Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 6 で修正される問題について説明します。 さらに、この記事には、System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 6 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Operations Manager

  • "Remove-DisabledClassInstance" Windows PowerShell コマンドは完了

    せずにタイムアウトします。コマンドレットは、大規模な SCOM インストールで完了するのに多くの時間がかかり、作業を完了せずにタイムアウトすることがあります。 これは、削除に使用されるクエリを最適化することで修正されます。 

  • 閉じたアラート

    を複製する メッセージ ビューの [検索] オプションは、現在の検索の結果と、以前の検索の結果を表示する場合があります。 これは、グリッド内の更新の問題が原因で発生し、現在の検索にのみ対応する値が表示されるように修正されます。 

  • トポロジ ウィジェット オブジェクトは、1 つのロケールで作成されたが、別のロケールから表示されるロケールと 10 進形式

    のトポロジ ウィジェットが異なるコンソールで開かれると、場所が失われます。ウィジェットがロケール固有の書式設定を解釈できないため、正しくない場所が表示されます。 この問題は修正され、ユーザーはさまざまなロケールからトポロジ ウィジェットを作成して表示できるようになりました。

  • WebConsole の詳細ウィジェットには何も

    表示されません。アラート ウィジェットでメッセージをクリックすると、WebConsole の詳細ウィジェットにメッセージの詳細は表示されません。 この問題は、詳細ウィジェットの XAML ページを修正することで修正されます。 XAML ページでは、データがページに表示されるのを防ぎました。

  • 上位 10 個のパフォーマンス ウィジェット (WebConsole) が空

    の場合があります。パフォーマンスの問題により、上位 10 個のパフォーマンス ウィジェット (WebConsole) が空になる場合があります。 この問題は、手動インポートが必要な MPB ファイルを使用して更新プログラム ロールアップ 3 で修正されました。 多くのユーザーが MPB のインポートを見逃したため、この更新プログラムロールアップには、SQL クエリ更新プログラムとして修正プログラムが含まれています。

  • SCOM トレース ログ ファイル

    のデコードに関する問題:Operations Manager のトレース ログがデコードされず、エラー "Unknown(X ): GUID=XXX (形式情報が見つかりません)" が生成されることがあります。 これは、関連するトレースの書式設定情報を含む最新の TMF ファイルが存在しないために発生します。 トレースが正しく書式設定されていることを確認するために、すべての TMF ファイルが更新されます。

Unix/Linux 管理パック

  • JEE: Linux または Solaris 上の WebLogic 12.1.3 サーバーは、Linux および Solaris にインストールされている

    WebLogic 12cR1 Rel3 Java アプリケーション サーバーが検出されません。

    この問題を解決するには、管理パックの更新プログラムをインストールした後に、UNIXまたは Linux エージェントを更新する必要があります。

    関連するログ メッセージ:

    /var/opt/microsoft/scx/scx.log

    2015-02-04T15:28:18,797Z
    Trace [scx.core.common.pal.system.appserver.appserverenumeration:379:15739:139715041470400] Weblogic プロセスに 'platform.home' または 'weblogic.system.BootIdentityFile' コマンド ライン引数が含まれていません。

    2015-02-04T15:28:18,797Z
    Trace [scx.core.common.pal.system.appserver.appserverenumeration:462:15739:139715041470400] 以前に既知のインスタンスを現在実行中のプロセスとマージする



  • まれに、UNIX または Linux コンピューター

    で多数のオミエージェント プロセスが観察される場合があります。OMI プロバイダーによって返されるデータの 1 つのインスタンスが 64 KB (KB) を超えると、omiagent プロセスが応答しなくなり、追加の omiagent プロセスが作成されます。 この問題は、ルールまたはモニターが 64 KB を超えるデータのインスタンスを返す場合に、マネージド UNIX または Linux ベースのコンピューターで発生する可能性があります。 これは、カスタム シェル コマンドまたはスクリプト 規則が StdOut で大量のデータを返すときに発生する可能性が高くなります。

