はじめに

この記事では、Microsoft System Center 2016 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 2 で修正される問題について説明します。 また、この更新プログラムのインストール手順も含まれています。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

Operations Manager で修正される問題


  • Unix プロセス監視テンプレート ウィザード (新しいテンプレートを追加) を使用してUNIX サーバー上のプロセスを監視する場合、次のエラーが発生したため、監視対象のデータはデータベースに挿入されません。

    ログ名: Operations Manager
    ソース: ヘルス サービス モジュール
    の日付:
    イベント ID: 10801
    タスク カテゴリ: なし
    レベル: エラー
    キーワード: クラシック
    ユーザー: N/A
    コンピューター:
    説明: 探索データをデータベースに挿入できませんでした。 これは、次のいずれかの理由
    で発生した可能性があります。 - 検出データが古い。 探索データは、最近削除された MP によって生成されます。
    - データベース接続の問題、またはデータベースの空き領域不足。
    - 受信した検出データが無効です。

    この問題の原因となる基になる例外を次に示します。

  • 例外の種類: Microsoft.EnterpriseManagement.Common.DataItemDoesNotExistException Message: ManagedTypeId = ccf81b2f-4b92-bbaf-f53e-d42cd9 591c1c InnerException: StackTrace (生成): SP IP 関数 0000000000EE4EF10 00007FF8789773D5 Microsoft_EnterpriseManagement_DataAccessLayer!Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.TypeSpaceData.IsDerivedFrom(System.Guid, System.Guid)+0x385


  • 管理サーバーがすべての管理サーバー リソース プールから削除されると、監視ホスト プロセスは TypeSpaceCache を更新しません。

  • 検索を実行した後にアラートが [アラート] ビューから閉じられると、検索がクリアされても閉じたアラートがビューに表示されます。

  • Ctrl + C キーを押して Operations Manager アラート ビューでアラートをコピーし、Ctrl + V キーを押してメモ帳に貼り付けると、作成時刻はローカル時刻ではなく UTC 時刻になります。

  • グループは、分散アプリケーションに追加された後、グループ ビューから消えます。

  • オペレーティング マネージャーから Skype への IM 通知は、誤った例外が原因で SipNotificationTransport.Send メソッドで NullReferenceException が発生した場合に失敗します。

  • 依存関係モニターのメンテナンス モード オプションが [無視] に設定され、グループ (この依存関係モニターの対象となるサーバーで構成) がメンテナンス モードになっている場合、モニターの状態は 重大 に変わり、メンテナンス モードは無視されません。

  • 構成とオーバーライドの計算が正しくないというまれなシナリオのため、一部のマネージド エンティティは監視されていない状態になる可能性があります。 この動作には、Operations Manager ログに書き込まれる 1215 イベントが伴います。

  • "コンピューターに到達できません" Operations Manager Monitor の回復タスクでは、管理グループと同じドメインの一部ではない SCOM エージェントでログオンに失敗しました。

  • ManagementGroupCollectionAlertsCountRule ワークフローが失敗し、"Power Shell スクリプトの実行に失敗しました" アラートが生成されます。

  • Operations Manager で何千ものグループが作成されると、Get-SCOMGroup コマンドレットが失敗します。

  • Windowsを実行しているコンピューターの組織単位のプロパティは検出または設定されません。 この検出は、System Center内部ライブラリ MP の一部です。 この更新プログラムの後、Windowsを実行しているすべてのコンピューターの組織単位のプロパティが検出されます。

  • Operations Manager Health Service エージェントが起動し、エージェントが AD 統合用に構成されている場合、エージェントが Active Directory にまったく接続できない場合、すぐに休止状態になり、Active Directory からのポリシーの接続と取得を停止します。

