Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2012 R2 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 10 で修正される問題について説明します。 さらに、この記事には、この更新プログラムのインストール手順が含まれています。

Azure のお客様Windows既存の Data Protection Manager は、最新のエージェント (2.0.8719.0 以降のバージョン) にアップグレードする必要があることに注意してください。 このエージェントがインストールされていない場合、オンライン バックアップは失敗し、Azure 操作をWindowsする Data Protection Manager は機能しません。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 サーバーで実行されている VM のページ ファイルを除外しようとすると、DPM は引き続きページ ファイルをバックアップすることがあります。

  • DPM には、DPM End-User Recovery の Active Directory に必要な変更を加える Active Directory スキーマ拡張ツールが用意されています。 ただし、2012 R2 Data Protection Manager System Centerツールが機能しない可能性があります。

  • Always Onが有効になっているSharePointコンテンツ データベースを保護しようとすると、データベースのフェールオーバーが発生すると、[回復] タブに新しいサイト、リスト、アイテムが表示されない可能性があります。 これは、フェールオーバー後に作成された新しい項目にのみ適用されます。 さらに、この問題はフェールバック後に自動的に解決されます。

  • System Center 2012 R2 Data Protection Manager 以降のバージョンの更新プログラム ロールアップ 7 を実行し、Hyper-V VM のアイテム レベルの回復を実行しようとすると、[回復] タブで VHDX ファイルをクリックすると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    DPM では、保護されたコンピューター DPMServerName 上の仮想マシンの内容を参照できません。


  • 6 つの組み込みの DPM レポートのいずれかを開こうとすると、DPM コンソールがクラッシュします。

  • 最適化されたアイテム レベルの回復は、SharePoint ファームでは機能しません。 これにより、完全なファーム データが、Microsoft SQL Server実行されているステージング サーバーにコピーされます。

  • DPM UI は、元のサーバーと同じバックアップ コンテナーに登録されている別の DPM サーバーを使用してオンライン復旧ポイントを回復しようとするとクラッシュします。

  • Get-DPMJob コマンドレットは、外部 DPM サーバーを介して実行される復旧ジョブに関する情報を提供しません。

  • この更新プログラムは、エラー コード 33504 のメッセージを修正して、問題の詳細と問題を解決するための手順を追加します。

  • 保護グループの作成中に 2016 Microsoft Exchange Server保護しようとすると、Exchange Serverを実行しているサーバーは、"Exchange 2016 Database" ではなく "Exchange 2013 Database" と表示されます。

  • DPM Central コンソールを使用していて、DPM で EvalShareInquiryAlert (3123) アラートを受け取った場合、問題が DPM で解決された場合でも、アラートは System Center Operations Manager でアクティブとして表示されます。

  • SMTP 設定を構成しようとすると、DPM がクラッシュします。

  • FQDN に 64 文字を超える文字が含まれているデータ ソースの保護を停止しようとすると、DPM サービスがクラッシュします。


System Center 2012 R2 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 10 を取得してインストールする方法

ダウンロード情報

Data Protection Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Data Protection Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラム ロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします

  6. [ 更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。

手動ダウンロード

次の Web サイトに移動して、Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードします。

ダウンロード Data Protection Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

Data Protection Manager 用にこの更新プログラムをインストールするには、次の手順に従います。

  1. この更新プログラムをインストールする前に、Data Protection Manager データベースのバックアップを作成します。

  2. このロールアップ パッケージは、System Center 2012 R2 Data Protection Manager を実行しているサーバーにインストールします。 これを行うには、サーバーで Microsoft Update を実行します。

  3. Data Protection Manager 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。

    この更新プログラム ロールアップ エージェントの更新プログラムでは、保護グループを作成または変更するために、保護されたサーバーを再起動する必要があります。

    方法 1: Data Protection Manager 管理者コンソールから保護エージェントを更新する

    1. Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。

    2. [ 管理 ] タブをクリックし、[ エージェント ] タブをクリックします。

    3. [保護されたコンピューター] ボックスの一覧でコンピューターを選択し、[操作] ウィンドウで [更新] をクリックします。

    4. [ はい] をクリックし、[ エージェントの更新] をクリックします。



    方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新する

    1. System Center 2012 R2 Data Protection Manager サーバーの次のディレクトリから更新保護エージェント パッケージを取得します。

      Data_Protection_Manager_installation_location\DPM\DPM\Agents\RA\4.2.1473.0

      インストール パッケージは次のとおりです。

      • x86 ベースの更新プログラムの場合: i386\1033\DPMProtectionAgent_KB3143871.msp

      • x64 ベースの更新プログラムの場合: amd64\1033\DPMProtectionAgent_KB3143871_AMD64.msp



    2. エージェントのアーキテクチャに基づいて、保護された各サーバーで適切な DPMProtectionAgent.msp パッケージを実行します。

    3. System Center 2012 R2 Data Protection Manager サーバーで Data Protection Manager 管理者コンソールを開きます。

    4. [ 管理 ] タブをクリックし、[ エージェント ] タブをクリックします。 保護されたサーバーを選択して情報を更新し、エージェントのバージョン番号が 4.2.1473.0 であることを確認します。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×