    注: Operations Manager UNIX/Linux エージェントをこの管理パック更新プログラムに含まれるバージョンにアップグレードすると、64 KB を超えるインスタンスが切り捨てられ、scx.log ファイルに次のメッセージが生成されます。 ログ メッセージを使用して、多すぎるデータを返すワークフローを特定して変更できます。

    ExecuteCommand: プロバイダー (64k) の最大出力サイズを超えました。出力は切り捨てられます。 監視は信頼できません。 実行されたコマンド: "



  • UNIX および Linux エージェント

    で使用されている OpenSSL では SSLv3 プロトコルを無効にできません。この更新プログラムを使用すると、Operations Manager UNIX および Linux エージェントの SSLv3 プロトコルを無効にできるようになりました。 これを行うには、omiserver.conf (/etc/opt/microsoft/scx/conf) にプロパティを追加します。 SSLv3 が無効になっている場合、UNIX および Linux エージェントは TLS 暗号化を使用してネゴシエートできない接続を拒否します。 SSLv3 が有効になっている場合 (これが既定の構成)、TLS 暗号化をネゴシエートできない場合にのみ SSLv3 が使用されます。

    構成 SSLv3 の omiserver.conf オプション

    プロパティ

    説明

    NoSSLv3=true|false

    SSLv3 の使用を有効または無効にする


System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 6 を取得してインストールする方法

ダウンロード情報

Operations Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または Microsoft Update カタログから手動でダウンロードして入手できます。

Microsoft Update

Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Operational Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラム ロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリックします。

  6. [更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。

更新プログラム パッケージの手動ダウンロード

Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。

ダウンロード Operations Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール に関する注意事項

  • この更新プログラムロールアップ パッケージは、次の言語で Microsoft Update から入手できます。

    • 簡体字中国語 (CHS)

    • 日本語 (JPN)

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ロシア語 (RUS)

    • イタリア語 (ITA)

    • スペイン語 (ESN)

    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)

    • 繁体字中国語 (CHT)

    • 韓国語 (KOR)

    • チェコ語 (CSY)

    • オランダ語 (NLD)

    • ポーランド語 (POL)

    • ポルトガル語 (ポルトガル) (PTG)

    • スウェーデン語 (SWE)

    • トルコ語 (TUR)

    • ハンガリー語 (HUN)

    • 英語 (ENU)

    • 中国語香港 (HK)



  • 一部のコンポーネントは多言語であり、これらのコンポーネントの更新プログラムはローカライズされません。

  • この更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。

  • コンソールの更新プログラムを適用した後でコンピューターを再起動しない場合は、コンソール ロールの更新プログラムを適用する前に本体を閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight でブラウザー キャッシュをクリアし、Silverlight を再起動します。

  • System Center 2012 R2 サーバーをインストールした直後に、この更新プログラムロールアップ パッケージをインストールしないでください。 それ以外の場合は、ヘルス サービス状態を初期化できない可能性があります。

  • ユーザー アカウント制御が有効になっている場合は、管理者特権のコマンド プロンプトから .msp 更新ファイルを実行します。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、運用データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスに対するシステム管理者権限が必要です。

  • Web コンソールの修正を有効にするには、%windir%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\CONFIG\web.config ファイルに次の行を追加します。

    <machineKey validationKey="AutoGenerate,IsolateApps" decryptionKey="AutoGenerate,IsolateApps" validation="3DES" decryption="3DES"/>

    メモ <system.web> セクションの下に行を追加します。これは、Microsoft サポート技術情報の次の記事で説明されているようにです。

    911722 ASP.NET 1.1 から ASP.NET 2.0 にアップグレードした後に ViewState が有効になっている ASP.NET Web ページにアクセスすると、エラー メッセージが表示されることがあります

  • データ ウェアハウス BULK 挿入コマンドの修正プログラムは、System Center 2012 R2 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 1 で説明されているタイムアウトの問題により、データ ウェアハウス BULK 挿入コマンドのタイムアウト値 (秒単位) を設定するために使用できるレジストリ キーを追加します。 これらは、データ ウェアハウスに新しいデータを挿入するコマンドです。

