はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 11 で修正される問題について説明します。 また、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Operations Manager

  • オペレーティング システムでページング ファイルが設定されていない場合、ホストクラッシュの監視のためにネットワーク検出が失敗する オペレーティング システム

    でページング ファイルが設定されていない場合、ページ ファイル のサイズは暗黙的に 0 に設定されます。 これにより、監視ホストがクラッシュします。 この更新プログラムは、このような例外を修正します。

  • 2016 リリース

    の Backport PuTTY 0.64 および 0.66 更新プログラム Operations Managers ssh ベースの UNIX/Linux コンピューターの管理 (エージェントの検出とインストール、 アップグレード、アンインストール) では、RFC 4419 (Ubuntu 15.10、16.04 LTS) で指定されているように、SHA2 AMAC とキー Exchange アルゴリズムの変更を必要とするように構成された UNIX および Linux コンピューターがサポートされるようになりました。

  • WEU ワークスペース

    のコマンドレットRegister-SCAdvisor更新します。この更新プログラムでは、Register-SCAdvisor コマンドレットを使用して Operations Manager Management グループを米国東部以外のリージョンのワークスペースに登録するためのサポートが追加されます。 コマンドレットは、追加の省略可能なパラメーター (SettingServiceUrl) を受け取ります。これは、ワークスペースのリージョンでサービスを設定するための URL です。 指定しない場合、ワークスペースは米国東部にあると見なされます。

  • ACS eventschema.xmlには、複数の監査イベントに対して正しくないパラメーター マッピングがあります。変更者列の一部のイベント

    に対して n/a\n/a と言うために使用されるUsage_-_Sensitive_Security_Groups_Changesという名前のレポート。 また、一部のイベントでは、[メンバー ユーザー] 列には、追加または削除されたアカウントではなく、変更を行ったユーザーのアカウント名が含まれていました。 [変更者] 列に変更を加えたユーザーのアカウント名が含まれるようになり、メンバー ユーザー列に追加または削除されたアカウントの名前 (該当する場合) が含まれるため、この問題は解決されます。

  • SNMPv3 を使用してネットワーク デバイスを監視するときのメモリ リーク この更新プログラムは、SNMPv3

    を使用してネットワーク デバイスを監視しているときに発生するネットワーク監視領域のメモリ リークを修正します。

  • Web コンソール ユーザーは、スコープ付きダッシュボード ビュー

    の外部で datawarehouse のパフォーマンスまたは SLA ウィジェット のデータを表示できます。この更新プログラムは、ログインしているユーザーの検証を実装して、ユーザーが開いているダッシュボードにアクセスできることを確認してから読み込みます。

  • [営業時間] チェック ボックスがオフになっている場合でも、ダウンタイムの期間には営業時間は考慮

    されません。 この更新プログラムは、この問題を解決します。

    更新された RDL ファイルは、次の場所にあります。

    %SystemDrive%\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\Reporting RDL ファイルを
    更新するには、次の手順に従います。

    1. http:// MachineName/Reports_INSTANCE1/Pages/Folder.aspxMachineName //Reporting Server に移動します。

    2. このページで、RDL ファイルを追加するフォルダーに移動します。 この場合は、Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library をクリックします。

    3. 上部にある [アップロード] ボタンをクリックして、新しい RDL ファイルをアップロードします。 詳細については、Microsoft Developer Network Web サイトのファイルまたはレポート (レポート マネージャー) のアップロードに関するトピックを参照してください。



  • Cisco 3172 PQ ネットワーク デバイス認定の問題

    この更新プログラムは、Cisco 3172 PQ ネットワーク デバイスとそのコンポーネントの監視に関する問題を修正します。

  • SCOM コンソール

    の Operations Manager 評価のリンクと Operations Manager 評価の構成前の手順の [Operations Management Suite] ビューに SCOM 評価リンクを追加すると、管理ウィンドウの [Operations Management Suite 接続] ノードに追加されます。 OMS の SCOM 評価ソリューションは現在プライベート プレビュー段階にあります。ソリューションへのアクセスを取得するには、"TAM またはその他の Microsoft 連絡先" にお問い合わせください。

  • SQL Server Windowsを実行しているサーバーとのシードリレーションシップ動的ルールがWindows

    サーバーとのホストされたリレーションシップに基づいている場合、グループの動的メンバーは設定されません。 この修正により、ホスティング エンティティの取得が可能になります。

