SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (Wss x none.msp): 2012 年 8 月 28 日

概要

この資料では、2012 年 8 月 28 日の日付は、Microsoft SharePoint Foundation 2010 修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • アンケート リスト内のフィールドの入力規則の設定には、検証規則を構成することを想定しています。フィールド内の値が、入力規則を満たさない場合は、「リストのデータ検証に失敗しました」エラー メッセージが表示されます。ただし、入力規則の設定で構成したカスタム エラー メッセージが表示されます。

  • ドキュメント ライブラリ内の 2 バイト文字セット (DBCS) 文字を含むドキュメントを選択することを想定しています。リボンの [コピーの管理] ボタンをクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    予期しないエラー

  • 次のような状況で問題が発生します。

    • SharePoint Foundation 2010 では、wiki ページ ライブラリを作成します。

    • インライン編集機能と、[wiki ページ ライブラリの [ビュー] ウィンドウで [グループ化] 機能を有効にするとします。

    • カテゴリを展開する、グループ化されたページのライブラリを表示します。

    このシナリオでは、ページ ビューのすべてのフィールドには、赤い X が含まれています。

  • 次のような状況で問題が発生します。

    • ドメイン (ドメイン A) で別のドメイン (ドメイン B) 内の SharePoint サイトにユーザー アカウントを追加するとします。

    • ユーザー アカウントをドメイン A からドメイン B に移行します。

    • ドメイン B 内のユーザー アカウントを無効にします。

    • SharePoint サイト上のユーザー アカウントを検索するには、ユーザー選択ウィンドウ コントロールを使用します。

    このシナリオでは、アクティブなユーザー アカウントと無効なユーザー アカウントの両方が表示されます。

  • 次のような状況で問題が発生します。

    • SharePoint サイト上には、2 つのユーザー設定リスト (ユーザー設定のリスト 1 とユーザー設定のリスト 2) を作成します。

    • ユーザー設定リスト 1 と 2 のユーザー設定リストで、同じ一覧項目を作成します。

    • 2 のユーザー設定のリストでリスト アイテムを更新するのには 2 つの「リスト アイテムの更新」アクションを含むワークフローを作成します。

    • ユーザー設定リスト 1 では、ワークフローを関連付けます。

    • 1 のユーザー設定リストにワークフローを開始するとします。

    このシナリオでは、次のエラー メッセージが統合ログ サービス (ULS) ログに記録されます。

    競合を保存します。変更内容は、他のユーザーによって同時に行われたものと競合します。変更を適用する場合は、Web ブラウザーの戻るをクリックしてページを更新、変更内容を再送信します。

  • SharePoint Foundation でサイト テンプレートを保存すると、リストの設定の項目レベルのアクセス許可が失われます。

  • サブサイトの所有者は、_layouts ディレクトリ内の People.aspx のページでユーザー名をクリックすると、サブサイトの所有者は、UserDisp.aspx のページへのアクセスが拒否されます。

  • ロード バランサーは、SharePoint Foundation 2010 で予期しないデータ構造として、 SortedDictionary構造体を使用します。

  • SharePoint サイト上のブログの投稿にコメントを追加し、コメントを削除すると、ブログの投稿は、サイトから削除されます。

  • ディスカッション スレッド内の返信の承認ステータスを変更すると、電子メール メッセージをディスカッション スレッドのタイトルが正しく表示されない、件名と見出しに送信されます。

  • SharePoint web ページには、予定表 web パーツおよび [ガント チャート] ビューが含まれている、予定表 web パーツで、前後の矢印は機能しません。

  • 1万人以上のリスト項目を含むリストは、ワークフローに関連付けられているが、リストにリスト アイテムを追加するのには予想よりも長くかかります。

  • ガント チャートを含む SharePoint サイトをクロールしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    クロールされている SharePoint アイテムは、アイテムをダウンロードするときにエラーを返しました。

  • ソース サイト コレクションのマスター ページを編集し、コンテンツ展開インポート ジョブを開始すると、コンテンツ展開インポート ジョブが失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    FatalError: 値を null にすることはできません。パラメーター名: fileUrl

