Bug #: 50238(Content Idea)

概要

この更新プログラムで、SQL Server 2014 Service Pack 2 (SP2) または 2016 に新しいプラン表示 XML が追加され、メモリ許可に関連するクエリ実行の問題を解決するためのサポートが改善されます。
SQL Server でメモリ許可の使用量が非効率なシナリオを検出すると、実際のプラン表示 XML に MemoryGrantWarning 要素が追加されます。この要素には、最初の要求、許可済みのメモリ、使用された最大メモリ許可に関する情報が含まれます。この警告の最も一般的なシナリオは、割り当て済みメモリ許可の部分のみをクエリで使用する場合です。他のシナリオはあまりありません。該当する SQL Server の動作は、今後のバージョンで変わる可能性があります。

解決方法

この更新プログラムは、SQL Server の以下の Service Pack に含まれています。

SQL Server 2014 Service Pack 2

SQL Server 2016 Service Pack 1

Service Pack は累積的であり、最新の Service Pack には新しい修正プログラムと共に、それ以前の Service Pack に含まれていたすべての修正プログラムが含まれています。最新の Service Pack と、その Service Pack の最新の累積的な更新プログラムを適用することをお勧めします。最新の Service Pack をインストールする前に、以前の Service Pack をインストールする必要はありません。最新の Service Pack と最新の累積的な更新プログラムについての詳細は、以下の記事の表 1 を参照してください。

SQL Server とそのコンポーネントのバージョン、エディション、更新プログラムのレベルを確認する方法

詳細

The current threshold for "Excessive Grant" usage is 5%.
The "Grant Increase" scenario is possible with batch mode processing which supports dynamic memory grant. Currently the warning will be included if the grant grows, at least, double as the initial grant. The "Used More Than Granted" scenario is generic. However, it's currently very uncommon (mostly associated with batch mode processing also). This may change in future releases.

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

KE: v-fmeng
Author:
Writer: v-juwang
Tech Reviewer: jayc; jackli; v-fmeng;
Editor: v-phoebh

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×