    注: このキーは、既定の BULK 挿入コマンドタイムアウトをオーバーライドする管理サーバーに手動で追加する必要があります。

    レジストリの場所:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Operations Manager\3.0\Data Warehouse
    DWORD 名: 一括挿入コマンド タイムアウト秒
    DWORD 値: 40

    注: この値を秒単位で設定します。 たとえば、40 秒のタイムアウトの場合、この値を 40 に設定します。


サポートされているインストール順序:次の手順に従って、この更新プログラム ロールアップ パッケージを所定の順序でインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバー インフラストラクチャに更新プログラムロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー

    • ゲートウェイ サーバー

    • Web コンソール サーバーの役割コンピューター

    • オペレーション コンソールの役割コンピューター



  2. SQL スクリプトを適用します (インストール情報を参照)。

  3. 管理パックを手動でインポートします。

  4. エージェント更新プログラムを手動でインストールされたエージェントに適用するか、Operations コンソールの [保留中] ビューからインストールをプッシュします。



注: 接続された MG/階層化機能が有効になっている場合は、最初に接続済み MG/階層化機能の最上位層を更新する必要があります。

Operations Manager update:更新プログラムロールアップ パッケージをダウンロードし、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれるファイルを抽出するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Update が各コンピューターに提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。 Microsoft Update では、各コンピューターにインストールされているコンポーネントに応じて、適切な更新プログラムが提供されます。 または 、Microsoft ダウンロード カタログからダウンロードします

  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    MSP ファイルは、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれています。 特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。 たとえば、Web コンソールとコンソールの役割が管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーに MSP ファイルを適用します。 サーバーが保持する特定のロールごとに、サーバーに 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. Datawarehouse Server で、OperationsManagerDW データベースに対してフローする Datawarehouse SQL スクリプトを実行します。

    UR_Datawarehouse.sql

    メモ このスクリプトは、次のパスにあります。

    %SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 R2\Operations Manager\Server \SQL Script for Update Rollups

  4. OperationsManagerDB データベースに対して、データベース サーバーで次のデータベース SQL スクリプトを実行します。

    Update_rollup_mom_db.sql

  5. 次の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.TFSWISynchronization.mpb. これには、次の依存関係があります。

      • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb. これは、System Center Operations Manager 2012 R2 メディアからインストールする必要があります。

      • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb



    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Component.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。Internal.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。リソース。LANGUAGECODE_3LTR.mpb


ディスクから管理パックをインポートする方法については、Microsoft TechNet Web サイトの Operations Manager 管理パックをインポートする方法 に関するトピックを参照してください。

注: 管理パックは、次のパスのサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれています。

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\Management Pack for Update Rollups

UNIX/Linux 管理パックの更新UNIXおよび Linux オペレーティング システム用に更新された監視パックとエージェントをインストールするには、次の手順に従います。

  1. System Center 2012 R2 Operations Manager 環境に更新プログラム ロールアップ 5 を適用します。

  2. System Center 2012 R2 用に更新された管理パックを次の Microsoft Web サイトからダウンロードします。

    UNIXおよび Linux オペレーティング システム用のSystem Center管理パック

  3. 管理パックの更新パッケージをインストールして、管理パック ファイルを抽出します。

  4. 環境内で監視している Linux またはUNIXのバージョンごとに、更新された管理パックをインポートします。

  5. オペレーション コンソールの [管理] ウィンドウで、Update-SCXAgent Windows PowerShell コマンドレットまたは UNIX/Linux エージェント アップグレード ウィザードを使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。



更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid
Note このコマンドでは、プレースホルダー PatchCodeGuid は次のいずれかの GUID を表します。

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{D39DF100-8CA1-4ADC-A06C-B0A2135CFEE9}