  • アラート サブスクリプションは、常に 3 つの状態モニター

    に対して発生するとは限りません。この更新プログラムでは、3 つの状態モニターの構成でアラートを生成できます。重大度はモニターの正常性状態と同期されます。 アラートの重大度の変更に関する通知を受け取るサブスクリプションを作成できます。 モニターの状態が警告と重大の間で切り替え続ける場合でも、アラートの重大度は更新され続け、アラートの重大度の更新時に通知が発生します。

  • SCOM を OMS に接続すると、一部の管理サーバーの正常性状態が警告状態

    に変わるのを監視します。OMS ワークスペースが特定のイベント ログを収集するように構成され、それらのイベント ログがそのワークスペースに接続されている管理サーバーに存在しない場合は、警告状態を変更するために使用される管理サーバー上の "可用性" モニターの正常性状態。 この状態変更シナリオは修正されています。 これにより、警告状態への切り替えができなくなります。

  • RunAs アカウントのパスワードの有効期限が Active directory Password 設定 オブジェクトでは機能しません。これは、ADSystemInfo を使用してローカル ユーザー アカウント

    の検証を中断できませんでした。 そのため、ローカル アカウントが RunAs アカウントに追加されると、エラー イベントがイベント ビューアーログインし、ローカル アカウントを検証する際に例外が発生します。 この更新後、ローカル アカウントが検証されます。

  • VersionIndependentGuid 列のカタログ データベースの MPB エントリが更新

    されます。この更新プログラムを使用すると、SCOM コンソールは、オンライン カタログに接続して mpb を更新しようとしたときに、管理サーバーに正しい mpb インストール状態を表示できます。

  • MPB のインポートの最初の試行が失敗した場合、SCOM コンソールが閉じられ、再度開

    くまで MPB の再インポートは不可能でした。この更新プログラムを使用すると、依存関係の問題のためにその mpb の最初のインストールが失敗した場合でも、SCOM コンソールを閉じて再度開くことなく、mpb の再ダウンロードとインストールが可能になります。

  • 封印された管理パックまたは封印されていない管理パック

    内のグループの表示名フィールドの変更 PowerShell コマンドレットを使用してグループの名前を変更すると、SCOM コンソールに新しいグループ名が表示されませんでした。 この更新プログラムによりこの問題が解決され、グループの名前が変更されると、名前が変更されたグループ名が SCOM コンソールに正しく表示されます。


サポートされている新しい Linux オペレーティング システム のバージョン

  • Ubuntu Linux 16.04 LTS (x86 および x64) は、System Center 2012 R2 Operations Manager でサポートされるようになりました。


UNIXおよび Linux 管理パックで修正される問題

  • UNIX/Linux コンピューターの検出中に、sudo 対応ユーザーが探索に選択されている場合、GetOSVersion.sh スクリプトは sudo 昇格で実行されます。 この更新プログラムにより、GetOSVersion.sh スクリプトが sudo 昇格で実行されるのを防ぎ、/etc/sudoers フォルダーで承認する必要はありません。

  • 管理パックの ExecuteScript メソッドによって実行されるスクリプトは、常に /tmp フォルダーから実行されます。 この更新プログラムにより、スクリプトの一時フォルダーを構成できるようになりました。 別のフォルダーを使用するには、シンボリック リンクを更新して、任意の一時フォルダーにリンクします。

    /etc/opt/microsoft/scx/conf/tmpdir

  • UNIXまたは Linux コンピューターと、RFC 4419 で説明されているキー Exchange アルゴリズムを実装する sshd バージョン (Ubuntu 15.10 など) は検出ウィザードでは検出できません。

  • NETStat などの別のツールも使用されると、AIX サーバーで収集されたネットワーク統計がリセットされます。

  • LVM スナップショットが作成された場合、物理ディスクはオフラインとして正しく表示されません。


System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 11 を取得してインストールする方法

ダウンロード情報

Operations Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Operational Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラム ロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。

  6. [更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。

更新プログラム パッケージの手動ダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。

ダウンロード Operations Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール に関する注意事項

  • この更新プログラムロールアップ パッケージは、次の言語で Microsoft Update から入手できます。

    • 簡体字中国語 (CHS)

    • 日本語 (JPN)

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ロシア語 (RUS)

    • イタリア語 (ITA)

    • スペイン語 (ESN)

    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)

    • 繁体字中国語 (CHT)

    • 韓国語 (KOR)

    • チェコ語 (CSY)

    • オランダ語 (NLD)

    • ポーランド語 (POL)

    • ポルトガル語 (ポルトガル) (PTG)

    • スウェーデン語 (SWE)