UNIXおよび Linux 管理パックで修正される問題


  • SHA1 は非推奨になり、UNIX/Linux OMI 証明書への署名に使用される管理サーバーで SHA256 証明書がサポートされるようになりました。

  • OMI は、FIPS コンプライアンス用に構成された Linux サーバーでは機能しません。

  • 平均: 物理ディスクの秒/転送 Hewlett Packard コンピューターのパフォーマンス カウンターは表示されません。

  • OMI では、Solaris 10 コンピューターに正しくないメモリ情報が表示されます。

  • Operations Manager コンソールの SLES 12 x64 プラットフォームでは、ネットワーク アダプターのパフォーマンスは表示されません。

  • 128 ディスクを超える HPUX 11.31 IA-64 コンピューター上のファイル システムを検出できません。 以前は、128 個の VM のみがサポートしていました。 これで、サポートは 256 個の VM に拡張されました。

  • JBoss アプリケーション サーバーの検出によって JBoss サーバーのディスク パスが正しく設定されないため、一部の JBoss アプリケーションで詳細監視を正常に開始できません。 既定以外の構成が使用された場合、JBoss スタンドアロン モードで詳細監視が開始されませんでした。

System Center 2016 Operations Manager の更新プログラム ロールアップ 2 を取得する方法

Operations Manager の更新プログラム パッケージは、Microsoft Update または手動ダウンロードから入手できます。


Microsoft Update


Microsoft Update から更新プログラム パッケージを取得してインストールするには、Operations Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターで次の手順に従います。


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

  2. コントロール パネルで、Windows Updateをダブルクリックします。

  3. [Windows Update] ウィンドウで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラムロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリック します

  6. [ 更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。


コンピューターでWindows Server 2016以降を実行している場合は、次の手順に従います。


  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をクリックします。

  2. 設定で、[セキュリティの更新&] をクリックします。

  3. [Windows Update] タブで、[Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインで確認する] をクリックします。

  4. [ 重要な更新プログラムが利用可能] をクリックします。

  5. 更新プログラムロールアップ パッケージを選択し、[OK] をクリック します

  6. [ 更新プログラムのインストール] をクリックして、更新プログラム パッケージをインストールします。


更新プログラム パッケージの手動ダウンロード

次の Web サイトに移動して、Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードします。

[ダウンロード] アイコン Operations Manager 更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

インストール手順

インストール に関する注意事項

  • この更新プログラムロールアップ パッケージは、次の言語で Microsoft Update から入手できます。

    • 簡体字中国語 (CHS)

    • 日本語 (JPN)

    • フランス語 (FRA)

    • ドイツ語 (DEU)

    • ロシア語 (RUS)

    • イタリア語 (ITA)

    • スペイン語 (ESN)

    • ポルトガル語 (ブラジル) (PTB)

    • 繁体字中国語 (CHT)

    • 韓国語 (KOR)

    • チェコ語 (CSY)

    • オランダ語 (NLD)

    • ポーランド語 (POL)

    • ポルトガル語 (ポルトガル) (PTG)

    • スウェーデン語 (SWE)

    • トルコ語 (TUR)

    • ハンガリー語 (HUN)

    • 英語 (ENU)

  • 一部のコンポーネントは多言語であり、これらのコンポーネントの更新プログラムはローカライズされません。

  • この更新プログラムのロールアップは、管理者として実行する必要があります。

  • 本体の更新プログラムを適用した後でコンピューターを再起動しない場合は、コンソール ロールの更新プログラムを適用する前に本体を閉じます。

  • Microsoft Silverlight の新しいインスタンスを開始するには、Silverlight でブラウザー キャッシュをクリアし、Silverlight を再起動します。

  • System Center 2016 Operations Manager サーバーをインストールした後、数時間でこの更新プログラム ロールアップ パッケージをインストールします。