エージェント

amd64

Ja

{57A107E8-D3BE-4C88-9C33-B386D59B4D2E}

ACS

amd64

Ja

{089800AE-8307-4236-A7FF-659619CBE84D}

コンソール

amd64

Ja

{AA95F6F7-419C-4589-BE22-B24C5C617ED1}

レポート

amd64

Ja

{258976C7-50D0-4F71-A4EC-BBCAFEE105C2}

WebConsole

amd64

Ja

{B63EEEE5-C2E2-45D7-8B51-7332161BFB31}

ゲートウェイ

amd64

Ja

{08C61BC5-1D64-4B02-9770-E94286C5651C}

サーバー

amd64

Ja

{B3EAD815-13DD-4C8F-82FC-2C1DA8234DEB}

エージェント

x86

Ja

{2CE4777F-C943-4B9A-B818-A7CEC0DBB438}

コンソール

x86

Ja

{8893192C-70B4-4CEE-9771-E1F1DB16BC9F}

ACS

amd64

Cn

{C90C3324-0DE0-4540-96C0-49ABE1C8033E}

コンソール

amd64

Cn

{0C3F57F7-4D7D-4FE9-83C9-53D867172465}

レポート

amd64

Cn

{5E252A72-6E55-4C3B-99BB-9B143E69D055}

WebConsole

amd64

Cn

{CB02EA83-A2E1-4FEA-B8A7-410D79DD5F82}

コンソール

x86

Cn

{D094C4CA-2DCE-4ECC-A73E-A02C685BD9D4}

ACS

amd64

Cs

{6FE7F4D0-0CD3-4EF8-96D3-BB829C4CA2A0}

コンソール

amd64

Cs

{B5AFC46C-3B34-4D4C-81F0-752FE5F7686D}

レポート

amd64

Cs

{04A4C055-42E7-4DEE-92E1-708CEB8BB824}

WebConsole

amd64

Cs

{13C034A8-7ABF-4030-9961-CAD013CDCB76}

コンソール

x86

Cs

{95080C1C-A2F8-43EE-97FD-C237A820DF0C}

ACS

amd64

{F99FE55C-4F48-49C1-AC83-0B19F73EE9D2}

コンソール

amd64

{D29AD1F4-4DCE-46A9-BA30-DF4E3CAD92A8}

レポート

amd64

{C0F787F8-71C8-4B08-8965-548DADCF5140}

WebConsole

amd64

{99C22893-0061-47BD-A501-C188F5C4B11C}

コンソール

x86

{B0E2001F-A8EC-415F-9698-86354C29F127}

ACS

amd64

Es

{30475DEC-9936-4871-8DF7-2A0970A3D797}

コンソール

amd64

Es

{920683B7-71A1-43B8-A924-CEE935AA92F0}

レポート

amd64

Es

{DA895E97-90DA-452D-856F-B5308EA7409B}

WebConsole

amd64

Es

{428A913D-EA7D-494F-BF9D-19983E728B84}

コンソール

x86

Es

{894F2B6E-B6C7-46E1-A1A2-F29E2527F661}

ACS

amd64

神父

{95D5B136-1257-4F20-9695-506E2771D23D}

コンソール

amd64

神父

{47784EC2-3651-445A-A05F-F18534DF3409}

レポート

amd64

神父

{65DDCEBD-454F-4263-AE20-DA0FE89A5D5D}

WebConsole

amd64

神父

{84AD6505-EFA9-45A2-9979-8D2EDF145DD2}

コンソール

x86

神父

{91D1DDB5-DE58-4E4E-976C-5A7AE0E9954D}

ACS

amd64

{FB8E0099-3DAC-42A5-992E-ADF4CFD91F26}

コンソール

amd64

{EC39BCB0-8B88-472C-BB60-7F7411B5F8A5}

レポート

amd64

{9F916083-8D1F-4920-B814-CD7CF74D4D8A}

WebConsole

amd64

{498118B3-0B6A-45BE-9AD1-6A89EF718CAD}

コンソール

x86

{30595599-2A74-44F3-801D-ECF8AE9CB5D6}

ACS

amd64

それ

{40DD0FD0-2F6F-4690-90D2-3B6C7F88A71E}

コンソール

amd64

それ

{71FC7284-9AC8-4159-924B-ABA677CCD964}

レポート

amd64

それ

{1987F851-B880-4A1B-82B9-5CC846CC2CB3}

WebConsole

amd64

それ

