この資料では、2014 年 11 月 11 日の日付は、SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。修正プログラムを入手するのには修正プログラムをダウンロード利用」ボタンをクリックします。この修正プログラムには、前提条件があります。

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • アップロードまたは、SharePoint Server 2010 のフォルダーからファイルをダウンロードすることを想定しています。フォルダーのパスは、サポートされている長さを超えている場合は、ユニファイド ログ サービス (ULS) ログに PathTooLongException エラー メッセージが表示されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 898326 (Office14)

  • SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリの管理メタデータの列を作成することと、列の名前にスペースが含まれることを想定しています。定義されている同じ列を持つ別のライブラリにドキュメント ライブラリからドキュメントをコピーするときに列の値が空です。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 898894 (Office14)

  • Google のクロムのブラウザーを使用して、SharePoint Server 2010 サイトを参照することを想定しています。サイトの操作] をクリックして >サイトのアクセス許可>アクセス許可を付与し、アドレス帳アイコンをクリックします。選択のユーザーとグループ] ダイアログ ボックスは、ユーザーを選択し、[追加] をクリックします。このような状況では、ユーザーがエンティティの選択で 2 回を追加します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 899639 (Office14)

  • SharePoint Foundation 2010 サイトのツリー ビューを有効にすることを想定しています。お知らせリストを参照するときは、項目が含まれていないとお知らせリストを開くことができませんが、エラー ページが表示されることがあります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 899878 (Office14)

  • SharePoint Foundation 2010 サーバー上で 9 月の 2014年の累積的な更新プログラムをインストールした後は、Psconfig コマンド ライン ツールを使用して SharePoint Foundation 2010 ファームにサーバーを追加できません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    以下は、< コンピューター名 > ではありません。
    Microsoft SharePoint Server 2010 (KB2863913) 64 ビット版の修正プログラム

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 900070 (Office14)

  • (この操作を行うし、バージョン管理の設定] ページで、[メジャー バージョンを作成する] オプションのチェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックして) を SharePoint Foundation 2010 のドキュメント ライブラリのドキュメントのバージョン履歴機能を有効にすることを想定しています。このような場合は、ドキュメント ライブラリにドキュメントをアップロードすると、 [コメント] フィールドのセット (DBCS) 文字を 2 バイト文字の入力の多く表示される次のエラー メッセージの文字数がフィールドの最大長に到達しない場合でも。

    (1023) を [コメント] フィールドの許容最大長を超えています。[コメント] フィールドに含まれるテキストの量を削減してからやり直してください。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 899255 (Office14)

  • 保留中のリンクの修正操作を持つ SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリを作成して、フィックス アップの前にライブラリから元のリンクが含まれる列を削除することを想定しています。このような場合は、ライブラリを参照すると、SQL サーバーに正しくない SQL コマンドが実行されます。さらに、次のようなエラー メッセージが ULS ログに記録されます。

    2014/09/03 15:39:41.56 w3wp.exe (0x0CB8) 0x0B68 SharePoint Foundation データベース 5586 重要な不明な SQL 例外 207 が発生しました。以下は、SQL Server からの追加のエラー情報が含まれます。無効な列名 ' < 列名 >' です。97be9128-d6ca-483a-b59b-f44e960ac620

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 899934 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint 2010 発行サイト コレクションを作成するとします。

    • サイト コレクションで新しいサイトを作成して、サイトを作成するときは、固有のアクセス許可を使用] オプションを選択します。

    • MigrateUserAccount Windows PowerShell のメソッドを使用してユーザーを移行します。

    • 管理のコンテンツと構造] ページを参照して、新しいサイトのコピーを作成します。

    このシナリオでは、移行するユーザーはすべてのグループ メンバーシップから予期せず削除されます。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 898184 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • データ フォーム Web パーツを SharePoint 2010 の発行サイトのページに追加して公開し、ページを承認します。

