Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

[更新: 2016 年 2 月 16 日]

元の更新プログラム ロールアップ 9 (UR9) パッケージ (7.5.3079.571) は取り消され、新しいインストール パッケージ (7.5.3079.607) に置き換えられました。

ノート

  • 元の UR9 パッケージ (7.5.3079.571) をインストールした場合、デプロイの封印されていない管理パックの一部が上書きされたことがわかります。 そのため、次の手順に従います。

    1. 次の封印されていない管理パックを再インポートします。

      • ServiceManager.IncidentManagement.Configuration.xml

      • ServiceManager.ServiceRequest.Configuration.xml

      • ServiceManager.ProblemManagement.Configuration.xml

      • ServiceManager.KnowledgeManagement.Configuration.xml

    2. 新しいバージョンの UR9 (7.5.3079.607) を適用します。

      新しい更新プログラム パッケージ (7.5.3079.607) は、正式な UR9 リリースです。 元のバージョン (7.5.3079.571) はサポートされなくなりました。

  • 元の UR9 パッケージ (7.5.3079.571) をインストールしていない場合は、新しいパッケージ (7.5.3079.607) のみを使用してデプロイを直接更新します。

  • 重要なバージョン 7.5.3079.607 は、サポートされている UR9 バージョンです。 そのため、古い UR9 更新プログラム (バージョン 7.5.3079.571 または 7.5.3079.601) のいずれかがインストールされている場合は、新しい UR9 更新プログラムをインストールします。

はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2012 R2 Service Managerの更新プログラム ロールアップ 9 で修正される問題について説明します。 さらに、更新プログラムのロールアップのインストール手順も含まれています。

このリリースに含まれる更新プログラムのロールアップ

System Center 2012 R2 Service Manager更新プログラムのロールアップは累積的です。 したがって、この更新プログラムロールアップには、次の更新プログラムの新しいペイロードと、次のSystem Center 2012 R2 Service Manager更新プログラムロールアップに含まれるコンテンツが含まれています。


このリリースには 、更新プログラム ロールアップ 8のペイロードが含まれていないことに注意してください。 これは、新しい HTML ベースのセルフサービス ポータルが含まれており、個別のインストールが必要であるためです。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • System Center Configuration Manager 1511、1602、1606、1610、1702、1706 は、Configuration Manager コネクタのこのService Manager更新プログラムでサポートされています。

  • POWERShell を使用して LDAP クエリを更新した後、AD コネクタは完全同期を行います。

  • 更新プログラム ロールアップ 7 がインストールされた後、作業項目を更新すると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    送信操作を実行できませんでした。 以前に報告されたエラーを修正しました...
    ユーザー <ユーザー名> 操作を実行するための十分なアクセス許可がありません。





    エラー メッセージ 複数のアナリストまたはアナリストとワークフローが同じ項目で同時に競合する変更に対して発生する例外には、競合の原因となったフィールドと値の詳細は含まれません。

    この更新プログラムをインストールした後、発生した例外には、競合する更新プログラムがあるフィールド (およびその値) の詳細が含まれます。 そのため、アナリストは競合が解決された後に変更を保存できます。

  • Service Manager コンソールには、DCM インシデントに対する非準拠の問題が変更され、トリガーされた設定に関する詳細は表示されません。

  • Runbook アクティビティは、関連付けられている Runboook ジョブが Orchestrator から削除されたときに状態を変更しません。

  • SQL CoreEnterprise64 は、Service Managerによってエンタープライズ エディションとして検出されません。

  • 更新プログラム ロールアップ 7 がインストールされると、Active Directory コネクタが失敗し、InvalidCastException エラーが生成されます。

  • 更新プログラム ロールアップ 7 がインストールされた後、Operations Manager からインポートされた一部の Business Services では、サービス コンポーネントを使用できません。