{65B9893E-F0FC-4D5D-90E6-5C666C352EF9}

コンソール

x86

それ

{897AC87C-83AA-4B0B-959A-BD7E73AF25EA}

ACS

amd64

ja

{67D0084F-7D9F-40DC-BC09-BEC5291A227A}

コンソール

amd64

ja

{0BD96698-4783-438E-AE31-A86C3036DA03}

レポート

amd64

ja

{75D525E9-CB07-4570-AE79-3BA0052CD093}

WebConsole

amd64

ja

{D7BB1B2B-2D9A-4FFD-A843-C8203445163C}

コンソール

x86

ja

{D45F0B3D-C948-4C00-93B1-730986D10DE7}

ACS

amd64

{387B72A8-182A-4F76-9E40-A0F4F7E39B73}

コンソール

amd64

{55A980FA-A775-488B-A3B5-47050EBA0C9B}

レポート

amd64

{AB4C3BFD-2D16-4510-9953-84887BB7A291}

WebConsole

amd64

{9A160C3A-752C-497B-9788-AE467957B183}

コンソール

x86

{CADEEB34-16ED-41D7-B365-C2A00BDC5475}

ACS

amd64

Nl

{2218B45F-D683-48D4-9196-501B0A746622}

コンソール

amd64

Nl

{7FDADF47-2906-4E48-B013-EE6D67B986A7}

レポート

amd64

Nl

{AFEED9D1-5001-4559-92CC-F9B9341C8F3D}

WebConsole

amd64

Nl

{33CC8E55-FE1F-4FFE-BD16-2A989EF7D4C9}

コンソール

x86

Nl

{6D8D72A0-0044-4F36-81C8-F04F8490D934}

ACS

amd64

Pl

{7C3756E9-6671-42AC-BD80-ACAD52130642}

コンソール

amd64

Pl

{1E4A55AF-0BEE-4456-92C9-957706AF3136}

レポート

amd64

Pl

{9AAC3C2C-9621-49F5-A851-AA823259DB2F}

WebConsole

amd64

Pl

{9E5678FF-E677-4AE4-91A7-95AA919D1965}

コンソール

x86

Pl

{5A3AFCA6-2D81-4A3E-A0CD-46DA39F32B6A}

ACS

amd64

pt-br

{DD9ED6CB-A96A-4417-A91A-A45EFD1C94D8}

コンソール

amd64

pt-br

{E8AB52C5-B393-4822-87D7-E6C297FE557D}

レポート

amd64

pt-br

{3B0BF646-72AF-425B-AD5A-0EE5BCD0D6C3}

WebConsole

amd64

pt-br

{9747911C-FA55-4506-B80E-F489C2B05F92}

コンソール

x86

pt-br

{70D50123-ABAF-4FB1-8E22-060461DEFFD9}

ACS

amd64

pt-pt

{8F63D278-C0A8-411B-945F-236C2ED1197B}

コンソール

amd64

pt-pt

{5B173041-6352-4EB5-9287-B7E812C0B65A}

レポート

amd64

pt-pt

{DA577D6E-DF29-4CC7-AED3-6E737A1B802D}

WebConsole

amd64

pt-pt

{F0FAA37C-4878-443F-BF92-22F7C9CF7A2C}

コンソール

x86

pt-pt

{C83A8EBA-5E15-4A9B-A3CA-A228B3A37296}

ACS

amd64

Ru

{3846FF4A-065C-4C5E-AC7F-57ED0464A7CF}

コンソール

amd64

Ru

{FD823368-A50A-44FE-8893-EDF773B5070E}

レポート

amd64

Ru

{CBC0F282-83CB-42EB-8C4A-96AD93AE2554}

WebConsole

amd64

Ru

{50EBE322-E438-449C-B5C9-536054A86EE2}

コンソール

x86

Ru

{102FFFCF-721A-4CF0-A216-8FF3D64F4418}

ACS

amd64

Sv

{6D2556E1-8C00-4460-B026-FCA545CFFB5E}

コンソール

amd64

Sv

{45CB944B-F502-4E33-B49A-FFC71A8223B5}

レポート

amd64

Sv

{6792C9B6-F0C5-4D1F-A170-0F065237EBAA}

WebConsole

amd64

Sv

{3008AB1E-7171-4A61-9A30-9DC5410F9EA7}

コンソール

x86

Sv

{682F3F36-0A49-4347-AA10-F3B7DE3809B6}

ACS

amd64

Tr

