Sales\Purchases 本 2017 用の新しい形式の変更は、Microsoft Dynamics AX で使用可能です

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

新規のルールし、1th の 2017年 10 月から販売/購買の書籍が承認されるための書式に従って、勅令の 2017 年 8 月 19日 № 981:

http://publication.pravo.gov.ru/Document/View/0001201708220004?index=0&rangeSize=1.

販売書籍

形式の変更

販売の書籍では、次の 2 つの新しい列が追加されます。

  • 関税宣言の登録番号

  • (、Facture) から項目の種類コードです。

新しい形式を参照してください。

規則を満たすことで変更

Factures はありませんが、販売書籍の前払のドキュメントを登録する必要があります。この例では、元の文書は、売上帳に反映されます。この例では、facture の N は N、前払金に等しいか、facture N は、ユーザーが手動で入力することがあります。

請求書は、販売書籍、facture なしでも可能性があります。この例では、facture の N は N、請求書に等しいか、facture N は、ユーザーが手動で入力することがあります。

[11] 列では、前払の数を表示するか。区切り文字で番号を表示する必要があります 1 つ以上の支払ドキュメントがある場合«;».

商品をエクスポートします。

  • 税関申告の登録番号- 3 a列に反映する必要があります。

  • 3b ] 列で、facture から、TNVED コード。

  • 登録する場合、結合された修正 facture、 Facture の日付と facture の番号の 4 列は実行されませんする必要があります。

購入帳

形式の変更

次の 2 つの列の名前が変更されます。

  • 「関税番号」、5「税関登録番号」です。

  • 」については、中間層 (委員会エージェント、エージェント)」-5」については、中間層 (functi、開発者の充実の規則の変更のアドオンを実行するユーザー、エージェント、エージェント、フォワーダーをコミッション)」。

規則を満たすことで変更

  • Factures せず前払を登録するのには許可されています。この例では、前払の数、販売書籍の前に登録されているは、3 列に表示するか。区切り記号、番号をリストする必要があります支払の 1 つ以上のドキュメントがある場合は、«;»。

  • 複数のドキュメントを確認する、VAT の支払または facture の支払を反映する必要があります、区切り記号で表示されている «]; ≫ も 7 と 8, 、数値および日付列必要があります。

  • 列5 の 2 つ目の修正 facture、列3 と 4 は facture の行1 b からのデータを反映します。列4 が満たされないとします。

  • 商品をインポートする場合、税関申告の登録番号は 3 列に反映されます。区切り記号、番号をリストする必要があります関税の 2 つ以上の宣言がある場合は、«;»。この登録番号は、VAT 申告を表示するのには、150セクション8このセクションの付録にします。今すぐ、新しい形式はありません。

  • 合計の修正 facture を登録するとき、列4 を満たすべきではありません。

  • Facture の誤りが確認された場合、facture をキャンセルされ、固定する必要があります。(会社を受信すると、間違っている facture) 同じ期間には、取り消された facture と固定 facture を登録する必要があります。期間は既に閉じられている場合は、作成する前の期間に追加のリストがあります。

Microsoft Dynamics AX を入手する方法は、ファイルを更新します。

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードしインストールすることできます。

必要条件

この修正プログラムを適用するのにはインストールされている製品は次のいずれかが必要です。

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R3

  • Microsoft Dynamics AX 2012 R2

  • Microsoft Dynamics AX 2009 SP1

再起動の必要性

修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールするか、またはその他の技術の質問をサポート、パートナーに相談するか、マイクロソフトとサポート プランを直接に登録すると場合、は、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートにお問い合わせくださいし、作成する場合、新しいサポート要求します。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

https://mbs.microsoft.com/support/newstart.aspx

これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナー

https://mbs.microsoft.com/partnersource/resources/support/supportinformation/Global+Support+Contacts

お客様

https://mbs.microsoft.com/customersource/northamerica/help/help/contactus

かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

注: これは、マイクロソフト サポートの組織内から直接作成した「高速公開」の資料です。としてでは、ここに含まれる情報が提供されている-は、新たな問題に対応します。速やかに利用できるようにした結果として、内容には誤植が含まれている可能性があり、事前告知なしで改訂する場合があります。その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×