  • ユーザー アカウント制御が有効になっている場合は、管理者特権のコマンド プロンプトから .msp 更新ファイルを実行します。

  • これらのデータベースに更新プログラムを適用するには、運用データベースとデータ ウェアハウスのデータベース インスタンスに対するシステム管理者権限が必要です。

サポートされているインストール順序

この更新プログラム ロールアップ パッケージは、指定された順序で次の手順に従ってインストールすることをお勧めします。

  1. 次のサーバー インフラストラクチャに更新プログラムロールアップ パッケージをインストールします。

    • 管理サーバーまたはサーバー

    • Web コンソール サーバーの役割コンピューター

    • ゲートウェイ

    • オペレーション コンソールの役割コンピューター

  2. SQL スクリプトを適用します。

  3. 管理パックを手動でインポートします。

  4. エージェントの更新プログラムを適用します。

  5. Nano Agent 更新プログラムを手動でインストールされたエージェントに適用するか、オペレーション コンソールの [保留中] ビューからインストールをプッシュします。

  6. Unix/Linux の MP とエージェントを更新する

Operations Manager の更新プログラム

更新プログラムロールアップ パッケージをダウンロードし、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれるファイルを抽出するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft Update が各コンピューターに提供する更新プログラム パッケージをダウンロードします。 Microsoft Update では、各コンピューターにインストールされているコンポーネントに応じて、適切な更新プログラムが提供されます。 または 、Microsoft ダウンロード カタログからダウンロードします

  2. 各コンピューターに適切な MSP ファイルを適用します。

    メモ MSP ファイルは、更新プログラムロールアップ パッケージに含まれています。 特定のコンピューターに関連するすべての MSP ファイルを適用します。 たとえば、Web コンソールとコンソールの役割が管理サーバーにインストールされている場合は、管理サーバーに MSP ファイルを適用します。 サーバーが保持する特定のロールごとに、サーバーに 1 つの MSP ファイルを適用します。

  3. OperationsManagerDB データベースに対してデータベース サーバーで次のデータベース SQL スクリプトを実行します:

    Update_rollup_mom_db.sql

    : このスクリプトは、次のパスにあります:

    %SystemDrive%\Program Files\System Center 2016\Operations Manager\Server\SQL Script for Update Rollups

  4. 次の管理パックをインポートします。

    • Microsoft.SystemCenter.Internal.mp

    • Microsoft.SystemCenter.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。Internal.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Image.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.Visualization.Library.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー.mpb

    • マイクロソフト。Windows.InternetInformationServices.CommonLibrary.mp

    • Microsoft.SystemCenter.AlertAttachment.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.IntelliTraceProfiling.mpb

    • Microsoft.SystemCenter.SyntheticTransactions.Library.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.AM.DR.2007.mp

    • Microsoft.SystemCenter.OperationsManager.SummaryDashboard.mp

    • Microsoft.SystemCenter.アドバイザー。リソース。(LANGUAGECODE_3LTR).mpb

ディスクから管理パックをインポートする方法については、Microsoft TechNet Web サイトの Operations Manager 管理パックをインポートする方法 に関するトピックを参照してください。

管理パックは、次の場所にあるサーバー コンポーネントの更新プログラムに含まれています。

%SystemDrive%\Program Files\System Center 2016\Operations Manager\Server\Management Pack for Update Rollups

Nano Agent の更新

Nano Agent の更新プログラムを手動でインストールするには、ここからKB3209591-8.0.10913.0-NanoAgent.cab ファイルをダウンロード します。 この更新プログラムは、次の PowerShell スクリプトを使用して Nano Agent システムにインストールできます。

.\UpdateNanoServerScomAgentOnline.ps1
 -NanoServerFQDN <FQDN of target Nano Server>
 -BinaryFolder <Path where the update .cab is already expanded OR path to one or more Nano-agent update .cab files>
 -IsCabExpanded <$true if BinaryFolder path is to an expanded .cab, $false if it is for a packed .cab file(s)>
 -RemoveBackup <$true to remove the previous binaries from the agent machine>

UNIXおよび Linux 管理パックの更新

UNIXおよび Linux オペレーティング システム用に更新された監視パックとエージェントをインストールするには、次の手順に従います。


  1. System Center 2016 Operations Manager 環境に更新プログラム ロールアップ 2 を適用します。

  2. System Center 2016 用に更新された管理パックを、次の Microsoft Web サイトからダウンロードします:

    UNIX および Linux オペレーティング システム向けの管理パックSystem Center

  3. 管理パックの更新パッケージをインストールして、管理パック ファイルを抽出します。

  4. 環境内で監視している Linux またはUNIXのバージョンごとに、更新された管理パックをインポートします。

  5. Update-SCXAgent Windows PowerShell コマンドレットまたはオペレーション コンソールの [管理] ウィンドウの [UNIX/Linux エージェント アップグレード ウィザード] を使用して、各エージェントを最新バージョンにアップグレードします。