    HTML セルフサービス ポータルの新しい更新プログラムは、個別に入手することもできます。 ここで更新プログラムを入手できます。

System Center 2012 R2 Service Managerの更新プログラム ロールアップ 9 を取得してインストールする方法

ダウンロード情報

Service Managerの更新プログラム パッケージは、Microsoft ダウンロード センターから入手できます。

Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするには、次の Web サイトに移動します。

ダウンロード Service Manager更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

この更新プログラムを適用する前に、次の手順に従います。

  1. この更新プログラムを適用する前に、すべてのService Manager関連アプリケーションを終了します。 たとえば、Service Manager コンソール、Self-Service ポータルリンク、および作成ツールを終了します。

  2. Data Warehouse サーバーが管理サーバーと少なくとも 1 回正常に同期されていることを確認します。

  3. 更新プログラムがService Manager コンポーネントに次の順序でインストールされていることを確認します。

    1. Data Warehouse サーバー

    2. プライマリ管理サーバー

    3. セカンダリ管理サーバー

    4. すべてのアナリスト コンソール


重要: 更新プログラムがインストールされたらすぐに、すべてのコンソールを再起動します。



Installationこの更新プログラムをインストールするには、次の手順に従います。

  1. ターゲット フォルダーに更新プログラムをダウンロードします。 この更新プログラムには、x86 ベースのバージョンと x64 ベースのバージョンの両方が含まれています。 システムに適したバージョンをダウンロードします。

  2. ターゲット フォルダーを開き、次のいずれかのファイルを右クリックします。

    • SCSM2012R2_CU_KB3129780_AMD64_ 7.5.3079.607.exe

    • SCSM2012R2_CU_ KB3129780_i386_ 7.5.3079.607.exe

  3. [ 管理者として実行] をクリックします。

  4. Microsoft ソフトウェア ライセンス条項に同意し、インストール ウィザードの手順に従います。


インストールを確認するこの更新プログラムの正常なインストールを確認するには、次の手順に従います。

  1. コントロール パネルで、[プログラムと機能] を開きます

  2. [ インストールされた更新プログラムの表示] をクリックします。

  3. 次の項目が一覧表示されている場合、インストールは成功しました。

    Microsoft System Center Service Manager の修正プログラム (KB3129780)

インストール後に、更新中にアクセス許可の問題がスローされるConfiguration Manager データベース内の既存のインシデントを修正する

この問題は、インシデントに複数の課金対象アイテム オブジェクトが関連付けられている場合に発生します。 そのため、既に影響を受けたインシデントを修正するには、追加のオブジェクトを排除する必要があります。 "RemoveDuplicateBillableItem.ps1" PowerShell スクリプト (ダウンロードに含まれる) を使用すると、これを行うことができます。

Service Manager コンソールまたは管理サーバーがインストールされているコンピューターで PowerShell スクリプトを実行します。

注: スクリプトは運用時間中にパフォーマンスを妨げる可能性があるため、オフ時間にスクリプトを実行することをお勧めします。

このスクリプトでは、次の形式の 3 つのパラメーターが必要です。

.\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 <UpdateDB-flag> <SumorMax-flag> <DateArgument>


パラメータ

説明

UpdateDB-flag

このフラグは、影響を受けるインシデントの一覧のみを表示することと、インシデントの修正 (更新) の間で選択するのに役立ちます。

0: 影響を受けるインシデントの一覧を表示するには 1: 影響を受けるインシデント

を修正 (更新) するには

SumorMax-flag

この問題は、インシデントに存在する課金対象アイテムが重複しているため、複数の課金エントリを削除し、1 つだけ保持する必要があります。

このフラグは、記録されたすべての請求可能時間のうち最大値のみを保持するか、すべての項目の合計を保持するかを選択するのに役立ちます。

0: すべての課金対象アイテムを 1 つの合計

として 1 にマージします。 最大値を持つ課金対象アイテムのみを保持し、他のすべてのアイテムを削除します

DateArgument (省略可能)

