概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft SharePoint スプーフィングの脆弱性、SharePoint リモート コード実行の脆弱性、および SharePoint 情報の漏えい脆弱性を解決します。これらの脆弱性の詳細については、次のセキュリティ アドバイザリを参照してください。

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016 がインストールされている必要があります。

このパブリック更新プログラムは、SharePoint Server 2016 の Feature Pack 2 を提供します。Feature Pack 2 には、次の機能が含まれています。

  • SharePoint Framework (SPFx)

このパブリック更新プログラムは、以下の機能を含め、SharePoint Server 2016 Feature Pack 1 に含まれていたすべての機能も提供しています。

  • 管理操作ログ

  • MinRole の強化

  • SharePoint カスタム タイル

  • ハイブリッド分類

  • SharePoint オンプレミス用 OneDrive API

  • OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンス (ソフトウェア アシュアランス ユーザーが利用可能)

OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンスでは、パブリック更新プログラムのインストールまたは手動による有効化によって、エクスペリエンスが有効になっている時点でアクティブなソフトウェア アシュアランス契約が必要です。有効にした時点でアクティブなソフトウェア アシュアランス契約を契約しない場合は、OneDrive for Business のモダン ユーザー エクスペリエンスをオフにする必要があります。

詳細については、次の Microsoft Docs の記事を参照してください。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、SharePoint Server 2016 のセキュリティ以外の次の問題が修正されます。

  • サーバー管理者のバックアップと復元機能を使用して未接続のコンテンツ データベースの Web アプリとサイト コレクションを参照しているときに、ポート番号を含むホスト ヘッダー サイト コレクションを選択すると、空白の画面が生成されます。

  • RSS ビューアー Web パーツの破損の問題が修正されます。

  • ドキュメント ライブラリの吹き出しの省略記号のドキュメント URL がホスト名のサイト コレクションに正しく表示されない問題が修正されます。

  • データベース内のユーザーの情報が、別のデータベース内に同じ tp_Id を持つ別のユーザーに置き換えられる問題が修正されます。

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、Project Server 2016 のセキュリティ以外の次の問題も修正されます。

  • Project Web App で重複したビューが作成されても、エラー メッセージ プロンプトは表示されません。

  • タスクの割り当て作業が > 0 に増加し、タスクがマイルストーン (期間が 0) である場合、タスクの開始/終了日が間違っています。この問題は、KB 4486753 をインストールした後に発生します。

この更新プログラムの既知の問題

  •             問題 1

    カスタマイズした SharePoint ページで SPWorkflowDataSource または FabricWorkflowInstanceProvider ユーザー コントロールを使用している場合、これらのページの一部の関数が機能しない可能性があります。

                解決方法

    この問題を解決するには、KB5000640 を参照してください。

  •             問題 2

    ドキュメント ID 機能が有効になっている場合、ドキュメント ライブラリの吹き出しの省略記号のドキュメント URL に DocID クエリ文字列パラメーターが表示されません。

                解決方法

    この問題を解決するには、KB 4493232 をインストールします。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Windows Update から入手できます。自動更新を有効にした場合、この更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、「Windows Update:よくあるご質問」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

スタンドアロンの更新プログラム パッケージは、Microsoft ダウンロード センターから取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2021 年 2 月 9 日」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 4493163 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

ファイル名

SHA1 ハッシュ

SHA256 ハッシュ

sts2016-kb4493195-fullfile-x64-glb.exe

3D28082274B37BF4F2DE1AD7B0BA0E666D6A9141

B61789E77DCC0396459480B6B160FE4ACCDB49F94A1CCA7FBC43FFFC35E36079

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (4493195) に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

保護とセキュリティに関する情報

オンラインでの自分の保護: Windows セキュリティのサポート

サイバー脅威から保護する方法についての説明: Microsoft セキュリティ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×