PowerPoint 2013 更新プログラムの説明: 2013 年3月12日

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。 この記事で説明されている問題を解決するには、次の Microsoft ドキュメントの記事から最新の Microsoft Office の更新プログラムをインストールしてください。

Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンの最新の更新プログラム

はじめに

Microsoft は、Microsoft PowerPoint 2013 の更新プログラムをリリースしました。 この更新プログラムには、PowerPoint 2013 および Microsoft Office Home and Student 2013 RT の32ビット版と64ビット版の最新の修正プログラムが含まれています。 また、この更新プログラムでは、安定性とパフォーマンスが向上しています。

この更新プログラムで修正される問題

  • スライド外のコンテンツが含まれていないプレゼンテーションを PowerPoint 2013 で開いたとします。 次に、[表示] タブの [ウィンドウに合わせる] を選択します。 この状況では、次のスライドまたは前のスライドにスクロールするために、マウスホイールを複数回回転させる必要があります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 2853014 (Office15)

  • 次のような状況で問題が発生します。

    • Windows Internet Explorer でプレゼンテーションをダウンロードし、[開く] をクリックします。

    • PowerPoint 2013 でプレゼンテーションの [編集を有効にする] をクリックします。

    • いくつかの変更を加えて、プレゼンテーションを保存します。 保存操作の場所を選択する必要はありません。

    このシナリオでは、プレゼンテーションが [インターネット一時ファイル] フォルダーに予期せず保存されています。 注: [インターネット一時ファイル] フォルダー内のファイルは、最近使用したリスト (MRU) には表示されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3269343 (Office15)

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×