SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (Sts x none.msp): 2012 年 3 月 7 日


概要

この資料では、2012 年 3 月 7 日の日付は、SharePoint Foundation 2010 修正プログラム パッケージで修正される Microsoft SharePoint Foundation 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 次のような状況を考えます。

    • 着信の電子メール機能を有効にして、SharePoint Foundation 2010 のお知らせリストの警告を設定します。

    • お知らせのリストに HTML コンテンツを含む電子メール メッセージを送信するとします。

    • お知らせのリストでリスト アイテムを作成した後、警告の電子メール メッセージが表示されます。


    このシナリオでは、警告の電子メール メッセージ内の HTML コンテンツが正しくありません。

  • SharePoint Foundation 2010 ファームに固有のアクセス許可を使用して作成された一部の web ページが含まれていると仮定します。SharePoint ファームから別の SharePoint ファームにコンテンツ展開を実行するときに新しいファーム内の web ページには固有のアクセス許可はありません。

  • SharePoint Foundation サイト上のデータ フォーム Web パーツ (DFWP) を使用して大規模な .xsl ファイルを開くしようとするとき、DFWP では、このファイルは表示されません。

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Foundation 2010 での一致を実行するクレーム プロバイダーを作成するとします。

    • SharePoint Foundation 2010 ファームにクレーム プロバイダーを登録するとします。

    • ユーザーの選択コントロール内のテキスト ボックスに登録されているユーザー名のような名前を入力します。

    • [名前の確認] ボタンをクリックして、赤の下線付きで入力した名前が表示されます。

    • 名の上には、マウス ポインターを置きます。

    このシナリオでは、入力した名前のような登録済みのユーザー名の候補が表示されます。ただし、候補が表示されない必要があります。

  • EventDeliveryFailedExceptionエラーでは、サポート技術情報 (KB) の資料 2553050 の descripted は、8 月の累積的な更新を適用した後、SharePoint Foundation 2010 でエラーが発生するワークフローが発生します。

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Foundation 2010 でチェック ボックスとして表示されるはい/いいえの列が含まれるタスク ・ リストを作成します。

    • タスク一覧には、いくつかのリスト項目を追加します。はい/いいえ] チェック ボックスは、いくつかのリスト項目で選択され、いくつかのリスト項目がオフになっています。

    • タスク リストのガント ビューを作成するとします。

    • ガント チャート] ビューを表示するとします。

    このシナリオでは、すべてのリスト アイテムで、[はい/いいえ] チェック ボックスが選択されます。

  • ドキュメントの下書きバージョンは、ドキュメント ライブラリ内のドキュメントの最新の発行済みバージョンに復元できません。

  • ドキュメント ライブラリでアイテムを編集できるユーザーのユーザーのみアイテムを参照するすべてのユーザーから、下書きアイテムのセキュリティ設定を変更することを想定しています。次に、増分クロールを実行します。このような場合は、ユーザーが読み取りアクセス権ができる検索結果のドキュメントの下書きが表示されます。

  • Web アプリケーションで web ページは読み込み時間がかかる、NTLM 認証プロトコルを使用する web アプリケーションでクレーム ベースの認証モードが設定されている場合。

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Foundation 2010 サーバーに SharePoint Server 2007 サーバーをアップグレードするとします。

    • SharePoint web ページで既存のコンテンツ エディター Web パーツを編集するとします。

    • コンテンツ エディター Web パーツ内のコンテンツにスタイルを適用しようとするとします。

    このシナリオでは、コンテンツには、スタイルが適用されません。

  • 次のような状況を考えます。

    • Outlook 2010 では必須の出席者を会議出席依頼を作成します。

    • SharePoint サイトで会議ワークスペースを作成するのにには、Outlook 2010 を使用します。

    • 会議出席依頼を送信するとします。

    • SharePoint サイトで会議ワークスペースを表示します。

    このシナリオでは、必須出席者が任意出席者として表示されます。

  • 次のような状況を考えます。

    • サブサイトのサイト コレクション内のドキュメント ライブラリからファイルをチェックするとします。

    • ローカルの下書きフォルダーを使用する] チェック ボックスを選択します。

    • ドキュメント リボンのチェック アウトの破棄] ボタンをクリックするとします。

    このシナリオでは、エラーが発生します。

  • この修正プログラムは、 UsageDatabaseプロパティ内のRequestUsageテーブルにHeadersForwarded列を追加します。

  • フォーマット関数は、[地域の設定] ページで、ロケール機能を変更すると、SharePoint Foundation 2010 では不適切な値を返します。

  • 次のような状況を考えます。

    • ルックアップ列とドキュメント ライブラリ内の値を必要とする列を作成するとします。

    • ユーザー設定のリストから情報を取得するルックアップ列を構成するとします。

    • ドキュメント ライブラリにドキュメントをアップロードします。

    • ルックアップ列の値を選択して、値を必要とする列をドキュメントのアップロードのフォームには空のままにします。

    • フォームを保存して、値を必要とする列に値を入力するように求めされます。

    • 列に値を入力し、フォームを保存します。

    • アップロードしたドキュメントのプロパティを表示するとします。

    このシナリオでは、ルックアップ列で選択した値は表示されません。

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Foundation 2010 では、フランス語のサイト コレクションを作成します。

