RDS の Windows Server 2012 R2 ベースのサーバーで適切なユーザーには、プロンプトが表示されません。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

この資料では、リモート デスクトップ サービス (RDS) を使用して、Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターで発生する問題を説明します。この問題を解決できる修正プログラムがリリースされました。修正プログラムには、前提条件があります。

現象

次のような状況を考えます。

  • 多くのユーザーは、RDS サーバーに接続します。

  • ユーザーでは、RDS セッションでクライアント証明書を必要とする特定 web サイトにアクセスします。

  • 強力な秘密キー保護を使用してクライアント証明書の秘密キーが保護されています。

  • ユーザーは、証明書を使用しようとする、彼または彼女のパスワードを要求するポップアップ ウィンドウ (CredentialUIBroker.exe) が必要があります。

このシナリオでは、RDS の他のユーザーにポップアップ ウィンドウが表示されます。したがって、証明書を使用しようとしたユーザーは、パスワードを入力することはできません、web サイトにアクセスすることはできません。

解決策

この問題を解決するには、修正プログラムをリリースしました。場合でも、この問題は、Windows Server 2012 R2 でのみ確認されています、この修正プログラムは Windows 8.1 および Windows RT 8.1 にも適用されます。

重要 この修正プログラムをインストールした後に言語パックをインストールする場合は、この修正プログラムを再インストールする必要があります。したがって、この修正プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをインストールすることを推奨します。詳細については、「」を参照してください。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×