注意事項

マイクロソフトでは、セキュリティ上の懸念から、System.Web.UI.WebControls.PasswordRecovery は安全ではないコントロールであると宣言しています。  そのため、使用しないことをお勧めします。 

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。この脆弱性により、特別に細工された Office ファイルをユーザーが開いた場合にリモートでコードが実行される可能性があります。 これらの脆弱性の詳細については、次のセキュリティ アドバイザリを参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016 がインストールされている必要があります。  

このパブリック更新プログラムは SharePoint Server 2016 の Feature Pack 2 を提供します。 Feature Pack 2 には次の機能が含まれています。

  • SharePoint Framework (SPFx)

このパブリック更新プログラムは、以下の機能を含め、SharePoint Server 2016 Feature Pack 1 に含まれていたすべての機能も提供しています。

  • 管理操作ログ

  • MinRole の強化

  • SharePoint カスタム タイル

  • ハイブリッド分類

  • SharePoint オンプレミス用 OneDrive API

  • OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンス (ソフトウェア アシュアランス ユーザーが利用可能)

OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンスを使用するには、このエクスペリエンスを有効にする時点でソフトウェア アシュアランス契約が有効である必要があります。契約を有効にするには、パブリック更新プログラムをインストールするか、手動で有効にします。 OneDrive for Business を有効にする時点でソフトウェア アシュアランス契約が有効ではない場合は、OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンスをオフにする必要があります。

詳細については、次の Microsoft Docs の記事を参照してください。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムは、共同編集セッションで CoauthoringVersionPeriod 値が考慮されない SharePoint Server 2016 の問題を修正します。 この更新プログラムがインストールされた後、既定で CoauthoringVersionPeriod30 分に設定されます。 共同編集セッションでファイルを開いたときに、ファイルの新しいバージョンが自動的に作成されることはありません。 バージョンの作成要件ごとに CoauthoringVersionPeriod の値を変更できます。

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、Project Server 2016 の次の問題も修正されます。

  • タイムシートが送信されると、[レポート (タイムシートの保存)] キュー ジョブが作成されます。 ただし、このジョブの実行は非常に遅くなることがあります。 これにより、キュー ジョブのバックアップが作成され、その他のパフォーマンス低下の問題が発生します。

  • タイムシート ビューまたはタイムシート ビューが多数ある Project Web App インスタンスでは、タイムシート ビューを作成したり、既存のタイムシート ビューを変更したりすると、タイムアウトが発生する場合があります。 これにより、タイムシートを作成することや、既存のタイムシートを開くことができなくなる可能性があります。

この更新プログラムの既知の問題

問題
100 MB を超えるファイルをドキュメント ライブラリにアップロードすると、エラーが発生することがあります。

解決方法
この問題を解決するには、KB 4486753 をインストールします。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2020 年 11 月 11 日」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 4486677 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名

SHA1 ハッシュ

SHA256 ハッシュ

sts2016-kb4486717-fullfile-x64-glb.exe

C9E17D1C8524D2132B308BF66A088C83E953942E

AD27EC3ECFF6C2A4A6940998DD27871710CFFD49C431AD0B6107C19FFEF46C34


ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (4486717) に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

保護とセキュリティに関する情報

オンライン環境で身を守る: Windows セキュリティ サポート

サイバー脅威を防ぐ方法の詳細: マイクロソフト セキュリティ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×