PowerPoint 2013 (KB2910907) は 2014 年 12 月 9 日更新

この資料では、2014 年 12 月 9 日にリリースされた Microsoft PowerPoint 2013 用の更新プログラム KB2910907 について説明します。この更新プログラムは、Office Home and Student 2013 RT を含む PowerPoint 2013 にも適用されます。


ダウンロード センターの更新プログラムは Office 2013 の Microsoft インストーラー (.msi) ベースのエディションに適用されることに注意してください。それは、Microsoft Office 365 ホームなど、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化および修正

埋め込みグラフが埋め込みドキュメントとして認識されるようになりましたかどうかを確認するのには [ドキュメント検査機能が向上します。

マイクロソフト内部サポート情報

BUG #: 3477589 (Office15)



次の問題が修正されます。

  • 2013 年 PowerPoint でスライド ショーを midway ページ上方向キーと下矢印キー、マウスをクリックし、ページを使用して、プレゼンテーション間を移動できない場合があります、スライド ショーを実行して、機械に通すために。したがって、スライド ショーは、現在のスライドのままです。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3427520 (Office15)

  • PowerPoint 2013 でスライド ショーを実行するとオブジェクト モデルでは、 PasteSpecialメソッドを使用してプレゼンテーションに図形を挿入することはできません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3459298 (Office15)

  • Word 文書からのグラフ オブジェクトが含まれるテキストの選択範囲をコピーすることを前提としていて、PowerPoint プレゼンテーションに貼り付けます。プレゼンテーションを保存しようとすると、保存は失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    申し訳ありませんが、PowerPoint を不安定にさせる可能性があります問題が発生します。プレゼンテーションを保存し、PowerPoint を再起動してください。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3449138 (Office15)

  • 次の手順を使用して追加された日付と時刻フィールドが含まれる PowerPoint 2013 でテーブルを含む PowerPoint プレゼンテーションを開くことを想定しています。

    • [挿入] メニュー、表のセルを選択して、[日付と時刻] をクリックします。

    • 自動的に更新] チェック ボックスをオンにする] をクリックし、[ OK] をクリックします。

    このような場合は、日付と時刻のフィールドは自動更新されません、現在の日付と時刻にします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3476915 (Office15)

  • 2013 年 PowerPoint で PowerPoint プレゼンテーションを開くし、次の手順を使用して、背景の画像の修正を変更しようとすることを想定しています。

    • [デザイン] タブをクリックします。

    • [ユーザー設定] で、[背景の書式設定] ボタンをクリックします。

    • 背景の書式設定ウィンドウで、図またはテクスチャの塗りつぶしオプションを選択し、画像アイコンをクリックします。

    このシナリオでは、Office 2013 の Service Pack 1 (SP1) をインストールした後、画像の修正のセクションの設定を変更できません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3435507 (Office15)

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Windows Update

自動的にダウンロードして更新プログラムをインストールするには、 を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、マイクロソフト ダウンロード センターから手動でダウンロードしてインストールすることもできます。Office Home and Student 2013 RT. には、ダウンロード センターから更新プログラムをインストールできません。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、 参照してください。さらに、を参照してください。



再起動に関する情報

この更新プログラムのインストール後に、コンピューターを再起動する必要はありません。

必要条件

この修正プログラム パッケージをインストールするには、インストールされている PowerPoint 2013 が必要です。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

詳細

[Office のインストールがクイック実行または MSI ベースかどうかを判断する方法。

  1. PowerPoint 2013 を起動します。

  2. [ファイル] メニューの [アカウント] をクリックします。

  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新プログラムのオプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×