    • .Pdf ファイルは、フランス語のサイト コレクション内のドキュメント ライブラリにアップロードします。

    • チェック アウトし、ファイルを編集します。

    • ファイルをチェックインしようとするとします。

    この場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

    Acrobat は、ネットワークにアクセスできません。コンピューターのネットワーク接続を確認してもう一度やり直してください。

  • ドメイン セキュリティ グループを追加するには SharePoint Foundation 2010 でサイト コレクションの管理者として、ドメインのセキュリティ グループは SharePoint サーバーによって認識されません。

  • 次のような状況を考えます。

    • サイト コレクション内には、2 つのドキュメント ライブラリを作成します。ドキュメント ライブラリ A および B. のドキュメント ライブラリを作成するたとえば、

    • サイト コレクションのコンテンツ オーガナイザー機能を有効にするとします。

    • A、ドキュメントをドキュメント ライブラリにアップロードして、B. 文書をドキュメント ライブラリに送信するのには、[送信] コマンドを使用します。

    • A、同じドキュメントにドキュメント ライブラリにアップロードして、B. 文書をドキュメント ライブラリに送信するのには、[送信] コマンドを使用します。

    A. のドキュメント ライブラリ内の別の名前のこのシナリオでは、同じドキュメントが表示されます。

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Foundation 2010 サイトでアンケートを作成するとします。

    • アンケートに質問を作成して、外部のデータ型として、質問への答えを設定します。

    • 次の質問] をクリックするとします。

    このシナリオでは、エラーが発生します。

  • 編集コントロール ブロック (ECB) メニューは、ドキュメント ライブラリの [名前] 列でのみ動作します。この問題は、リスト アイテムの ECB メニューを表示したときに発生します。

  • 次のような状況を考えます。

    • ドキュメント ライブラリにフォルダーを作成するとします。

    • RSS を有効にする設定を構成する、ファイルを直接リンク RSS アイテムですか?ドキュメント ライブラリのオプションです。

    • フィード] ページを表示するとします。

    このシナリオでは、フォルダーへのリンクが正しく表示されない"http://defaulturi"とします。

  • リスト アイテム、ドキュメント ライブラリ内の複数のバージョンがあることを想定しています。列の ECB メニューの [エントリの表示コマンドをクリックすると、すべてのリスト アイテムのバージョンは、リスト項目の最新バージョンをポイントします。

  • 次のような状況を考えます。

    • 検索サービス アプリケーションでは、コンテンツ ソースを作成します。

    • クロール設定を構成し、各開始アドレスのサイト コレクションのみをクロールする] オプションを選択します。

    • SharePoint のセキュリティ グループからユーザーを削除するとします。

    • 増分クロールを実行するとします。

    このシナリオでは、ユーザーは SharePoint のセキュリティ グループから削除されません。

  • ドキュメント ライブラリ内のいくつかのドキュメントに対するアクセス許可を読んだことを想定しています。ただし、ドキュメント ライブラリの読み取りアクセス許可がありません。機能を使用する、表示ビューの SharePoint ドキュメント ライブラリを表示するアクセス許可を読み取り、特定のドキュメントは表示されません。

  • InfoPath フォームを含む外部リストを作成して、InfoPath フォームでは、Business Connectivity サービス (BCS) を使用して、外部システム内の取引先担当者エンティティを接続することを想定しています。InfoPath フォームを使用して連絡先を作成するときに例外が発生します。

  • Windows Internet Explorer 10 を使用して、SharePoint ドキュメント ライブラリ、インターネット エクスプ ローラー 10、および Office アプリケーションに含まれる文書を開くときは、予期せずドキュメント両方ダウンロードします。

  • 次のような状況を考えます。

    • サイト コレクションの監査設定を構成します。

    • サイト コレクションにユーザーを追加して、ユーザーを削除します。

    • 監査ログ レポートを表示するとします。

    このシナリオでは、サイトからユーザーのアクセス許可を削除する操作は監査ログ レポートにはログインしていません。

  • Microsoft Word 2010 を使用して、ドキュメント ライブラリでドキュメントを開く、ドキュメント内のハイパーリンクが破損しています。この問題は、具体的には、サーバーまたはクライアント オブジェクト モデルを使用してドキュメント ライブラリ内のフィールドが更新されたときに発生します。


解決策

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×