このパラメーターは、このスクリプトによって処理されるインシデントを制御するのに役立ちます。

このスクリプトでは、指定された日時 (UTC 値) の後に変更されたインシデントのみが処理されます。

この省略可能なパラメーターでは、"mm/dd/yyyy hh:mm" (UTC 値) 形式の日付が必要です。

既定では、値が指定されていない場合、パラメーターは "07/28/2015 07:00" (UR7 リリース日) として値を選択します。



たとえば、2015 年 12 月 1 日午後 5 時 (UTC) 以降に変更されたすべての影響を受けるインシデントの一覧を取得するには、次のスクリプト コマンドを実行します。

.\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 0 0 "12/01/2015 17:00"


または、2015 年 12 月 1 日午後 5 時 (UTC) 以降に変更されたすべての影響を受けるインシデントの修正 (更新) を取得するには、次のスクリプト コマンドを実行します。

  • 課金対象のすべての項目を合計として 1 つの項目にマージするには、次のスクリプト コマンドを実行します。

    .\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 1 0 "12/01/2015 17:00"


  • または、最大値を持つ課金対象アイテムのみを保持し、他の項目を削除するには、次のスクリプト コマンドを実行します。

    .\RemoveDuplicateBillableItem.ps1 1 1 "12/01/2015 17:00"


この更新プログラムを適用した後に Operations Manager マウント ポイント データを再同期するには

  1. Service Manager コンソールのすべての Operations Manager 構成項目 (CI) コネクタを無効にします。

  2. Windows PowerShellで、次のコマンドレットを実行して、現在の実行ポリシーを確認します。

    Get-ExecutionPolicy

  3. 現在の実行ポリシーが制限されている場合は、次のコマンドを実行して Remotesigned に設定します。

    Set-ExecutionPolicy –force RemoteSigned

  4. System Center 2012 R2 インストール ディレクトリで次の PowerShell スクリプトを見つけます。


    OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp.ps1既定では、このファイルは次の場所にあります。

    C:\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Service Manager\PowerShell

  5. プライマリ管理サーバーから次のコマンドを実行します。

    PowerShell .\OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp.ps1

  6. 実行ポリシーを、手順 2. の元の値に戻します。

  7. 関連する Operations Manager CI コネクタを有効にして同期します。

  8. すべてのマウント ポイント データがService Managerに設定されていることを確認します。


Data Warehouse Transform jobsImportant のタイムアウト期間を構成します。このセクションの手順に従ってください。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 変更する前に、問題の発生に備えて復元用にレジストリのバックアップを作成してください。

この更新プログラムを適用すると、Data Warehouse変換ジョブのタイムアウトがWindows レジストリで構成できるようになりました。 また、既定のタイムアウトは 3 時間 (180 分) に増やされます。 これをオーバーライドするには、次の手順に従います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前]ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\System Center\2010\Common\DAL

  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。

  4. 「SqlCommandTimeout」と入力し、Enter キーを押します。

  5. [詳細] ウィンドウで、 SqlCommandTimeout を右クリックし、[ 変更] をクリックします。

  6. [基本] で [Decimal] を選択します。 [ 値のデータ ] ボックスに、使用する値を秒単位で入力し、[OK] をクリック します

    注: この値は秒単位で測定されます。 範囲は 0 から最大整数値 2,147,483,647 までです。

  7. レジストリ エディターを終了します。


ファイル

ファイルのバージョンまたは日付

サイズ (バイト単位)

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.コマンドレット.psd1

2015 年 5 月 14 日 00:05

1587

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll

7.5.3079.607

2576384

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.Core.dll

7.5.3079.607

757760

Microsoft.EnterpriseManagement.Reporting.Code.dll

7.5.3079.607

90112

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Application.Common.dll

7.5.3079.607

1327104

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Workflows.dll

7.5.3079.607

102400

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.コマンドレット.psd1

2015 年 5 月 14 日 00:07

1605

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Linking.Consumer.OperationalStore.dll