アンインストール情報

更新プログラムをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /uninstall PatchCodeGuid /package RTMProductCodeGuid

PatchCodeGuid プレースホルダーは、次のいずれかの GUID を表します。

PatchCodeGUID

コンポーネント

アーキテクチャ

言語

{1BA71ACD-579A-4FEB-B24B-7C81115AADC2}

エージェント

amd64

Ja

{B91634A0-9E9E-4E24-A316-31F89B727E93}

コンソール

amd64

Ja

{50AAB112-8500-4AE0-92C4-6197BB2EB20B}

WebConsole

amd64

Ja

{3F4B1738-BC4F-4622-96F9-A0DFB4C504B1}

ゲートウェイ

amd64

Ja

{2B4759B3-BB29-42BF-9D8E-1750F6C15B21}

サーバー

amd64

Ja

{7B6D330E-40B4-4B61-9563-D46A3228F608}

エージェント

x86

Ja

{58CBF2E3-03AD-408F-97FF-4E5E9079CDB7}

コンソール

x86

Ja

{790DDD8C-4756-48B0-83A3-BB125737E3F7}

エージェント

amd64

Ja

{92A3AF29-689D-4A29-A6BD-F2C7C6B85C85}

コンソール

amd64

Ja

{A69EA522-8A0B-449C-A2C0-F7B170678717}

WebConsole

amd64

Ja

{C4D73966-6A7D-46ED-8F88-BAF8485171A0}

ゲートウェイ

amd64

Ja

{D5283C87-8745-4CEB-8905-E90B407F8B8B}

サーバー

amd64

Ja

{EF3A278D-4EC1-4BF7-8765-0CE08653786B}

エージェント

x86

Ja

{1838CB0B-B299-48DC-9F7C-7775A516D557}

コンソール

x86

Ja

{EF246BEC-4F77-4C6B-BA34-1BADFEEA445F}

コンソール

amd64

Cn

{F3D8165D-1ACB-4FFB-84AE-1143F07D10B2}

WebConsole

amd64

Cn

{E0C96B65-F923-4635-97C1-32C6AE7876A0}

コンソール

x86

Cn

{866C2CCC-006D-4949-B968-AD25A377F5C5}

コンソール

amd64

Cs

{07254441-A2AE-4A4B-B7ED-950F61DE7468}

WebConsole

amd64

Cs

{8972C837-97A5-419E-95B4-D26DF7F61CA1}

コンソール

x86

Cs

{DABA0123-2C2A-4231-BFE1-72FD24A38975}

コンソール

amd64

{2C187572-3BD1-4BF6-9D76-FFFDC14698C6}

WebConsole

amd64

{9CCE3E99-26E7-44E8-A7ED-F9AE8909CB00}

コンソール

x86

{1C1CB672-AF2E-4116-B97F-F9FD50921562}

コンソール

amd64

Es

{AB859423-57C8-48D8-8578-44E50BEF0639}

WebConsole

amd64

Es

{FF180958-E770-464B-A46F-2044798B9067}

コンソール

x86

Es

{F237B098-E327-4938-B504-41E45C2BE826}

コンソール

amd64

神父

{3AD9DEED-01C5-433A-880A-DAC12A5BEDC0}

WebConsole

amd64

神父

{5304FAC4-8FB5-4D46-9F5D-0E1FE701176D}

コンソール

x86

神父

{321A5634-8D74-449A-B4D6-817BA79F9F5C}

コンソール

amd64

{6C63CF42-063C-4187-8956-D02D5D553859}

WebConsole

amd64

{764CD0C9-0694-464B-9FF8-AC3FC3C29150}

コンソール

x86

{C3AE8370-35CC-45E0-BB66-F0B334DA9AEE}

コンソール

amd64

それ

{E9A81651-D0FE-445E-BBE2-2295F1000463}

WebConsole

amd64

それ

{951F7CE0-15DE-421F-8BDB-88C4F04297F2}

コンソール

x86

それ

{EC7E80B0-7A43-4F0B-A498-694B7849FB4E}

コンソール

amd64

ja

{2DD2E44E-14D1-4DCC-B493-513ED96F36B8}

WebConsole

amd64

ja

{9EB53C3A-443E-4520-BECB-E3023423646F}

コンソール

x86

ja

{77C9B340-4B68-48D8-AD4F-74E6659F260A}

コンソール

amd64

{6E26EED6-A0A3-4DB5-871C-93E3B1D1AF0F}

WebConsole

amd64

{6D37C8D4-5628-4A2A-9CBB-08C8C470A6BE}

コンソール

x86

{11AFB9FE-9CC3-4F44-ACB5-202CC4AC0C9F}

コンソール

amd64

Nl

{23C53F67-0957-4645-AF43-42B8ED1F78F8}

WebConsole

amd64

Nl

{471CA227-F07F-484B-A523-D62DE3B2FF96}

コンソール

x86

Nl

{048FDEC2-17F7-4C8C-B3D7-8A796CD9845D}

コンソール

amd64

Pl

{1D8A7A10-07C1-40AF-887D-F38AAEAD9D0C}

WebConsole

amd64

Pl

{9257F8DD-BA7A-4BB0-865B-E309965F3934}

コンソール

x86

Pl

{96C1F31D-8524-4E04-98DE-D9DAEEC19EFF}

コンソール

amd64

pt-br

{7D493A13-5567-4ED7-BD91-3F53EAC2C6C5}