    • トルコ語 (TUR)

    • ハンガリー語 (HUN)

    • 英語 (ENU)

    • 中国語香港 (HK)



  • 一部のコンポーネントは多言語であり、これらのコンポーネントの更新プログラムはローカライズされません。

  • この更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。

  • コンソールの更新プログラムを適用した後でコンピューターを再起動しない場合は、コンソール ロールの更新プログラムを適用する前に本体を閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight でブラウザー キャッシュをクリアし、Silverlight を再起動します。

  • System Center 2012 R2 サーバーをインストールした直後に、この更新プログラムロールアップ パッケージをインストールしないでください。 それ以外の場合は、ヘルス サービス状態を初期化できない可能性があります。

  • ユーザー アカウント制御が有効になっている場合は、管理者特権のコマンド プロンプトから .msp 更新ファイルを実行します。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、運用データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスに対するシステム管理者権限が必要です。

  • Web コンソールの修正を有効にするには、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationKey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionKey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"/>

    メモ <system.web> セクションの下に行を追加します。これは、Microsoft サポート技術情報の次の記事で説明されているようにです。

    911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に ViewState が有効になっている ASP.NET Web ページにアクセスすると、エラー メッセージが表示されることがあります

  • データ ウェアハウス BULK 挿入コマンドの修正プログラムは、System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 1 で説明されているタイムアウトの問題でレジストリ キーを追加します。 このキーを使用すると、データ ウェアハウス BULK 挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位) を設定できます。 これらは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入するコマンドです。

    注: このキーは、既定の BULK 挿入コマンドタイムアウトをオーバーライドする管理サーバーに手動で追加する必要があります。

    レジストリの場所:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Data Warehouse
    DWORD 名: 一括挿入コマンド タイムアウト秒
    DWORD 値: 40

    注: この値を秒単位で設定します。 たとえば、40 秒のタイムアウトの場合、この値を 40 に設定します。


サポートされているインストール順序:次の手順に従って、この更新プログラム ロールアップ パッケージを所定の順序でインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバー インフラストラクチャに更新プログラムロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー

    • コレクション サービスの監査

    • ゲートウェイ サーバー

    • Web コンソール サーバーの役割コンピューター

    • オペレーション コンソールの役割コンピューター



  2. SQL スクリプトを適用します (インストール情報を参照)。

  3. 管理パックを手動でインポートします。

  4. エージェント更新プログラムを手動でインストールされたエージェントに適用するか、Operations コンソールの [保留中] ビューからインストールをプッシュします。


Operations Manager UpdateTo は、更新プログラムロールアップ パッケージをダウンロードし、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれるファイルを抽出するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Update が各コンピューターに提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。 Microsoft Update では、各コンピューターにインストールされているコンポーネントに応じて、適切な更新プログラムが提供されます。 または 、Microsoft ダウンロード カタログからダウンロードします

  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    MSP ファイルは、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれています。 特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。 たとえば、Web コンソールとコンソールの役割が管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーに MSP ファイルを適用します。 サーバーが保持する特定のロールごとに、サーバーに 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. Datawarehouse Server で、OperationsManagerDW データベースに対してフローする Datawarehouse SQL スクリプトを実行します。

    UR_Datawarehouse.sql

    メモ このスクリプトは、次のパスにあります。

    %SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\SQL Script for Update Rollups

  4. OperationsManagerDB データベースに対して、データベース サーバーで次の Database sql スクリプトを実行します。

    Update_rollup_mom_db.sql

  5. 次の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb には、次の依存関係があります。

      • System Center Operations Manager 2012 R2 メディアからインストールする必要がある Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb。

      • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb



    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。Internal.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。リソース。LANGUAGECODE_3LTR.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Internal.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Apm.Web.IIS10.mp 次の依存関係があります。

    • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Internal.mp 次の依存関係があります。

      • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Library.mp

      • Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Library.mp

      • Microsoft.SystemCenter.ClientMonitoring.Views.Internal.mp


ディスクから管理パックをインポートする方法については、Microsoft TechNet Web サイトの Operations Manager 管理パックをインポートする方法 に関するトピックを参照してください。

注: 管理パックは、次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれています。

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\Management Pack for Update Rollups

UNIX/Linux 管理パック Update:UNIX および Linux オペレーティング システム用に更新された監視パックとエージェントをインストールするには、次の手順に従います。