    • 編集して、ページに変更を加えるを保存し、ページをチェックインします。

    このシナリオでは、異なるアクセス許可レベルを持つユーザーがページを訪問すると、可能性がありますパフォーマンスの問題が発生します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 899483 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • インストールし、Microsoft SharePoint 2010 ファームをサポートする Microsoft SQL Server 2008 R2 Express データベース サーバーのリモート BLOB ストレージ (RBS) を構成します。

    • SharePoint サイト コレクションを含むコンテンツ データベースに対して RBS を有効にします。

    • 宣言型ワークフローを発行するには、サイト コレクションの SharePoint ライブラリにします。

    • ワークフローを開始するなどの SharePoint ライブラリにドキュメントをアップロードしています。

    • リモート blob を格納するために使用されるボリュームにアクセスできなくなったのです。

    • SharePoint サイト コレクションを保持する web アプリケーションのアプリケーション プールをリサイクルするとします。

    • SharePoint ライブラリの [ワークフロー設定] ページを参照します。

    このシナリオでは、ワークフローが削除されます。さらに、ワークフローに関連付けられているタスクも削除されますがあります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 899714 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリにユーザーにフル コントロール アクセス許可を付与するとします。

    • ドキュメント ライブラリは、その親からアクセス許可を継承しません。

    • ドキュメント ライブラリには、ユーザーまたはグループの列を追加します。

    • ドキュメント ライブラリのパブリック ビューを作成して、リストからいくつかのアイテムを非表示にフィルターを追加します。

    • ドキュメント ライブラリに列を追加するとします。

    このシナリオでは、ユーザーがパブリック ビューを更新すると、重複するアイテムはドキュメント ライブラリにあります。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 898896 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • 親サイトからアクセス許可の継承を停止するのには、SharePoint 2010 のサブ サイトを構成するとします。

    • サブ サイトからアクセス許可の継承を停止するのには、サブ サイトの SharePoint ドキュメント ライブラリを構成するとします。

    • ドキュメント ライブラリでドキュメント ライブラリからアクセス許可の継承を停止するには、ドキュメントを構成します。

    • サブ サイトが親サイトから権限を継承するためのアクセス許可の継承を復元するとします。

    このシナリオでは、黄色のステータス バーには、次の情報が表示されます。

    このリストのいくつかの項目には、固有のアクセス許可は、このページからは制御できない可能性があります。このリストの一意にセキュリティで保護されたアイテムを表示します。このライブラリには、固有のアクセス許可があります。

    さらに、このリストのアイテムを一意に保護 [アニメーションの表示] をクリックした場合、ボックスの一覧で、予想されるドキュメント ライブラリが表示されます。リスト内のドキュメント ライブラリの右側にある例外を表示] をクリックする場合がある項目は表示されません。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 899394 (Office14)

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint 2010 ドキュメント ライブラリに新しい列を追加します。

    • 新しい列の入力規則の数式を追加するとします。

    • ドキュメント ライブラリに新しいドキュメントを追加して、新しい列に有効な値を入力します。

    • 新しい列の入力規則の数式を変更するは、元の数式を実行できないようにします。

    • 新しいドキュメントのドキュメント プロパティを編集して、新しい入力規則の数式を有効になるため、新しい列の値を更新します。

    このシナリオでは、ドキュメントのプロパティを保存できません。さらに、次のようなエラー メッセージが ULS ログに記録されます。

    2014/09/19 15:39:45.76 w3wp.exe (0x25F8) SharePoint Foundation の一般的な 8khx の 0x1420 高エラー"[再現] - [列の検証に失敗しました。]"人事部と: エラー スレッドのコンテキストでの-2130208766 と交換する"再現とビジネスへの影響の Statement.docx で 19 < ユーザー名 > で変更されたファイル 9 月 2014 12:58:18-0500。"人事部と:-2130245375。2 番目のエラーを交換する前に、最初のエラーを消去されませんでした。ccf42c63-036a-4ea7-986e-4723505ad128

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 900045 (Office14)

修正プログラムを入手する方法

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載された問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×