WebConsole

amd64

pt-br

{98F6CF13-572B-4581-ADE7-38DA92E00775}

コンソール

x86

pt-br

{01535E99-D1C8-4DBC-9A6D-B1FA254D2FFC}

コンソール

amd64

pt-pt

{C9542FE4-DB89-48C0-A652-E4A2881C7474}

WebConsole

amd64

pt-pt

{851A3FF3-5B33-4392-8982-2144AABFC002}

コンソール

x86

pt-pt

{1E8CFC7E-D074-44D6-A3D9-34ABE9B656B9}

コンソール

amd64

Ru

{83BDB2FF-CBE-4BCA-8ACA-3FFC711F1519}

WebConsole

amd64

Ru

{217938C4-BA42-4B3A-8C22-1A969E174994}

コンソール

x86

Ru

{0F668D3E-7709-4A18-8453-A9C6A129BD82}

コンソール

amd64

Sv

{B1E63363-BAF6-4E8C-9AED-CB7F57C08A38}

WebConsole

amd64

Sv

{0FD347F4-8BAC-4AA3-A634-23B055CE709C}

コンソール

x86

Sv

{E060737F-D3FF-48D3-9085-9290B1DF5578}

コンソール

amd64

Tr

{51FBD073-EE91-4D07-B257-138F2F98EE8A}

WebConsole

amd64

Tr

{A6E3C055-E8B6-47BE-AA4F-43793F5A06C5}

コンソール

x86

Tr

{5B0FB681-1157-43D6-AE8C-E8E808047CD0}

コンソール

amd64

Tw

{89CCFDF2-0953-4AD9-8C20-5889FCA48199}

WebConsole

amd64

Tw

{7E788563-48EA-4128-86E1-557E2F0EED52}

コンソール

x86

Tw

さらに、 RTMProductCodeGuid プレースホルダーは、次のいずれかの GUID を表します。

コンポーネント

RTMProductCodeGuid

Agent Amd64

{742D699D-56EB-49CC-A04A-317DE01F31CD}

エージェント X86

{430BF0E7-3BA7-49FF-8BD1-F34F6F1057A6}

ACS

{74EF4714-88C0-44D9-B8C7-19BABBFA4D6A}

サーバー

{1199B530-E226-46DC-B7F4-7891D5AFCF22}

Console Amd64

{E072D8FC-CD31-4ABE-BD65-606965965426}

コンソール X86

{AF337207-0486-4713-AE0F-5CE4110B2D24}

WebConsole

{676EB643-C22A-4EEC-A8CF-13A0719056A5}

レポート

{8BA0D6E8-6A38-4330-AA6F-CF047DD4DC95}

ゲートウェイ

{B47D423B-580B-4D57-9AFD-D0325F839FE9}

この更新プログラムロールアップで更新されたファイル

Operations Manager の更新プログラムで更新されるファイル

この更新プログラムロールアップで変更されたファイルの一覧を次に示します。 以前の更新プログラムのロールアップがすべてインストールされていない場合は、ここに記載されているファイル以外のファイルも更新される可能性があります。 更新されるファイルの完全な一覧については、現在の更新プログラムロールアップの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップの「この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。

Dll

バージョン

変更日

ファイル サイズ
(KB)

HealthService.dll

8.0.10949.0

1/22/2017

3102

scxcertmodules.dll

7.6.1072.0

12/6/2016

181

scxcertlib.dll

7.6.1072.0

12/6/2016

73

scxcertmodules.dll

7.6.1072.0

12/6/2016

181

Microsoft.MOM.UI.Common.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

352

csengine.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

282

Microsoft.EnterpriseManagement.Core.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

4074

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessLayer.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

2498

Microsoft.EnterpriseManagement.DataAccessService.Core.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

693

Microsoft.EnterpriseManagement.HealthService.Modules.Notification.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

199

Microsoft.EnterpriseManagement.Monitoring.Console.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

404

Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Core.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

495

Microsoft.EnterpriseManagement.Presentation.Core.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

38