{8CB2E13E-815A-45D7-A0B0-2DB668B89606}

コンソール

amd64

Tr

{A9BDDF62-6388-49F9-ABE3-DEC490980EFB}

レポート

amd64

Tr

{20EFD135-1ED2-4DCB-B505-A22A15490439}

WebConsole

amd64

Tr

{10C0AF6B-C776-4A9F-BB09-809BCF9260BF}

コンソール

x86

Tr

{89C82DA0-E9DB-4E9A-84FE-2431D1B7E4E6}

ACS

amd64

Tw

{DBD2F943-1279-46B9-8629-75073E7FB07A}

コンソール

amd64

Tw

{BE58D998-8EA5-453B-90D0-064A71391CE2}

レポート

amd64

Tw

{28637205-3BC2-483F-9FC9-CBE73DB22C90}

WebConsole

amd64

Tw

{7837DFBA-FA6F-4CC5-B5E3-F72C82B226EF}

コンソール

x86

Tw

{9126DCC0-E65A-47AD-A359-48C2E5780555}

ACS

amd64

zh-hk

{887270B9-A2C0-45DF-8705-0CBF551A88C0}

コンソール

amd64

zh-hk

{54F724AF-F657-4C98-ABC6-1EFB639B04EC}

レポート

amd64

zh-hk

{9B14FC4A-5A30-4090-A6A9-A867145DE643}

WebConsole

amd64

zh-hk

{B714AEB1-E6BB-488F-9339-DDD095FC0845}

コンソール

x86

zh-hk


さらに、 RTMProductCodeGuid は、次のいずれかの GUID を表すプレースホルダーです。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

サーバー

{C92727BE-BD12-4140-96A6-276BA4F60AC1}

コンソール (AMD64)

{041C3416-87CE-4B02-918E-6FDC95F241D3}

コンソール (x86)

{175B7A24-E94B-46E5-A0FD-06B78AC82D17}

WebConsole (AMD64)

{B9853D74-E2A7-446C-851D-5B5374671D0B}

ゲートウェイ

{1D02271D-B7F5-48E8-9050-7F28D2B254BB}

SCX-ACS (AMD64)

{46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}

SCX-ACS (x86)

{46B40E96-9631-11E2-8D42-2CE76188709B}

エージェント (AMD64)

{786970C5-E6F6-4A41-B238-AE25D4B91EEA}

エージェント (x86)

{B4A63055-7BB1-439E-862C-6844CB4897DA}



この更新プログラムロールアップで変更されたファイルの一覧を次に示します。 以前の更新プログラムのロールアップがすべてインストールされていない場合は、ここに記載されているファイル以外のファイルも更新される可能性があります。 更新されるファイルの完全な一覧については、現在の更新プログラムロールアップの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップの「この更新プログラムロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。

更新されるファイル

バージョン

サイズ

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.QueryCache.dll

7.5.3079.354

2.14 MB

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll

7.5.3079.354

2.40 MB

Microsoft.Mom.UI.Components.dll

7.1.10226.1064

5.87 MB

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.dll

7.1.10226.1064

9.44 MB

Microsoft.Mom.UI.common.dll

7.1.10226.1064

2.19 MB

Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Controls.dll

7.1.10226.1064

1.70 MB

monitoringportal.xap

7.1.10226.1064

3.92 MB

update_rollup_mom_db.sql

7.1.10226.1064

90.4 KB

UR_DataWarehouse.sql

7.1.10226.1064

111 KB

MonAgentTraceTMF.CAB

7.1.10226.1064

1.64 MB


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×