RBAC の役割のタスク実施者は、Exchange Server 2010 環境での管理の役割グループのスコープ外にあるメールボックスのプロパティを変更できますが予期せず

現象

次のような状況を考えます。

  • Microsoft Exchange Server 2010 環境では、管理役割の割り当てを作成します。

  • ロールのタスク実施者には、差し込み印刷の宛先役割を割り当てます。

  • 組織単位には、役割の割り当てのスコープを定義します。

  • ロールのタスク実施者は、セット CalendarProcessingコマンドレットを使用して、管理役割グループのスコープ外にあるメールボックスのプロパティを変更しようとします。

このシナリオでは、ロールのタスク実施者が予期せずプロパティを変更できます、メールボックス正常にします。

原因

Exchange Server 2010セット CalendarProcessingコマンドレットを実行すると、役割ベースのアクセス制御 (RBAC) の範囲の確認はありませんので、この問題が発生します。

解決方法

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 4 について

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

役割ベースのアクセス制御の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

管理役割の割り当ての詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

セット CalendarProcessingコマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

メール受信者の役割の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×