます。

Answers の Outlook フォーラム

機能リクエストのアイコン (電球、アイデア)

新機能の提案

ご意見ご感想をお待ちしております。 ご意見をお聞かせください。 すべてのコメントに必ず目を通しています。

フィードバックを送信する

最近の Outlook for Mac の問題に関する修正プログラムと解決策

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×