PowerPoint 2010 の修正プログラム パッケージ (x86 Powerpoint の x-none.msp、none.msp-Pptview-x、x64 Powerpoint の x-none.msp): 2012 年 6 月 26 日

概要

この資料では、2012 年 6 月 26 日付の Microsoft PowerPoint 2010 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 次のような状況を考えます。

    • ネットワークの共有フォルダーに保存、情報権利管理 (IRM) プレゼンテーションがあります。

    • PowerPoint 2010 では、PowerPoint プレゼンテーションを開きます。

    • コンピューターがネットワークから切断されます。

    • PowerPoint プレゼンテーションを別のフォルダーに保存するのには、[名前を付けて保存] コマンドを使用しようとするとします。

    このシナリオでは、PowerPoint プレゼンテーションは保存されません。さらに、エラー メッセージが表示されない操作を行います。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33082 (OfficeQFE)

  • サード ・ パーティ製ツールを使用して、展開して、OLE オブジェクトを含む .pptx ファイルを圧縮し後の OLE オブジェクトが正しく動作しない操作を行います。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 33522 (OfficeQFE)



解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×