  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラム ロールアップ 11 を適用します。

  2. System Center 2012 R2 用に更新された管理パックを次の Microsoft Web サイトからダウンロードします。

    UNIXおよび Linux オペレーティング システム用のSystem Center管理パック

  3. 管理パックの更新パッケージをインストールして、管理パック ファイルを抽出します。

  4. 環境内で監視している Linux またはUNIXのバージョンごとに、更新された管理パックをインポートします。

  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、Update-SCXAgent Windows PowerShell コマンドレットまたは UNIX/Linux エージェント アップグレード ウィザードを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。



更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid
Note このコマンドでは、 PatchCodeGuid は、次のいずれかの GUID を表すプレースホルダーです。

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{1BEA7876-9751-4F7D-B0F3-AA920CF39FE8}

エージェント

amd64

Ja

{76F2D605-EC96-46B9-AC5E-F19639FEFFA6}

ACS

amd64

Ja

{6A3309C9-240C-4904-88B5-4A78F314D2C5}

コンソール

amd64

Ja

{55C00A85-308D-4C7D-B81A-CEE4EC83B111}

WebConsole

amd64

Ja

{4A87E85B-3759-499E-9473-05409F238689}

ゲートウェイ

amd64

Ja

{99C8B4E6-D60C-45AE-9FC0-EA359FAF86F4}

サーバー

amd64

Ja

{D6D17399-5A96-47C4-A713-3F0FEA09CC94}

エージェント

x86

Ja

{BCE36471-9235-4719-AD7A-EB3D54A98FE}

コンソール

x86

Ja

{48131D44-B0CD-4865-9669-87F048DBA58B}

ACS

amd64

Cn

{2FC5B34E-B633-4B8F-9151-2E96244F2244}

コンソール

amd64

Cn

{E98CEFF0-1D04-4F17-872A-0AEEA54D41A7}

WebConsole

amd64

Cn

{FD472D8D-A975-4CEB-AB13-87A581235688}

コンソール

x86

Cn

{C15BDE9B-5A72-44FB-926F-8CA9E69F465C}

ACS

amd64

Cs

{F9F50C29-3707-4D32-B3C3-241AD4D61978}

コンソール

amd64

Cs

{74EB14FC-3FF5-470E-8EF6-3619C28A6033}

WebConsole

amd64

Cs

{549064C0-3099-4FAA-ADE3-DAA4863374BE}

コンソール

x86

Cs

{1F73EFB2-3815-47D5-ACD0-F573808378D7}

ACS

amd64

{3A7535DD-D150-4631-ACBD-9893E6DC43A6}

コンソール

amd64

{B54095F5-4F18-486D-8811-170156585C32}

WebConsole

amd64

{B9D0815D-0E13-4EF5-AE32-9F97CAFC5F36}

コンソール

x86

{62C3D1E0-1303-4A05-895C-4401CF206A80}

ACS

amd64

Es

{583AE4E4-74CD-4695-9440-B7144AC33E62}

コンソール

amd64

Es

{8A274BF6-E20C-44CD-B724-630C605A7C7B}

WebConsole

amd64

Es

{D2D2903C-68D2-4195-85DC-4B25A29E96FA}

コンソール

x86

Es

{97DC104B-EFBE-4868-AE47-23CF67851BF5}

ACS

amd64

神父

{61536BE6-BB91-4243-9E2C-F26B844BB40A}

コンソール

amd64

神父

{EA1A7E89-D343-4C7A-B4BE-6C64D5B19EB5}

WebConsole

amd64

神父

{35C97780-F577-48D9-956B-2BF82CF6411F}

コンソール

x86

神父

{81F93A12-A772-45FF-8D46-B6BBB5ED98FA}

ACS

amd64

{F51C647D-7F1A-48D5-97FE-5BE684085786}

コンソール

amd64

{F3257928-75AF-448B-B267-C1029756B885}

WebConsole

amd64

{62E1EC9D-CC6C-4198-95DB-111598ED5102}

コンソール

x86

{51759E23-3028-4441-8F76-424D3D5AACB7}

ACS

amd64

それ

{688B9BA1-8EC3-490C-A9A4-E1EE89D98848}

コンソール

amd64

それ

{02120E70-F5C0-4EA0-8D1B-A6697B54951C}

WebConsole

amd64

それ

{85995C40-6514-46C4-8649-C1119B8ABF9E}