7.5.3079.607

114688

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.OpsMgrConnector.dll

7.5.3079.607

188416

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Sdk.dll

7.5.3079.607

307200

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.SLA.Common.dll

7.5.3079.607

245760

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.ExtendedControls.dll

7.5.3079.607

59904

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.SMControls.dll

7.5.3079.607

1331200

Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Utility.dll

7.5.3079.607

319488

Microsoft.Mom.CmdbInstanceSubscriptionDataSourceModule.dll

7.5.3079.607

339968

Microsoft.Mom.DatabaseQueryModules.dll

7.5.3079.607

233472

OMCIConnector_SyncMetadata_UpdateTimestamp.PS1

2015 年 5 月 14 日 00:07

11742

System.Center.Service.Manager.psm1

2015 年 5 月 14 日 00:07

3112

Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Cmdlets.dll

7.5.3079.607

159744

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.ViewFramework.dll

7.5.3079.607

125440

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.SdkUtilities.dll

7.5.3079.607

135168

SCMsgs.dll

7.5.3079.607

114688

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Workflows.dll

7.5.3079.607

90112

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Workflows.dll

7.5.3079.607

81920

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.DataCenter.dll

7.5.3079.607

151552

Microsoft.EnterpriseManagement.Orchestration.dll

7.5.3079.607

139264

Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.Olap.dll

7.5.3079.607

217088

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.SessionManager.dll

7.5.3079.607

118784

Microsoft.EnterpriseManagement.SystemCenter.LinkingFramework.DataSync.dll

7.5.3079.607

36864

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Connector.AD.dll

7.5.3079.607

102400

Microsoft.EnterpriseManagement.WindowsUtility.dll

7.5.3079.607

32768

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.UI.Console.exe

7.5.3079.607

921600

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Cmdlets.dll

7.5.3079.607

299008

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.QueryCache.dll

7.5.3079.607

2269184

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.FormsInfra.dll

7.5.3079.607

589824

Microsoft.EnterpriseManagement.ResourceAccessLayer.dll

7.5.3079.607

806912

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ActivityManagement.Workflows.dll

7.5.3079.607

106496

Microsoft.EnterpriseManagement.SystemCenter.LinkingFramework.MomIntegration.dll

7.5.3079.607

61440

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.SCOConnector.dll

7.5.3079.607

98304

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.dll

7.5.3079.607

4464640

Microsoft.EnterpriseManagement.MPImporter.dll

7.5.3079.607

13824

TraceScenarios.cab

7.5.3079.607

4687

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ActivityManagement.Forms.dll

7.5.3079.607

458752

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceCatalog.Tasks.dll

7.5.3079.607

634880

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Common.dll

7.5.3079.607

200704

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Tasks.dll

7.5.3079.607

77824

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ChangeManagement.Presentation.dll

7.5.3079.607

94208

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Datawarehouse.dll

7.5.3079.607

270336

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.KnowledgeManagement.Forms.dll

7.5.3079.607

233472

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Forms.dll

7.5.3079.607

360448

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ReleaseManagement.Presentation.dll

7.5.3079.607

90112

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.UI.Administration.dll

7.5.3079.607

1634304

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ServiceRequest.Forms.dll

7.5.3079.607

323584

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Applications.ProblemManagement.Forms.dll

7.5.3079.607

385024

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Incident.Forms.dll

7.5.3079.607

675840

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.ActivityManagement.Presentation.dll

7.5.3079.607

81920

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Incident.TaskHandlers.dll

7.5.3079.607

159744

Microsoft.EnterpriseManagement.Warehouse.SynchModule.dll

7.5.3079.607

159744

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.resources.dll(EN)

7.5.3079.607

315392

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.SdkDataAccess.resources.dll(EN)

7.5.3079.607

45056

Microsoft.EnterpriseManagement.ServiceManager.Cmdlets.dll-help.xml(en)

2015 年 5 月 25 日

840748


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×