R2 と SP1 で Windows を最新の状態Windows Server 2012更新Windows Server 2008 R2更新

はじめに

Appraiser は、最新バージョンの Windows 10 との互換性のために Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) システムを評価する Windows コンポーネントです。 次に、互換性の問題の可能性を Microsoft に報告します。 Appraiser は、システムとセットアップ プロセス中に毎日実行され、問題を防止する更新プログラムが表示されなかからなかっています。 Appraiser は、Microsoft がデバイスの互換性を判断し、すべての Windows 更新プログラムに対してシステムを保護するのに役立ちます。 この更新プログラムには、アップグレードを求める機能の変更はありません。 

この互換性の更新プログラムを取得する方法

この互換性の更新プログラムは、次の更新プログラムに含まれています。

この更新プログラムをインストールすると 、CommercialDataOptIn (CDO) レジストリ設定を使用してデータ収集を選択したシステムは、Appraiser 関連データを Microsoft に送信し始める。

詳細情報

DataCollectionレジストリ キーは、診断データが Appraiser のスケジュールされたタスクの実行後に Microsoft に送信されるかどうかを制御します。 CDO にオプトインするには、IT 管理者が特にCommercialDataOptIn レジストリ キーをサーバーに追加する必要があります。 CDO の詳細については、「Windows Customer Data Opt-in 」を参照してください

CDO をオプトインすると、次の一連のイベントが発生します。

  1. Appraiser メンテナンススケジュールされたタスクの実行

  2. CompatTelRunner.exe実行

  3. Appraiser\Application\Device Inventory の実行

  4. テレメトリが Microsoft に送信される

CDO がオプトインされていない場合、次の一連のイベントが発生します。

  1. Appraiser メンテナンススケジュールされたタスクの実行

  2. CompatTelRunner.exe実行

  3. CompatTelRunner 終了

  4. Appraiser 関連のデータは収集されません。テレメトリは Microsoft に送信されません

関連情報

Microsoft がソフトウェアの 更新プログラムを 記述するために使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×