コンソール

x86

それ

{1B6CF01D-8160-43EE-B4B5-372B76AAE0D7}

ACS

amd64

ja

{B80CA051-85A4-4A44-9911-73B5AD949986}

コンソール

amd64

ja

{6EEEDDC6-0D3A-47FF-A12B-902F0D350A35}

WebConsole

amd64

ja

{F80D2870-2137-4057-8A16-3A3BC8EAE986}

コンソール

x86

ja

{EA09412C-DB4F-4CB9-842E-0A9A61765CCB}

ACS

amd64

{04C9B6DE-21FF-488E-BC04-BF0E07E9D790}

コンソール

amd64

{8F7690E0-36A4-41A0-B09D-F3BB1C5C5112}

WebConsole

amd64

{68D1C4B7-02E8-4A98-8EAE-EDDB4C8FBAA5}

コンソール

x86

{084ED1F2-9D61-416B-BC90-3F66EC0340C6}

ACS

amd64

Nl

{65CC7E5B-706C-4541-BD73-D0CF819C2F41}

コンソール

amd64

Nl

{9E14B898-8A7E-431A-9F93-86998E1332BE}

WebConsole

amd64

Nl

{EBE50208-7D4F-4631-9449-1EF37D21C9ED}

コンソール

x86

Nl

{6B81C9DD-FC36-478E-B876-C68EEE2BE16D}

ACS

amd64

Pl

{3BB4AAA3-C499-4E84-BC81-F1DBDE7736F4}

コンソール

amd64

Pl

{18DA1B8B-FD9C-4ACD-A332-8CAC4946187F}

WebConsole

amd64

Pl

{3A039978-4AC0-4269-8F78-BD58D72D7512}

コンソール

x86

Pl

{BA42BE64-F924-416A-9AAE-BB01E20025F6}

ACS

amd64

pt-br

{515FBAC3-33A0-49A0-8314-7695F0A9295A}

コンソール

amd64

pt-br

{2C17E5B0-1506-45A1-83A0-134D72BD849C}

WebConsole

amd64

pt-br

{523B9168-CBE8-42A6-9CAF-9C8990389545}

コンソール

x86

pt-br

{20B04166-C75F-4888-B320-68332B91FB0D}

ACS

amd64

pt-pt

{18EEFC74-5D2F-48A5-8DE4-31F42223DC50}

コンソール

amd64

pt-pt

{F3A6766B-4489-49D2-9780-4949798276AE}

WebConsole

amd64

pt-pt

{574D845A-C015-4F89-8009-596714254972}

コンソール

x86

pt-pt

{8EE59C2D-C836-4B4D-B2AD-0392493AA326}

ACS

amd64

Ru

{8E522503-43D2-4B80-B7B7-C811F45FF444}

コンソール

amd64

Ru

{D7ECABB4-0F0F-45A5-A902-42DBC8E541CD}

WebConsole

amd64

Ru

{6D9E5D5F-1F8B-4C0B-A38E-7BAC7C46C8CD}

コンソール

x86

Ru

{B380D52B-0B1B-4989-B9E1-41B423225AE2}

ACS

amd64

Sv

{5B40DB9C-A8CF-44A4-A6FC-AF9C935B4CB7}

コンソール

amd64

Sv

{7707CE00-A504-412E-A08F-0B37B7F1FE49}

WebConsole

amd64

Sv

{A841DDFD-B866-414E-B890-4018EFD5CEEE}

コンソール

x86

Sv

{9DAD88AA-53CB-45B2-855A-B664D5944B86}

ACS

amd64

Tr

{186557C7-16B8-4ACB-AFBA-C4F8AE9D4404}

コンソール

amd64

Tr

{EC90F781-A454-42F5-9F85-A6AAB8AC592C}

WebConsole

amd64

Tr

{9E5B81EA-3A5D-49E1-839A-57AB87EA015E}

コンソール

x86

Tr

{6D789E32-1498-4260-966D-4D443B081275}

ACS

amd64

Tw

{144C4761-D54E-4D5A-8222-7633A049BD6C}

コンソール

amd64

Tw

{C4827A89-5D87-4AF8-8B87-BAD2690821D1}

WebConsole

amd64

Tw

{1B5EA902-0753-4FD5-B648-21C74B8C0A31}

コンソール

x86

Tw

{406E605B-007D-4058-BA84-8C01DA75E106}

ACS

amd64

zh-hk

{043BBE6A-3570-4B34-A423-8C55406AC01E}

コンソール

amd64

zh-hk

{4333D68C-3A48-42EF-9C8E-80A05B0F9012}

WebConsole

amd64

zh-hk

{5DED5981-BE98-45F3-A792-85DCDD3B5F82}

コンソール

x86

zh-hk



さらに、 RTMProductCodeGuid プレースホルダーは、次のいずれかの GUID を表します。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

