Power Apps canvas アプリと Office 365 Outlook connector が見つからない

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

問題

2020-07-30 以降では、Office 365 Outlook connector は Microsoft 365 Outlook connector に名前が変更されました。  この結果、Office 365 Outlook connector を検索しても、ユーザーはコネクタの一覧からそれを見つけることができませんでした。  これは、コネクタをドロップして、その後で再追加しようとしたユーザー、またはコネクタを Power App に新しく追加しようとした場合に発生する問題です。  このプランでは、コネクタの名前を "Office 365 Outlook connector" という元の名前に変更します。

根本原因

"Office 365 Outlook" コネクタの名前が "Microsoft 365 Outlook" に変更されました。   既に実行中の Power App アプリケーションは影響を受けませんでした。   ただし、特定の編集シナリオが影響を受けています。  コネクタの名前を変更した後、Power App から "Office 365 Outlook" コネクタを削除した場合、名前が変更されたときに、同じ "Office 365 Outlook" コネクタを再び追加してアプリに戻すことはできませんでした。 

この問題を解決する方法

一時的な回避策は、"Microsoft 365 Outlook" コネクタを使用することです。   "Microsoft 365 Outlook" コネクタをアプリケーションに追加する場合も、"Office 365 Outlook" ではなく "Microsoft 365 Outlook" を参照するように数式を再編集する必要があります。 

ただし、このプランでは、コネクタの名前を "Office 365 Outlook" に戻します。  この問題が発生した場合、"Office 365 Outlook" コネクタを削除して、"Microsoft 365 Outlook" コネクタをもう一度追加した場合は、"Microsoft 365 Outlook" コネクタをドロップして、Office 365 Outlook コネクタをもう一度追加する必要があります。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×