概要

マイクロソフトでは、Microsoft SharePoint Foundation 2013 用の更新プログラムをリリースしました。この更新プログラムには、SharePoint Foundation 2013 の最新の修正プログラムが用意されています。さらに、この更新プログラムには、安定性とパフォーマンスの向上が含まれています。


注:

  • この累積的な更新プログラム パッケージには、サーバーのすべてのコンポーネント パッケージが含まれています。さらに、この累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新します。

  • パッケージの設定の変更は、SharePoint Server 2013 のリリース後に導入されました。SharePoint の新しい更新プログラムをインストールする前に、この更新プログラムをインストールする必要があります。

  • 重要 1 台のサーバー SharePoint ファームまたはサービスの検索アプリケーション トポロジの役割は、SharePoint サーバーの累積的な更新プログラムをインストールすると、次のマイクロソフト web サイトに記載されている手順を従う必要があります。

    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=279911

  • この更新プログラムを適用した後は、SharePoint 2013 の製品構成ウィザードを実行する必要があります。

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • SharePoint Server 2013 には、Microsoft SharePoint Server 2010 をアップグレードすることを想定しています。この状況では、コミュニティのディスカッションの投稿を作成する場合、フィードの通知は [個人用サイト] ページで、表示されません。

  • Active Directory ドメイン サービス (AD DS) から、ユーザーのプロフィールの画像を削除することを想定しています。次に、ユーザー プロファイルの同期は、SharePoint Server 2013 に AD DS から実行します。このような場合は、ユーザーのプロフィールの画像は、SharePoint Server 2013 からは削除されません。

  • SharePoint Server 2013 ベースのサーバーに SharePoint Server 2010 コンテンツ データベースを接続することを想定しています。このような場合は、SharePoint Server 2013 ベース サーバーで、サイト コレクションをアップグレードすると、画像ライブラリは更新されません。

  • ビルドへのインプレース アップグレードを実行した後は、アプリケーション プール アカウント以外のアカウントには、 SPDataAccessとSPReadOnlyの役割が失われます。

  • SharePoint Server 2013 ベースのサーバー上で検索を実行すると、サーバーのパフォーマンスに関する問題が発生します。

  • Microsoft Azure SQL データベース (SQL Azure では以前) を使用する Access Services を構成するときにデータベース接続可能性がありますタイムアウトが早すぎます。

  • 次のような状況を考えます。

    • テーブル内の脚注参照を含む Microsoft Word 2013 ドキュメントを開くとします。

    • テキストの方向] をクリックし、垂直方向の [ページ レイアウト] タブで [ページ設定] セクションをクリックします。

    • 文書の末尾までスクロールするとします。

    このシナリオでは、表の下にいくつかのページが表示されないことがあります。

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Server 2013 では、コミュニティ サイトを作成します。

    • SharePoint ファームを設定するには、低い特権の構成を使用します。

    • コミュニティ サイトに新しいディスカッション投稿を作成するとします。

    • 個人用サイトのページで、[個人用ニュースフィード] セクションを表示します。

    このシナリオでは、ディスカッションの投稿のフィードの通知は、[個人用ニュースフィード] セクションには表示されません。

  • 出力キャッシュ機能は、SharePoint Server 2013 のサイト上のページでは動作しません。この問題は、ページにコンテンツを検索 (CBS) の web パーツが含まれている場合に発生します。

  • SharePoint Server 2013 ベースのサーバーでサイトを作成するサイト間での発行機能を使用することを想定しています。サイトで検索を実行すると、検索結果の数、予想される数より大きい値です。

  • 次のような状況を考えます。

    • Word 2013 では、Word 文書を開きます。

    • Word 文書には、いくつかの図形や図が含まれています。

    • Word 文書内の図または図形のいずれかを右クリックします。

    • 図形の頂点の編集をクリックします。または、テキストの折り返し] をポイントし、図の折り返し点の編集] をクリックします。

    このシナリオでは、Word 文書から他の図形や画像が消えることがあります。

  • 複雑なクエリを実行した場合、または大量の Microsoft Access 2013 内のデータをインポートするときは、次のエラー メッセージが表示されます。

    システム リソースの超過

    注: このバグには、レジストリの情報が必要があります。

  • SharePoint Server 2010 web ページで、アプリケーションの部分のサイズを変更しようとすると、JavaScript のエラー メッセージが表示されます。この問題は、 [なし]にアプリケーションのパーツのクロムの種類プロパティの値を設定した後に発生します。

  • Microsoft Outlook 2013 で、または Outlook の以前のバージョンで中国語の太陰暦を使用する場合は、旧暦の日付が正しくとしてグレゴリオ暦の日付が表示されます。たとえば、グレゴリオ暦の日付 2013 年 6 月 8 日として表示されます旧暦 4/30 5 月 1 ではなく。

  • [信頼済みサイト] ボックスの一覧に含まれていない SharePoint サイトにアクセスすることを想定しています。サイト上のアイテムを検索しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    表示用のテンプレートでは、エラーが発生をしました。テンプレートを修正するか、Web パーツのプロパティまたは検索結果の種類のいずれかで使用されている表示用のテンプレートを変更することによって修正できます。

