SharePoint Server 2010 の修正プログラム パッケージ (sts x none.msp): 2011 年 4 月 26 日

概要

この資料では、2011 年 4 月 26 日の日付は、SharePoint Server 2010 の修正プログラム パッケージで修正される Microsoft SharePoint Server 2010 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 以下の事例で説明します。Microsoft SharePoint Server 2010 で有効になっているバージョン管理のあるドキュメント ライブラリをエクスポートするとします。エクスポートの処理中に、インポート プロセスを開始します。具体的には、他のユーザーは、ファイルを更新し、ファイルの新しいバージョンを作成します。このシナリオでは、インポート処理が失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    FatalError: メンバー 'バージョン' は見つかりませんでした。


  • Windows Phone 7 を使用して SharePoint Server 2010 サイトでドキュメントを開くしようとするとき、デスクトップのページが予期せず表示されます。

  • Excel Services アプリケーションの作成プロセスでは、SharePoint Server 2010 のコンテンツ展開処理中に応答を停止可能性があります。

  • SharePoint Server 2010 ファームの特定のコンテンツ データベースへのアクセス許可がないことを想定しています。すべてのコンテンツ データベースに基づく移行ジョブを実行すると、移行を完了できます。ただし、移行が完了した後に、移行が失敗することが求められます。

  • この問題の修正プログラムは、SharePoint Server 2010 Service Pack 1 には含まれません。

  • 次のような状況を考えます。

    • SharePoint Server 2010 のリストの通知警告を設定するとします。

    • 一覧には、複数の値は、メタデータ項目を管理する列が含まれています。

    • リスト内の列には、複数の管理されたメタデータ項目を追加します。


    このシナリオで期待どおりに通知の電子メール メッセージは送信されません。

  • ホストする SharePoint Foundation 2010 環境でフォーム ベース認証 (FBA) ユーザーのセキュリティ トークンの期限が切れることを想定しています。セキュリティ トークン サービスを使用してユーザーを認証しようとするとします。このような状況では、SharePoint Foundation 2010 のページにアクセスしようとしているユーザーにエラー ページが表示されます。

  • サイト データの web サービスは、リスト内のフィールドの内部名に無効な XML 文字が含まれている場合、SharePoint Foundation 2010 での不適切な .xml ファイルを返します。

  • SharePoint Server 2010 の展開先のサイト コレクションに、元のサイト コレクションのコンテンツ展開ジョブを実行することを想定しています。元のサイト コレクションには、100 以上のグループが含まれています。このような場合は、ページャー コントロールは、移行先サイト コレクションの groups.aspx のページでは表示されません。

  • SharePoint Server 2010 のユーザーのみを返すように構成されているユーザーの選択ウィンドウを使用しようとするとします。ただし、ユーザーとグループの両方に、ユーザー選択ウィンドウが表示されます。

  • FBA ユーザーでは、SharePoint Server 2010 を使用するいると仮定します。SharePoint Server 2010 で、セキュリティ トークンが更新されると、お使いのブラウザーに保存されている認証 cookie は更新されません。この状況でする必要がある relog で作業しているサイトにログオンします。

  • この問題の修正プログラムは、SharePoint Server 2010 Service Pack 1 には含まれません。

  • ページの URL HTTPS URL から SharePoint Server 2010 での HTTP URL に切り替えることを想定しています。この状況で、フォームの設定] ページの後にリストをカスタマイズするのには Office InfoPath 2007 を使うことはできません。

  • FBA ユーザー アカウントを使用して SharePoint Server 2010 サイトにログオンしようとするときに、W3wp.exe がクラッシュします。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    SPSecurityTokenService.Issue() が失敗しました: System.Runtime.InteropServices.COMException (0x80049217): パック/アンパックするのにはデータが有効な RPS のデータではありません。  内部エラー: 呼び出しに失敗しました -> UnpackData を spDataCrypt。データが小さすぎます。

    Microsoft.Passport.RPS.Native.IRPSTicket.ProcessToken (サイト名の文字列、文字列の ticketToken) で

    Microsoft.Passport.RPS.RPSTicket.ProcessToken (サイト名の文字列、文字列の ticketToken) で

    Microsoft.Online.SharePoint.IdentityModel.RpsMembershipProvider.ValidateUser (文字列のユーザー名、パスワードの文字列) で

    Microsoft.SharePoint.IdentityModel.SPFormsUserNameSecurityTokenHandler.ValidateToken (SecurityToken トークン) に

    Microsoft.IdentityModel.Tokens.SecurityTokenElement.GetSubject() で

    で Microsoft.SharePoint.IdentityModel.SPSecurityTokenService.SPRequestInfo.ctor (IClaimsIdentity の id、RequestSecurityToken 要求、ブール値の initializeForActor)

    で Microsoft.SharePoint.IdentityModel.SPSecurityTokenService.SPRequestInfo.ctor (IClaimsPrincipal 主、RequestSecurityToken の要求)

    Microsoft.SharePoint.IdentityModel.SPSecurityTokenService.GetTokenLifetime (有効期間 requestLifetime) で

    Microsoft.IdentityModel.SecurityTokenService.SecurityTokenService.Issue (IClaimsPrincipal プリンシパル、RequestSecurityToken 要求) で

    Microsoft.SharePoint.IdentityModel.SPSecurityTokenService.Issue (IClaimsPrincipal プリンシパル、RequestSecurityToken 要求) で


  • この修正プログラムは、SharePoint Server 2010 に listdata.svc データ サービスのエンティティ セット名に対応する SharePoint リストの名前に変換するConvertListTitleToEntitySetNameメソッドを追加します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×