サーバー

{C92727BE-BD12-4140-96A6-276BA4F60AC1}

コンソール (AMD64)

{041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}

コンソール (x86)

{175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}

WebConsole (AMD64)

{B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}

ゲートウェイ

{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}

ACS

{8574A035-1191-4EBA-BA6C-1F4D37171CE2}

エージェント (AMD64)

{786970C5-E6F6-4A41-B238-AE25D4B91EEA}

エージェント (x86)

{B4A63055-7BB1-439E-862C-6844CB4897DA}


System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラムで更新されるファイルこの更新プログラムロールアップで変更されたファイルの一覧を次に示します。 以前の更新プログラムのロールアップがすべてインストールされていない場合は、ここに記載されているファイル以外のファイルも更新される可能性があります。 更新されるファイルの完全な一覧については、現在の更新プログラムロールアップの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップの「この更新プログラムロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。

更新されるファイル

バージョン

サイズ

sm-snmp.dll

7.1.10285.0

630 KB

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.dll

7.1.10226.1239

4.21 MB

sm-sms.dll

7.1.10285.0

144 KB

sshcom.dll

7.5.1057.0

81 KB

sshlib.dll

7.5.1057.0

345 KB

momsshmodules.dll

7.5.1057.0

312 KB

Microsoft.SystemCenter.OperationsManagerV10.Commands.dll

7.1.10226.1239

647 KB

EventSchema.xml

7.1.10226.1239

2.01 MB

Microsoft.EnterpriseManagement.Management.DataProviders.dll

7.1.10226.1239

581 KB

monitoringportal.xap

7.1.10226.1239

3.95 MB

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Reporting.dll

7.1.10226.1239

1.2 MB

oid2type_Cisco.conf

7.1.10226.1239

400 KB

HealthService.dll

7.1.10285.0

3.17 MB

MOMModules2.dll

7.1.10285.0

253 KB

Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。リソース。(LANGUAGECODE_3LTR).mpb

7.1.10226.1226

76 KB

Microsoft.SystemCenter.アドバイザー.mpb

7.1.10226.1239

360 KB

Microsoft.SystemCenter.2007.mp

7.1.10226.1239

426 KB

update_rollup_mom_db.sql

7.1.10226.1239

246 KB

Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Downtime.rdl

7.1.10226.1239

129 KB

Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.Availability.rdl

7.1.10226.1239

193 KB

Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.AvailabilityMonitor.rdl

7.1.10226.1239

290 KB

Microsoft.SystemCenter.DataWarehouse.Report.AvailabilityTime.rdl

7.1.10226.1239

150 KB


UNIXおよび Linux 管理パックの更新で更新されるファイルこの更新プログラムロールアップで変更されたファイルの一覧を次に示します。 以前の更新プログラムのロールアップがすべてインストールされていない場合は、ここに記載されているファイル以外のファイルも更新される可能性があります。 更新されるファイルの完全な一覧については、現在の更新プログラムロールアップの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップの「この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。

変更されたファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.ACS.Linux.RHEL.7.mp

19.16 KB

7.5.1060.0

Microsoft.AIX.5.3.mpb

15.5 MB

7.5.1060.0

Microsoft.AIX.6.1.mpb

15.51 MB

7.5.1060.0

Microsoft.AIX.7.mpb

14.53 MB

7.5.1060.0

Microsoft.AIX.Library.mp

30.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.HPUX.11iv2.mpb

20.47 MB

7.5.1060.0

Microsoft.HPUX.11iv3.mpb

19.46 MB

7.5.1060.0

Microsoft.HPUX.Library.mp

30.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.Library.mp

30.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp

14.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.RHEL.4.mpb

7.82 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb

7.77 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb

7.31 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb

2.3 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.SLES.10.mpb

7.15 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.SLES.11.mpb

4.65 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.SLES.12.mpb

1.82 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.SLES.9.mpb

3.57 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp

14.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.Universal.Library.mp

14.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.Universal.Monitoring.mp

82.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb

13.98 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb

12.61 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Solaris.10.mpb

26.56 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Solaris.11.mpb

26.29 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Solaris.9.mpb

13.62 MB

7.5.1060.0

Microsoft.Solaris.Library.mp

21.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Unix.Library.mp

82.66 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Unix.LogFile.Library.mpb

86.5 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Unix.Process.Library.mpb

98 KB

7.5.1060.0

Microsoft.Unix.ShellCommand.Library.mpb

68 KB

7.5.1060.0


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×