  • SharePoint 2010 モードのサイト コレクションで SharePoint Server 2013 で Silverlight web パーツを編集することはできません。

  • SharePoint Server 2013 で多くの列を含むリストの検索クロールを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    ファイル名または拡張子が長すぎます

  • SharePoint 2010 モードのサイトでグループの予定表で会議を作成するときにデフォルトの値、[出席者] フィールドは塗りつぶされません。

  • SharePoint Server 2010 サイトに無効な URL をポイントするためのナビゲーション リンクが含まれていると仮定します。SharePoint Server 2013 に SharePoint Server 2010 をアップグレードした後、サイトにアクセスすることはできません。

  • ユーザー A は、別の SharePoint ファームでは、ユーザー B を参照している投稿を作成するとき、ユーザー B は、通知の電子メール メッセージを受け取りません。

  • Microsoft Project Server 2013 のサーバーにワークフローを公開しない、Project Web App でプロジェクトのエンタープライズ プロジェクトの種類を変更することはできません。

  • 次のような状況を考えます。

    • Microsoft SharePoint Designer 2013 でワークフローを作成するとします。

    • ワークフローを発行して、SharePoint Server 2013 で自動的に開始するワークフローを設定します。

    • ワークフローの状態ページ (Wrkstat.aspx) を表示するとします。

    このシナリオでは、例外メッセージは完全に表示されない [Wrkstat.aspx] ページ。

  • 次のような状況を考えます。

    • Microsoft Office SharePoint Server (MOSS) 2007 で、サイト コレクションを作成します。

    • 仕事は、ユーザーからデータを収集するワークフローを作成するとします。

    • MOSS 2007 は、MOSS 2010 または MOSS 2013 にアップグレードします。

    • 自分にタスクが割り当てられている場合、通知の電子メール メッセージが表示されます。

    • Microsoft Outlook を使用して電子メール メッセージを開くし、ワークフロー タスクの URL を開くにこのタスクを開く] をクリックします。

    このシナリオでは、Windows Internet Explorer が起動します。ただし、次のエラー メッセージが表示されます。

    Web ページが見つかりませんでした。

  • ユーザー設定リストの 2 つの列に複数のフィルターを適用すると、2 番目の列に適用するフィルターだけは、カスタム リスト内のリスト項目に適用されます。

  • SharePoint Server 2013 のサイト上のリストで前提としていますが、別のリストからの項目を参照します。リスト内の項目を表示しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

  • 次のような状況を考えます。

    • 複数値を持つコンテンツ ファームとサービス ファームに SharePoint Server 2010 には、管理されたメタデータ列を追加するとします。

    • SharePoint Server 2013 まで SharePoint Server 2010 からアップグレードするとします。

    • SharePoint Server 2013 で値を検索します。

    このシナリオでは、SharePoint Server 2010 の場合と同様に SharePoint Server 2013 でいくつかの検索結果が表示されますはないです。

  • フォルダーや大規模なリスト上に、SharePoint Server 2013 でワークフローを開始すると、次のエラー メッセージが表示されます。

    問題が発生しました。もう一度ページを再読み込みし、ワークフローを開始します。

  • フォルダーを含むサイトを作成することを前提としていて、サイトをテンプレートとして保存します。新しいサイトを作成するテンプレートを使用しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    予期しないエラーが発生しました

  • SPBasePermission列挙値は、SharePoint のサンド ボックス ソリューション用の 32 ビットから 64 ビットに切り捨てられます。

  • Excel の Web アプリケーションでドキュメントを開いたとき、Agave アプリケーションを起動することはできません。

  • 複数値を持つユーザーまたはグループのフィールドを含むカスタムの SharePoint リストを作成することを想定しています。フィールドに値が含まれていません。データシート ビューのリストに新しい行を挿入しようとすると、Internet Explorer がクラッシュします。

  • SharePoint Server 2013 のサーバーの英語以外のバージョンの Access フォーム内のデータをフィルター処理することを想定しています。このような場合は、SQL Server でフルテキスト検索は正しく機能しません。具体的には、フィルター処理は、低速または戻り値の不完全な結果です。

  • 下位互換性モードで SharePoint Server 2013 の検索センターで検索を実行するときに外 (OOB)] ボックスのサイトの絞り込み条件は、誤った結果を返します。

  • そのゾーン内で web アプリケーションを別のゾーンに拡張すると、ホストされている SharePoint のアプリケーションが正しく動作しない操作を行います。ファームに別の認証方式を必要とする複数のホスト ヘッダー web アプリケーションがある場合は、すべての web アプリケーションのアプリケーションは機能しません。

解決策

インストールの詳細


更新プログラムの入手およびインストール方法

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。


Download 更新プログラム パッケージのダウンロード

注: この更新プログラムはダウンロード センターからのみ利用可能で、現在 Microsoft Update から使用できません。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

Office System TechNet には、全バージョンの Office 用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開のための資料があります。Office システム テックセンターの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Microsoft Office の IT サポートおよびリソース

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×