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

4525

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Administration.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

2540

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

7076

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Authoring.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

3601

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.ConsoleFramework.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

2624

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.ConsoleFramework.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

252

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Reporting.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

1228

Microsoft.EnterpriseManagement.UI.Reporting.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

665

Microsoft.Mom.DatabaseWriteModules.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

89

Microsoft.MOM.UI.Common.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

2277

Microsoft.Mom.Ui.Common.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

352

Microsoft.Mom.Ui.Components.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

5649

Microsoft.Mom.Ui.Components.resources.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

2059

Microsoft.Mom.UI.KnowledgeWordTemplate.dll

7.2.11822.0

2/3/2017

65


UNIXおよび Linux 管理パックの更新で更新されるファイル

この更新プログラムロールアップで変更されたファイルの一覧を次に示します。 以前の更新プログラムのロールアップがすべてインストールされていない場合は、ここに記載されているファイル以外のファイルも更新される可能性があります。 更新されるファイルの完全な一覧については、現在の更新プログラムロールアップの後にリリースされたすべての更新プログラムロールアップの「この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル」セクションを参照してください。


更新されるファイル

ファイル サイズ

バージョン

Microsoft.AIX.6.1.mpb

23385 KB

7.6.1072.0

Microsoft.AIX.7.mpb

22469 KB

7.6.1072.0

Microsoft.AIX.Library.mp

32 KB

7.6.1072.0

Microsoft.HPUX.11iv3.mpb

16333KB

7.6.1072.0

Microsoft.HPUX.Library.mp

32 KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.Library.mp

32 KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.RedHat.Library.mp

16 KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.RHEL.5.mpb

62942KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.RHEL.6.mpb

62962KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.RHEL.7.mpb

36418KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.SLES.10.mpb

62940 KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.SLES.11.mpb

62940KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.SLES.12.mpb

31358KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.SUSE.Library.mp

16 KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.Universal.Library.mp

16 KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.UniversalD.1.mpb

62919KB

7.6.1072.0

Microsoft.Linux.UniversalR.1.mpb

62919KB

7.6.1072.0

Microsoft.Solaris.10.mpb

92488KB

7.6.1072.0

Microsoft.Solaris.11.mpb

93393KB

7.6.1072.0

Microsoft.Solaris.Library.mp

23 KB

7.6.1072.0

Microsoft.Unix.Library.mp

88 KB

7.6.1072.0

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×