現象

Configuration Manager クライアントは、HTTPS 通信用に構成されている場合、割り当てられた管理ポイントと通信できません。 この問題は、サード パーティの信頼されたルート証明機関がサイト サーバーのプロパティで定義されている場合に発生します。 このような場合は、次のようなエントリが ClientIDManagerStartup.log ファイルに記録されます。

発行者チェーンで証明書を検索すると、エラーが返されました80092004
証明書発行者に基づいて証明書を見つけることができません


解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、Microsoft から入手できます。 ただし、この修正プログラムは、この記事で説明されている問題のみを修正することを目的としています。 この修正プログラムは、この記事で説明されている問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラムは、追加のテストを受ける場合があります。 そのため、この問題の影響を大きく受けない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムを待機することをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロードが可能」セクションがあります。 このセクションが表示されない場合は、Microsoft カスタマー サービスとサポートに問い合わせ、修正プログラムを入手してください。

注: 追加の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス要求を作成する必要があります。 通常のサポート コストは、この特定の修正プログラムに該当しない追加のサポートの質問や問題に適用されます。 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号の完全な一覧、または個別のサービス要求を作成するには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support注: "修正プログラムのダウンロード可能" フォームには、修正プログラムを使用できる言語が表示されます。 言語が表示されない場合は、その言語で修正プログラムを使用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、System Center 2012 R2 Configuration Managerの累積的な更新プログラム 3 がインストールされている必要があります。

再起動に関する情報

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

注: この修正プログラム パッケージを適用する前に、Configuration Manager管理コンソールを閉じることをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えるものではありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版には、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) があります。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを見つけるには、コントロール パネルの [日付と時刻] 項目の [タイム ゾーン] タブを使用します。

File name

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

Time

Platform

Ccmsetup.exe

5.0.7958.1407

1,619,120

2014 年 8 月 25 日

01:35

x86

Ccmutillib.dll

5.0.7958.1407

515,760

2014 年 8 月 25 日

01:35

x64

Configmgr2012ac-r2-kb3007773-x64.msp

対象外

7,405,568

2014 年 8 月 25 日

01:35

該当なし

Mp.msi

対象外

9,388,032

2014 年 8 月 25 日

01:35

対象外

Ccmsetup.exe

5.0.7958.1407

1,619,120

2014 年 8 月 25 日

01:35

x86

Ccmutillib.dll

5.0.7958.1407

401,072

2014 年 8 月 25 日

01:35

x86

Configmgr2012ac-r2-kb3007773-i386.msp

対象外

5,976,064

2014 年 8 月 25 日

01:35

該当なし



状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

参考資料

Microsoft がソフトウェア 更新 プログラムの説明に使用する用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×