  • この問題は、2012 年 4 月 24 日にリリースされた SharePoint Foundation 2010 の累積的な更新を適用した後に発生します。この累積的な更新の詳細については、次の資料番号をクリックします。

  • SharePoint Foundation 2010 の累積的な更新プログラム パッケージ (SharePoint Foundation サーバー パッケージ) のの説明: 2012 年 4 月 24 日

  • 多くの時間を編集したファイルが格納されている SharePoint サイトを削除した後、ファイルのバージョン履歴はデータベースから削除されません。

  • MIME 形式のマルチパート電子メール メッセージで添付ファイルを送信するとき、添付ファイルはドキュメント ライブラリに追加されません。

  • 複数値ルックアップ フィールドをドキュメント ライブラリから別のドキュメント ライブラリには、ドキュメントをコピーすることを想定しています。ドキュメントのコピー元のバージョンでルックアップ フィールドを編集しようとすると、エラーが発生します。

  • 次のような状況で問題が発生します。

    • リストを参照するルックアップ列を含むリストを作成します。

    • リストでコンテンツの承認機能を有効にするとします。

    • 参照データを複数のリストからSPSiteDataQueryメソッドを使用するとします。これには、作成したリストが含まれます。

    このシナリオでは、エラーが発生します。

  • SharePoint Foundation 2010 のドキュメント ライブラリでバージョン管理機能が有効なときにストレージ メトリック ページ正しく表示されません、ドキュメントの合計サイズ。

  • SharePoint 2007 サイト上のコンテンツ タイプにイベント レシーバーを追加し、SharePoint Foundation 2010 サイトにサイトをアップグレードすると仮定します。この状況では、イベント レシーバーを削除できません。

  • 別のドメイン (ドメイン B) を信頼しているドメイン (ドメイン A) で、SharePoint server がインストールされていると仮定します。さらに、別のサブネットでは、ドメイン A とドメイン B と、Windows インターネット ネーム サービス (WINS) が配置されていないことを想定しています。この状況では、SharePoint サイト上のユーザー選択ウィンドウ コントロールには、ドメイン B のユーザーを追加できません。

  • ごみ箱に削除した web サイトが含まれている場合は、SharePoint Foundation 2010 ではオンラインで使用できるように設計された機能を照会できません。

  • SharePoint サーバーがホストする、リサイクルのサイトに属しているいくつかのグループと、リサイクルのサイトを削除することを想定しています。このような場合は、サイトに関連付けられているグループが削除され、グループ内のユーザーは、グループを使用する他のサイトにアクセス権を失います。

  • SharePoint Foundation 2010 サーバー上で、ノルウェー語、フィンランド語、またはスウェーデン語の言語パックをインストールした後は、120 文字を超える新しい web ページの名前を作成できません。

  • SPUserCodeWebPartRemoteExecutionHelper.cs:ExecuteRequestInSandBox()例外が発生すると、ユニファイド ログ サービス (ULS) ログにログ エントリは記録されません。

  • HTML リッチ テキスト エディターへの無効な入れ子になったマークアップには HTML コードを追加することを想定しています。[保存] を別の場所で編集すると、コンテンツに空白行を追加するのには、リッチ テキスト エディターが起動します。さらに、この動作を停止する唯一の方法は、ソース エディターで手動でマークアップを編集するのには。

  • ネットワークの信頼関係を持つ多くのサーバーがあることを想定しています。このような場合は、アプリケーション プールをリサイクルした後、サイトを開くと、サーバーの全体管理サイトの読み込みに時間がかかります。呼び出しにすべての信頼されたドメインを検索するのに数分がかかるために、この現象が発生します。

  • カスタムの SharePoint リストに複数の項目を追加すると、イベント レシーバーが動作しません。たとえば、サンド ボックス サービスがタイムアウトになります。

  • SharePoint Foundation 2010 の SharePoint リスト アイテムを保存するときは、「リスト項目可能性がありますいないを挿入または更新」のエラー

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×