Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

はじめに

この記事では、問題について説明します Microsoft System Center 2016 Data の更新プログラム ロールアップ 8 で修正される Protection Manager。 この記事には、インストールも含まれています この更新プログラムの手順。

既存のメモ Data Protection Manager をMicrosoft Azure顧客にアップグレードする必要があります。 最新のエージェント (バージョン 2.0.9169.0 以降)。 最新のエージェントが がインストールされていない場合、オンライン バックアップが失敗する可能性があり、Data Protection Manager から Windows Azure 操作は機能します。


修正される問題

この更新プログラムでは、次の内容が修正されます。 問題:

  • Data Protection Manager サービス 失敗中にエラー "ディレクトリが空ではありません" でクラッシュする ガベージ コレクション プロセス中にレプリカ パスを削除します。

  • SQLの復元操作 "レプリカの復旧ポイントの統合" というエラーでワークロードが失敗する が失敗しました"。 タイムアウト値を拡張するためのレジストリ キーを導入しました。 参照 詳細については、「詳細情報」 セクションを参照してください。

  • バックアップ操作は、次の場合に失敗します。 証明書ベースの認証が構成され、Null 暗号が構成されている 無効

  • SharePointバックアップは、次の場合に失敗します。 SQL サーバーは異なるドメインです。 詳細については、「 詳細情報」 セクションを参照してください。 その他の詳細を参照してください。

注: 新しくインストールした場合は、 更新プログラム ロールアップ エージェントを使用すると、保護されたサーバーが再起動される可能性があります。


System Center 2016 Data Protection Manager の更新プログラム ロールアップ 8 を取得する方法

Data Protection のパッケージを更新する マネージャーは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。

マイクロソフト 更新

更新プログラムを取得してインストールするには パッケージを Microsoft Update から取得し、次の手順に従います。 Data Protection Manager コンポーネントがインストールされています。

  1. [スタート] をクリックします。 をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルでは、 Windows Updateダブルクリックします。

  3. Windows Update ウィンドウで、 [オンラインで Microsoft Update からの更新プログラムを確認する] をクリックします。

  4. [重要な更新プログラム] をクリックします を使用できます

  5. 更新プログラムロールアップを選択する パッケージを選択し、[OK] をクリックします。

  6. [更新プログラムをインストールする] をクリックします。 更新プログラム パッケージをインストールします。

手動 ダウンロード

次の Web サイトに移動します。 Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードします。

  Data Protection Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。 

方法の詳細については、次のページを参照してください。 Microsoft サポート ファイルをダウンロードし、次の記事番号をクリックして表示します マイクロソフト サポート技術情報の記事:

119591 どう オンライン サービスから Microsoft サポート ファイルを取得するには

ウイルス スキャン 主張

Microsoft は、このファイルをスキャンしてウイルスを検出し、 は、最新のウイルス検出ソフトウェアです。 ファイルが投稿されました。 ファイルは、セキュリティ強化されたサーバーに保存されます。 承認されていない変更を防ぎます。

Data Protection Manager のインストール手順

データ用にこの更新プログラムをインストールするには Protection Manager では、次の手順に従います。

  1. この更新プログラムをインストールする前に、 Data Protection Manager データベースのバックアップを作成します。

  2. このロールアップ パッケージをインストールする 2016 Data Protection Manager System Center実行されているサーバー。 宛先 これを行い、サーバーで Microsoft Update を実行します。

  3. Data Protection Manager で 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。 これを行うには、1 つを使用します 次のメソッドの値を使用します。

注: これは 更新プログラムロールアップ エージェントの更新プログラムでは、保護されたサーバーを再起動して作成する必要があります または保護グループを変更します。

方法 1: Data Protection Manager 管理者から保護エージェントを更新する コンソール

  1. データ保護を開く Manager 管理者コンソール。

  2. [管理] タブをクリックします。 [エージェント] タブをクリックします。

  3. 保護対象の コンピューターの一覧でコンピューターを選択し、[更新] をクリックします。 アクション ウィンドウ。

  4. [はい] をクリックし、次に [はい] をクリックします [エージェントの更新] をクリックします。

方法 2: 保護されたサーバー上の保護エージェントを更新する

  1. 更新プログラムの保護を取得する System Center 2016 Data 上の次のディレクトリのエージェント パッケージ Protection Manager サーバー:

    • インストール パッケージは次のとおりです。 次のように指定します。

      • x86 ベースの場合 更新プログラム: i386\1033\DPMProtectionAgent_KB4511102.msp

      • x64 ベースの更新プログラムの場合: amd64\1033\DPMProtectionAgent_KB4511102_AMD64.msp

  2. 適切なコマンドを実行する DPMProtectionAgent.msp パッケージは、各保護されたサーバー上で、次の エージェントのアーキテクチャ。

  3. データ保護を開く System Center 2016 Data Protection の Manager 管理者コンソール Manager サーバー。

  4. [管理] タブをクリックし、 [エージェント] タブをクリックします。 保護されたサーバーを選択し、更新する その後、エージェントのバージョン番号が 5.0.457.0 であることを確認します。

詳細情報

問題 1

SQL バックアップの復元操作がエラーで失敗する可能性がある タイムアウトが原因で"レプリカの復旧ポイントの統合に失敗しました"。 宛先 この問題を解決するには、必ずこの UR をインストールしてください。 次に、次のレジストリを追加します キーを押してタイムアウト値を増やします。 既定値は 30 分です。 最大 300 分まで増やすことができます。

追加 タイムアウト値を増やすには、DPM サーバーの次のレジストリ キー

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Configuration\DiskStorage

名前: MaxDurationForShadowCopyDuringRecovery

型: REG_DWORD

値: 30

問題 2

もし SharePoint ファームのSQL Database サーバーが異なるドメイン内にある ファームSharePoint、SharePoint ファームの保護が失敗する可能性があります。 これは、次の場合に発生します。 SQL サーバーの NetBIOS 名がSharePointインストール中に使用されました FQDN の代わりに使用します。 この問題を解決するには、再インストールします。 SQL Serverの FQDN を指定するか、次を使用してファームをSharePointする レジストリ キー。 最初に、この更新プログラム ロールアップ パッケージを DPM サーバーにインストールする必要があります。

追加 すべての web フロント エンド サーバー SharePoint次のレジストリ キー。

Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Agent\Sharepoint

名前: AlternateDomainForDatabaseServer

型: 文字列

値: SQL Server>のドメイン名を<します

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×