概要

この資料では、2013 年 7 月 10 日は日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Project Server 2010 の問題について説明します。


はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 承認された「実績作業時間」の時間が表示されない Project Server 2010 の場合は、タイムシートの更新が拒否され、編集前「実績作業」が含まれている場合、プロジェクトをチェック アウトを再送信し、

    たとえば、次のシナリオを考えます。

    • プロジェクト マネージャーでタスクの Project Server 2010 では、プロジェクトが作成され、ユーザーにタスクを割り当てます。

    • プロジェクト マネージャーは、プロジェクトをチェック アウトを保持します。

    • ユーザーは、タイムシートに、1 日あたりの「実績作業時間」、月曜日から金曜日、8 時間を入力し、更新を送信します。

    • プロジェクト マネージャーは、いくつかの理由で要求を拒否します。たとえば、彼要求を拒否したユーザーには、月曜日の 6 時間のみが動作していたためです。

    • ユーザーが移動、タイムシートに、月曜日の 6 時間、1 日「実績作業時間」を変更、火曜日から金曜日までの変更のままし、要求を再送信しています。

    • プロジェクト マネージャーは、新しい「実績作業時間」の時間を承認します。

    • プロジェクト マネージャーは、Microsoft Project Professional でプロジェクトをチェックインします。

    • プロジェクト マネージャーは、Project Professional でプロジェクトを開きます。

    このシナリオでは、タスクの [実績作業時間"は、リソースの使用率をチェックする場合、月曜日の存在にのみです。週の残りの部分に [実績作業時間"時間が表示されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 892759 (Office14)

  • テンプレートを使用して、エンタープライズ プロジェクトの種類 (EPT) Project Web Access (PWA) でプロジェクトを作成することを想定しています。このような場合は、Project Professional を使用してプロジェクトを開くときは、このプロジェクトに関連付けられているタスク実行することがありません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 893302 (Office14)


詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×