Project 2010 の修正プログラム パッケージ (プロジェクト x none.msp): 2014 年 2 月 11 日

概要

この資料では、2014 年 2 月 11 日は日にリリースされた Microsoft Project 2010 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • プロジェクトのサマリ タスクに割り当てられた予算リソースを持つプロジェクトを使用するいると仮定します。Project Web App のプロジェクト センターでプロジェクトを表示すると、ガント バーは、プロジェクトの進行状況を正しく表示されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 896550 (Office14)

  • ビュー、テーブル、フィルター、およびグループは、エンタープライズ グローバルに追加適切に保存しない] メニューで表示する] オプションと、そのため、プロパティは常に有効です。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 896705 (Office14)

  • プロジェクトがバック グラウンドで実行されていると、自動保存機能では、完全に割り当てられるプロセッサが行われます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 897849 (Office14)

  • 読み取り専用でプロジェクトを開くには、Project Professional 2010 で Project Server 2010 から、成果物をタスクから削除しては削除し、期待される成果物の SharePoint リストから保存します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 897889 (Office14)

  • Project 2010 では、プロジェクト内のグループを含むプロジェクトを印刷するときがクラッシュする可能性があります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 897901 (Office14)

  • プロジェクト サーバーの共有の保存機能を使用して作成される MPP ファイルがあり、そのサーバーに今すぐ保存が前提としています。この例では、ステータス マネージャーは各タスクおよびプロジェクトの所有者には、MPP の共有ファイルの保存先をサーバーに保存するユーザーに予期せず変更可能性があります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 897953 (Office14)

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×